2019-6-23g歩きスマホについて何度か書いたことがありますが、なぜ歩きながらスマホを見てしまうのか。
ラインやメールのチェックならちょっと立ち止まれば済むこと。
なぜそれができないんだろうと、ボクは単純にそう思っていたのですが、それが勘違いだったことに気が付きました。
今日、久しぶりに電車に乗っていて気が付いたんです。
乗車してから降りるまで、ほとんどの人がスマホとにらめっこしている。
スマホから目を離すことができないという病なんだね。
まあ電車の中なら他人に迷惑が掛からないけど。
歩いていてもスマホを見てしまうという、自分でも気が付かない病なんです。
だからと言って、危険なのだからやめなければいけないよね。
法律や条例を作って取り締まればよいと思うのだけど、なぜかそれができない。
そこで面白い解決策を考えてみました。
スマホを見ながら歩いている人の写真を投稿できるサイトを作ればよろしい。
かつて、電車の運転手がスマホを見ている写真がテレビで報道されていました。
一般人だって危険なことをしているのは同じことです。
そんなサイトが認可されることはないけど。


ところで、金融審議会の報告書を受け取らないとした麻生大臣。
2019-6-23x野党から辞任を求める問責決議案が出されたが反対多数で否決されました。
野党は麻生大臣の何を問題としているのか。
そこが伝わってきません。
立憲民主党の枝野代表は「報告書によって国民に不安を与えた」としているけど、真の問題はそこではないでしょう。
麻生さんは審議会に諮問したのだから、審議会が出した答申(報告書)を受け取らないということはあり得ないのです。自分の意に沿わないから受け取らないというのは民主主義を否定するものです。
そこを麻生さんに質問する議員は誰もいない。
こんなことが続いていたら、日本も中国のようになってしまうよ。
数々の問題発言にもかかわらず居座る麻生さん。そろそろ潮時でしょう。