Post-116ネイチャースクールのツアーで行って参りました。
ガイドは「みのさん」。最高のガイドです。
ツアー全体の様子は後日、詳細にアップしますね。
今日は、カラパナ編です。


ヒロから11号線を南下して、130号線に入ります。
Pahoaの町を過ぎてさらに南下すると、
溶岩地帯が現れます。
なんと、溶岩の上に家を建てて住んでいる人がいらっしゃいます。
ガス、水道、電気も通ってないのに、溶岩に流された家を建て直して住んでいるのだそうです。
離れられない気持ちはわかるけど、不便でしょうね。
道は細くなって、所々ダートですが、今日は後部座席で景色を堪能させていただきました。
急に道が広くなったところが駐車場です。
ここから、水蒸気がこんなに高く登っているのが見えます。
はやる心を抑えて、溶岩台地でお弁当。
マサシさんといろいろ話しながら頂きました。
マサシさんはここに土地を買ったそうですが、溶岩に飲まれちゃったんだって(恐)
それなのに固定資産税をかけられたって怒ってました。
さて、薄暗くなった道を先に進むと、終点にはおみやげ屋さんが。
右手の山側を見ると溶岩が流れているのが見えます。
写真じゃちょっと見にくいけど、赤いのが見えますよね。
ここをまっすぐ進むと溶岩に突き当たるんだけど、現在は進入禁止になっています。
で、ここからは海に向かって溶岩の上を歩きます。
15分ほど歩くとオーシャンエントリーが見えてきました。
真っ赤な溶岩が海に流れ落ちて水蒸気爆発を起こしています。
暗くなるとさらに迫力が増してきます。
みのさんが、三脚にセットしてくれた望遠鏡を覗くと山側を流れる溶岩もクッキリ。
時の経つのを忘れて見とれておりました。
自然の力ってすごいですね。

現在はもっとすごいことになっているようです。 :emojion:これから行かれる方、楽しみですね。