モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2011年7月

コーヒー豆の木(一応…..)生長中


Post-586日なたチーム
けっこう枯れてしまいました。



日陰チーム
横に植えた芽キャベツが陰を作ってくれてるのですが、まあまあいいカンジ。



室内チーム
も~葉が全然違う。
これぞコーヒーってカンジのツヤツヤ濃い緑の色です。
そういえば、そもそもこのコーヒー豆(種)を拾ってきたのは日陰&雨の多いタンタラス。

ってことは、コーヒーって日光が苦手なんですかね。
自分の勉強不足が、お恥ずかしい…..



明らかに室内チームの方が調子がいいので、引っ越してみました。
お隣に並べると、分かります?



豆を植えたのが、去年の10月、で、今が20cmくらい。

この豆の木から収穫できるのは、いったい何年先になるのやら…..

ホノルル市主催、秋のクラス発表されています。


Post-585Department of Parks and Recreationが主催する、秋のプログラムが発表されています。



オンラインでの参加登録は8月1日から。
地域の事務所での登録は24日から。
実際にプログラムがスタートするのは9月の6日からです。


わが家が参加したことがあるのは「Tiny tots」2~3歳から5歳までのクラス。

週に1回午前中の2時間ほど、地域のコミュニティーセンターにて。
それぞれの地域によって、プログラムが違うようですが、私たちが行っていたところでは、同じ年の子供達と一緒におもちゃで遊んだり、ストーリータイム、工作、簡単なクッキング。
それに加えて、イースターのエッグハントやハローウィーン、サンクスギビング、クルスマスなどのお勉強&遊び。



春夏秋冬と、年4回クラスが発表されます。

もうすぐ3歳になる我が子は、秋からはスイミングのクラスにも参加できるようになるので楽しみ。
5歳~からは親子で参加できるクラスや、空手やダンスなどのスポーツ系もたくさん。
それ以外にもティーン向けのクラス、18歳以上対象のクラス、シニア向けのクラス。
年齢を問わないクラスもたくさんあります。

ホノルル市のホームページはこちら

Fall Program Information(PDF)です

クラスの登録方法はこちら

ここから「View activitites」をクリックすると、クラスのスケジュールを見ることができます。

スケジュールの画面から、Location(=地域) Category (=クラス内容)Sort by (年齢など)で自分にあったクラスを選ぶことができます。

残念ながら、ヒデキの住むワイキキ内ではプログラムが無いのですがマキキ、マノア、カイムキ、パキ、パロロ、その他、空きさえあればどこのプログラムにでも参加可能。


(画像はお借りしました)

たとえば、Manoa Valley District Park(マノア地域)ならこんな感じ。

マノアでヒデキが気になるのは…..
Tiny tots(ここは週2回ですね)
Capoeira(ぜひ大人向けのクラスを!)
Ceramics(陶芸かな?)
Rubber stamping(ゴム印?)

あ、マノアはプールもあるのでスイミングのプログラムも充実してますね。
いいな~。

9月からちょっとわが家はバタバタしそうなのですが、できればいっぱい参加したい!

なににしよっかな~、楽しみ。

3ドルちょっとで、クアロア牧場の週末(後編)



ブースが変わって、こちらはオークション用の動物達。
前日の土曜に買い手は決まってしまったそうです。
オークション、みたかった~!!!


やっぱり寝てる、豚さんぶーぶー。


ヒヨコさん、ピヨピヨ。


Fantail=おもしろシッポ、なハトさん。


イチバン人なつこくてカワイかった、子やぎさん、メーメー。


荷馬車に揺られなくても売られていく、子牛さん、モー。


そぞれに、年齢や体重、誰が競り落としたのか表示されてました。

さてさて、ここからあとは4Hはあんまり関係なさそうな、お楽しみ系イベント。


うちの子初体験のグルグルする乗り物(すいません、名前分からず)
1ドルくらい。


大小さまざま、バウンスハウス。
たしか2ドル。


小学生のボランティアがお手伝いしてくれた、クラフトコーナー。
無料です。


2歳児&が2年生(推定)の子供の協力を得て、こんな物が出来上がってました。


ビーズ遊び、は、始めて分ほどで放棄されたので、ヒデキ作。


プレートランチやおやつ系のワゴンもたくさん出ていました。
(我が家は飲み物&弁当持参したので、何も買わず….)


突然歓声があがったと思うと、みんなが空を見上げています。


緑の山肌に、メッチャ原色のハトたちがはばたいてました。
いろんなイミですごい!


なんちゃってミニ農園を借りているヒデキがドキドキしてしまう、植物販売ブース。


オクラ、買いたかった~。


乗馬は5歳からということで、と~っても残念がるうちの子をなだめ。

「本日のクアロアランチのイベント終了!」でした。

あ~つかれた。

3ドルちょっとで、クアロア牧場の週末(前編)



行儀の良いこの馬さん達は、列に並んで順番にお水を飲んでました。


クアロア牧場の、Petting Zoo(ふれあい動物園)
実際はあんまりふれあえない気がするのは、私だけでしょうか…..


え~っと、ロバ


ゲージからはみ出した毛を、2歳児にモフモフされても動じないウサギ。
(あ、ふれあえた!)


子牛さん。


子やぎ、と、ナゼかその頭上にコケコッコーが2羽。


子育てで疲れた母豚は、お昼寝中。

ここまでは、いつ行っても無料です。


本家の牧場には行かず、この日は特別イベントの「4H Live stock」へ。
入場料は大人3ドル、2歳児は無料でした。


4Hとは、農業や酪農、それに関する科学や健康などを通して子供達に学んでもらおうという団体だそうです。
(すいません、おもいっきりヒデキ的意訳です。詳しくは↓リンクへ


重機マニアのうちの子大興奮の、JHON DEER。
ディスプレイのみで、残念。


こちらはアグリカルチャー(農業&酪農)クイズ。
クイズに答えると景品がもらえるルーレットをまわせます。
ちなみにうちの子は
「これはなんでしょう?(パイナップルの写真)」→
「パイナップル~!」→正解
「ルーレット一回まわせる」でモロカイコーヒーをもらってました。


こちらは外来種の、虫ヘビなどの展示。
最近ローカルのニュースでも、話題になってましたね。


コンポストのブースでもらった、ミミズタトゥー。
イヤ、もう、キモチ悪い。
いったい誰のアイデアなのか、教えていただきたい。


こちらは地元の酪農家さん。


「次はあたしの番かしら、ドキドキ」と隣の牛がつぶやいてます。
乳搾りのデモンストレーション。


このブースではサンプルのバターを配ってくれたのですが、これが絶品!
ガーリックとマカダミアナッツの2種類。


ほんの数分で、4~5リットルくらい絞れてました。
残念ながら、試飲は無し。

というわけで、相変わらずダラダラと長いので後編へ続いたりして…..


Sam’s clubで3枚12ドルちょっとの冷凍チーズピザ


Post-582今日は、マッシュルームと赤ピーマン。

我が子も、これくらいならお手伝いできるようになりました。

(放っとくと、チーズハゲができるほど、つまみぐいしますが…..)



私はコレに、インスタントのおみそしる。



というわけで、我が家の週末手抜きディナー、でした。

ちょっと危険なピーナツバター


うちの子もうすぐ3歳。

もう、好き嫌い無く何でもかんでも食べてくれて、嬉しいかぎりです。

それに伴って、かかりつけのお医者さんから注意を受けました。

幼児や子供のChoking hazards(=のどに詰まって窒息)の可能性、事故例の多い食品。



ポップコーン



これはポップコーンのパッケージにも明記されています。



グレープ。
日本よりも粒が大きいのに皮を剥かないで食べるので、ツルンと入っていきやすいみたいですね。


我が家ではあまり食べないので写真は無いのですが、ホットドックも事故例が多いとのこと。

よく噛み切れない固まりが、のどに引っかかるので小さく切ってあげて下さいとのことでした。



それからそれから、ピーナツバター。



大人の私でも塗る時に薄く伸ばさないと、のどにネチャ~ググ~っと引っかかる感覚があります。

あ、あとマシュマロなんかも注意を受けました。

上にあげたのは、ちょっとアメリカならではと言った感じですかね。
日本に住んでたころはあまり気にしなかった食品達かも知れません。
(日本やったら、コンニャクゼリーとかモチとかですかね?)

小さなお子さんを連れてハワイに来られる方。
こういった食品を食べる機会があれば気をつけてあげて下さいね。



そんなピーナツバター。

うちの配偶者は、週末の朝ご飯としてパンに塗ってモグっとやってるみたいです。

私自身はあんまり食べないのですが、子供の公園用のおやつに持っていくことはたま~に。

で、今朝の話。

ひさしぶりにピーナツバターの入れ物を開けてみたら、こんなイタズラされてました。



こっちむいて笑ってる!!!

2011ウィスコンシン旅行/ハーレー乗りのレストラン



ちょっとあったかくても、華氏60度(摂氏15度)くらい。

ヒートテック&Tシャツ&ニット&フリースで、昼間は乗り越えました。

この日は、親戚のおじさんに誘われ、お昼ごはんを食べに。

2年ぶりの、ハーレーダビッドソンミュージアムです。

レストランはミュージアムの真ん前。

(ボケボケ写真ですいません)ズラリと飾られたエンブレム。

外からの光がふんだんにに入ってくる、広くって明るいガラス張りの店内。
3575
メーニューにも同じ写真があるのですが、1948年の(※)Peoria motorcycle clubクラブハウス。
かつて、ハーレー乗り達が集い、飲んで食べて楽しい時間を過ごしたクラブのようにあればという思いで、このレストランがあるというようなことが、書かれていました。

ガソリンタンク、さりがないんだか、わざとらしいんだか。

バーカウンターの中には、デ~ンと初期(1920年)の自転車タイプのハーレー。

座席の合間をぬって、歴代のエンジン達が鎮座しています。

当然のように、黒いレザーの椅子。

背面にもハーレーマーク。

メニューもレザー、ナプキンもちろんレザー….. ではないですがこれもハーレーらしく真~っ黒。

クレヨンとハーレー塗り絵付きのメニュー、子供用カップにもしっかりオレンジのマーク、コースターには白黒のバイク乗り達のプリント。

さてさて、食べ物ネタの少ないヒデキブログですが、こちらも一応ご紹介。

ヒデキが注文した飲み物「BIG TWIN」
クランベリー、ざくろ、ブラックベリーにライムの風味が加えられた、さっぱり甘酸っぱ系。

うちの配偶者チョイスの「Double stuffed motor burger」
バンズも肉も分厚い、バーベキューソース系のバーガーです。

親戚のおじさんの、バーガー(え~っと、なんだか忘れました、すいません)

なぜだかブリキの缶に入ってやってきた、わたくし&うちの子の、フィッシュ&チップス。
これが、意外と薄味(?)で、2人でぱくぱく全食しました。
野菜が無いのはもう、慣れっこです。

お値段も10ドル前後だし、町の中心部に観光に来たら気軽によれる場所ですよね。

もう、どこまでも「み~っちりハーレー」なレストラン。
ミュージアムに3時間費やすことはできないけど、ってお急ぎ旅行の方にもおすすめです。
ハーレーにあんまり興味ないヒデキも、楽しくおいしい時間をすごすことができました。
きっと、お好きな方にはも~っっとたまらないはず!!!

(※)イリノイ州にある、バイクレース場。