ちいちゃな土地を借りてやってる、我が家の家庭菜園。

収穫までが早い(=待つのが苦手なヒデキにピッタリ)ので、枝豆を大量に植えてみました。




なんでか分からないのですが、今回は紫色の花と白い花2種類が。



順調に実になってだんだん膨らんできたと思ったら……



ちょびっとずつ、葉っぱが虫に食べられ。



枝豆のさやは食べられなかったのですが、光合成ができないのか枯れてしまったのか
これ以上豆が大きくなる事が無く。

農園友達のおじさんによると「バッタに食べられてるんじゃないかな?」ってコトです。

捨ててしまうのももったいないのでこの状態のママ、泣く泣く収穫。



とりあえず茹でて豆を取り出してみたのですが、これが平均サイズ…….ちっちゃ!!!

以前にも、ブロッコリーをがアブラムシにやられたり、赤くなったイチゴが何者かにかじられたり。

無農薬って難しいですね。


自分でこういう体験をするまでは、盲目的に「無農薬&オーガニック=あたりまえに行われるべきでイイコト」っていうイメージがあったのですが、なんだか考え方が変わってきたような気がします。

化学肥料を使って作物を大きく見栄えよくしたり、害虫が寄り付かないように薬をまいたり…..むかしむか~しにそういう物を開発し、使いだした農家の人たちにはそれなりの理由があったんだな~と、思ってみたり。

私がもちょっと手間と時間をかけて土を作ったり、ネットを張ってとかすればいいんでしょうけどね。

家庭菜園1年生のヒデキですが、楽しいけどキビシ~。