モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年9月

コーヒーフラペチーノ


Post-385普段はほとんどおウチでしかコーヒーを飲みません。
去年のお正月にエグゼクティブ・シェフで買った、象印君 :emojion: ががんばってくれています。

20代の頃より量は少なくなったと思うのですが、ちょっとカフェイン中毒気味かも。
良くないとは思うんですが、毎日3杯以上コーヒーを飲んでるんじゃないでしょうか。



そんな私の好みを良~く分かっている友人が、プレゼントしてくれました。
スターバックスのカード。

たまになら、甘~い冷た~いヤツもいいですよね。

9月27日の夕方


Post-384うろこ雲、でした。

ヒデキとウィスコンシン13-Mars’ cheese castle


I-94をシカゴ方面に走ると、必ず目に入るこの看板。



ここはケノーシャ/Kenosha、という地域です。



中に入ると(あたりまえですが)その名の通り、チーズ、チーズ、チーズ。
ハワイではまずお目にかかれないような、たくさんの種類のチーズが揃っています。



ここはチーズ工場ではなくて、あちこちのチーズ工場から仕入れた物を販売している専門店。



チーズ以外の品揃えも豊富で、チップスやワインビール類の販売もしています。



いろんな種類のウィスコンシン地ビールもありました。
ここのバーには、ミルウォーキー/Milwaukee以外ではあまり目にしないSprecherもあるそうです。



バーの隣には出荷待ちチーズの熟成室。
チーズ好きのチーズ将軍(うちの配偶者)にはたまらない光景です。



と言うわけで、今回のお買い物はこちら。
ハラペーニョ入りの、ちょっとスパイシーなチーズカード/Cheese curd



こちらはディル/Dillというハーブが入った、チーズカード。

チーズカードと言うのは、チーズになる一歩手前の段階のものです。
(以前チーズ工場で見せてもらいました :emojion:
2~3日で乾燥して水分が無くなってしまうと、カード独特のキュキュッという食感も失われます。
なので、新鮮な物は普段町中では手に入りにくいので、見つけたら「絶対買い」なのです。



コレも、前に見学させてもらった工場で買ったことあります。
これはチキンスープ味のチーズ、まあウケねらいと言ってもいいような. . .



こっちは10年物のチェダーチーズ、さすがに強い味と香り。
切ろうとしても、ぼろぼろと崩れてしまいます。



ヒデキチョイスの、スモークゴーダチーズ。



知らん間に、ソーセージなんかもお買い物かごに入ってました。

工場で買うよりはちょっと割高かと思うのですが、たまの里帰りサイフのひもはゆるゆるです。

『キャッスル』の文字がちと怪しくて、過去素通りしっぱなしだったのですが、意外とヒットでした。
マーズチーズキャッスル、おすすめですよ~。

ヒデキとウィスコンシン12-ビール工場見学


Post-382ウィスコンシンと言えば、ビールですよね。
今回は、地元でちょっと有名な(うちの配偶者談)スプレッカー/Sprecherビール。



小さな工場の正面玄関には、グリフォン/Griffinの像。



ミラービール工場見学とは正反対で、スプレッカーは完全予約制、しかも有料で$4。
なのになのに、この小さな工場がいっぱいになる程の人が来ていました。

コレは期待大です。



案内のお兄さんによる、ホップやブリスなどの説明。



材料は全て地元ウィスコンシンの物を使い。
さらにビールを作ったあとに残るモノは、地元の農場の牛さんのエサになるそうです。



てな感じに、チョコちょこっと説明をしただけで、見学ツアーはおしまい。
真面目にビールの勉強をしたい人には物足りないかも。
(これも、ミラービール工場と正反対ですね)



でもね~、たぶんこのあとの試飲タイムがお目当ての人が多いはずです。
$4払った分でもらえる4枚の券で、4杯のビールが飲めます。



そんでもって、8種類の炭酸飲料は制限無しの飲み放題。
うちの子はまだまだおっぱいなので、私はこれで。



バーには長蛇の列。



おつまみも、いろいろあります。



そうそう、ビールを飲んだあとのグラスは持って帰れます。
(これを真面目にハワイまで持って帰ってきて、荷物がたいへんでした)



お買い上げしてきたビール達(の一部ですが. . .)
右のスペシャルアンバーというのが、一番人気だそうです。



ノンアルコールの炭酸飲料、ラベルのゆるキャラがいい味出してます。
ここのは「NY Times」のベストルートビアーにもなったことがあります。



そんなこんな、小さな(おっと失礼. . .)町工場のスプレッカー。
出荷数がとっても少なくて、地元と一部の地域でしか飲めません。

でもでもね、いろんなビールの賞を国内外で受賞してるので、州外のお友達への手みやげとかにするととっても喜ばれます。

みなさんも、ウィスコンシンに行く機会があれば、ぜひ寄ってみて下さいね。

ハイウェイから↑このサインが見えたら、Go!ですよ~。

ヒデキとウィスコンシン11-超巨大シリアル


Post-381シリアルもまた、ベーグルと同じくらい朝食出現率高いです。
(しかもまた、ウィスコンシンと関係ないですが. . .)

普段はコーンフレークとかチリオスとかライスクリスピーとか。
でも今回、義理パパママの戸棚でこんな物発見。



チ、チ、チ、チョー巨大シリアルです。
どんくらい大きいのか分かってもらおうと思って、チリオス隣に並べてみました。
(ちなみにチリオスは、卵ボーロくらいの大きさです)



これね、Postというメーカーの「Shredded wheat」というシリアル。
スプーン乗るような、小さいサイズもあるのですが、これは大きいバージョン。
1袋(=1食分?)で3つの塊が入っているのですが、大きすぎて2つしかボールに入りません。



ここにさらさら~っと牛乳をかけて。



で、フォークでざくざくつぶして食べます。
よーくつぶさないと、細くとがったシリアルが口の中に刺さるので、用注意です。

余談ですが、ウィスコンシンのコスコでは、牛乳1ガロン(=3.78リットル)$2以下でした。
安っ!!!

記念クウォーターに描かれている乳牛の絵は :emojion: 、ダテでは無いってことですね~。

ヒデキとウィスコンシン10-ベーグルベーグル


Post-380義理のパパママがニューヨーク出身だからなのか、どうなのか。
その辺はよくわかないですが、里帰りすると朝ご飯にベーグルがよくでます。
(っていうか、じゃあ、ウィスコンシンとは関係もないですね)



今回はお友達も呼んでベーグルパーティーをしたので、いろんな種類がならびました。



中にはさむのは、定番のクリームチーズ。
手前のクリームチーズには、チャイブ/Chivesと呼ばれる野菜が刻んでまぜてあります。
(ニラとアサツキの間みたいな感じのやさいです)



それから、スモークサーモンとケーパ。





これ、みんなは「ギロチン」って呼んでました、まさにそんな感じ。



パーティーの時は、これで各自ででサクっと切ってもらえるので、めちゃ便利です。

いやしかし、みんなパーティー好きですよね~(私は人見知りなので、ちょっと苦手かも. . . )

ゴールドフィッシュ


Post-379こんな入れ物ももらっちゃいました、黄色いゴールドフィッッシュ。
もともとは、このゴールドフィッシュのスナック菓子を入れる物なんですよね。



まだうちの子にゴールドフィッシュは早いような気がするので、こんな感じで使ってます。



赤ちゃんせんべい入れ。

柔らかくって崩れやすい赤ちゃんせんべいが、2袋きっちり入ります。
これで、カバンのなかでボロボロになってしまう心配無し。

っていうか、赤ちゃんせんべいが、アメリカ(ハワイ?)にもあるのにびっくりしました。

4月の里帰りで、大量に買ってきた私の努力は. . .



(や~っと)ハワイにベイビーザラスがやってきた


Post-378あと1年早く(うちの子が生まれる前に. . .)開店して欲しかったなあ。
な~んてわがままを言っても仕方ないのですが、遊びにいってきました。



先週の土曜日、開店当日ともあって駐車場はいっぱい。
カートも回転が間に合っておらず。



コレから買う予定なのが、ブリタックス/Britaxのチャイルドシート。
Marathon(というタイプ)にしようと思ってるのですが、ここには1色しか無いそうです。

Baby emporiumの方が値段はちょっと高かったけど、やっぱり好きな色を買いたいなあ。



これもまだうちの子にはちょっと早いけど、三輪車。

Radio Flyerのワゴンもいいけど、この三輪車、折りたたみもできてカワイイです。



結局買ったのはオムツ2箱、それからコレ↑
子供のおやつ入れ「Munchkin snack container」です。



Amazon.comの「Food Storage」で、1位になってたんです。

小さいおやつ(チリオスとかボーロとかえびせんとかね)を入れてあげると、フタがゴムになっているので、いちいち親がフタを開けてあげなくても自分で勝手に手を突っ込んで食べてくれ、しかも中身がこぼれないスグレモノ。

でも、うちの子にはちょっと早かったみたいで、これをもって散歩に出かけたら、歩いたあとにチリオスが落ちていて(ヘンゼルとグレーテルみたいですね)ハトさんがよってきてしまいました.

あと半年くらいしたら、使いこなせるかなあ~。

青空、おたんじょう会


Post-377このところ雨が少ないので西へ向かえば向かう程、茶色の大地が目立ちます。



大きなテントを3つ組み合わせた、パーティー会場。



この日は、お友達のお孫さんのお誕生日会に誘っていただきました。




食事が始まる前に、ポップコーンとスラッシー。



ピリカラ枝豆に、ごま油たっぷりのポケ。



大人達が食べたり飲んだりしてるのを横目に、子供達は元気いっぱい遊んでいました。



お誕生会の定番、レンタルバウンサー。



うちの子は、シャボン玉マシーンに夢中。



3才の男の子、この日のテーマはトランスフォーマー。
もちろんケーキも、トランスフォーマー。



プレゼントも、もちろんトランスフォーマー。
先日の記事で書いた「ティッシュくしゃくしゃ」のラッピングですね。



実はうちは、ディーディー(DD=Designated Driver)と呼ばれるお酒を飲まない運転手でした。




帰りには、子供達一人一人におみやげ袋が配られました。
(すんません私が食べました、だってうちの子まだ1才. . .)


初めて参加した小さい子供のお誕生会、ちょ~~~楽しかったです。

ワイメアでもらった龍の眼


Post-376冷蔵庫を開けたら、なんとそこには枯れ枝が。
なんでこんなモンが入ってるんやろう?と思ったら、小さな丸い身がたくさん。



茶色いその小さな実は、どれも直径2cmほど。
配偶者が仕事でご一緒したワイメアの方からいただいたコレ、龍眼と呼ばれる果物だそうです。
(英語ではDragon eye またはLongan)



栗の皮を剥く要領でツメ先で割れ目を入れ軽く押しつぶすと、綺麗に2つに割れます。



半透明の果実は小さなライチのようですが、それよりももう少しクセのある感じかも。
一口目は?と思いましたが、慣れると意外と甘くてやみつきになりそうな味。

wikiってみたら :emojion: 「漢方薬にもなる」ということなので、ナルホドねと思いました。


広い世の中、まだまだ自分の知らない美味しい物があるんだな~と思う瞬間なのでした。