モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年5月

ワイキキで、初めての海水浴


Post-338日焼け止めを塗るのはまだ心配なので、西日差す5時過ぎのビーチ。
お天気がよかったので、水温はまずまずでした。

あんなにさんざん悩んでいた赤ちゃん用のライフジャケットは :emojion: お友達からのプレゼント。


満潮だったのも手伝って、防波壁のあるビーチでもかなりの波が入ってきていました。

(それとも、サウスに夏の波がやってきたのかも)


今日1つ学んだ事は「ベビーカーはビーチでは押せない」ってことです。

押しても押しても、砂の上ではタイヤが引っかかってぜんぜ~ん進めない。
近くで見ていた家族連れの人が「押すんじゃなくって引くのよ~」って教えてくれました。

なるほどね、勉強になりました。
っていうか、たいして荷物も無いし、今度からはベビーカーなしで来ようと思います。

ちなみにうちのベイビー、最初はしがみついてビビてったものの泣いたりはぜず。
最後の方では1人で仰向けに浮かせたりしても、ニコニコ笑ってられるくらい楽しんでくれました。

この調子で数年後には「タンデム!」です。

初めてのBaby Expo


Post-337先週の土曜日行ってきました。
ワード地区にある、Neal Blaisdell Center のホールの方。



ベビーカーなど赤ちゃん関係の商品、ファミリーカーがあったり知育商品の販売なども。

写真と指紋のプリントをして、ラミネート加工してくれる無料IDの登録なんてのもありました。

あと、私達が気になったのは『HI529-Hawaii’s College Savings Program』というもの。
日本にある学資保険の保険無しバージョンのようなもので、将来の学費を積み立てるものです。
コレは、以前から考えていたので、また機会があれば詳しく記事にしますね。

今日の私達のメインのお目当ては、Baby Crawling Contest/赤ちゃんハイハイ競争。



エントリーできるは先着80赤ちゃんですが、2時間前に到着した時にはすでに長蛇の列。
会場に入ると、ゼッケンを付けたTシャツをもらいました。

その名の通り、ハイハイの競争なのでゴールまでに立ったり歩いたりすれば失格。
うちの子は1ヶ月前くらいにハイハイが完成。
最近やっとつかまり立ちができるようになっただけなので、ちょうどいい時期でした。



結果は、な~んと、2位。
(. . .って言っても1組10人で競争、各レース3位まで同じような商品がもらえるのです)



賞品はショッピングカート&ハイチェアカバーです。
っちゅーか赤にハイビスカスの花柄は女の子むきなんで、ウチの子には使いづらいかも。

スタート前から勢いバンバンで、ぶっちぎりの早さで私のところへハイハイしてきました。
あ~なんとかわいい、我が子よ。

まあ、でも半分くらいの子は泣いてしまったりで、スタート地点から動いてなかったです。

そんな子達もカワイイ. . .

ニッポンの、こんな食べもんがメチャおいしかった。


Post-336日本に帰る前に家族や友達と電話やメールで

「おすし~?すきやき?」
「北海道物産展いこか?」
「梅の花(豆腐料理)行く?」
「かに道楽とか、づぼらや食べたい?」
「堂島ロールって知ってる?」
と、いろんな話をしていました。

でも、意外や意外。
自分でもビックリしたのが、「特別な日本のごちそう」じゃなくて、日本にいた頃普段の生活でフツーに食べていたものが一番おいしかった事。

長崎空港の売店で食べた練り物「たこキャベツ」うちの母は「紅ショウガ」を食べました。



温泉を出たところで売っていた、瓶入りのコーヒー牛乳。



アゴ(トビウオ)のだしのおそば、母は五島うどん。



売店で買った、あずきもなか。



九州限定ジョージア、缶コーヒーがどこでも飲めるのも日本ならでは、って感じですよね。



うちの近所で売ってた焼き芋、この直後うちの子の指がイモのなかに突っ込まれました。



コンビニはほぼ毎日通ってしまいました、やっぱりあんこはおいしいなあ。



プリンもアメリカ文化からはちょっと遠いですよね。



これもね~学生の頃ハマってました。



って言うか、日本にいた頃からめったに食べなかったかも。



苺の種類も多くて、どれもメチャメチャ甘かった。これは「ナントカほのか」てやつでした。



抹茶オーレ、Dularexのグラスがどこに行っても目につくのも、ある意味懐かしいです。



ここもよく通いました、京都伊勢丹のハニービー。こんなワッフルも上品な甘さなのです。




以前働いていた、なんばの高島屋で食べたあんみつ。



これもどこでも買えますよね、手が黒くなってもおいしいから許します。



食パンは4または5枚切りの分厚いヤツが好きなのです。

これは「超熟」、ホントは神戸屋の「湯種」が一番好きです。



コンビニのシュークリームって、こんなにおいしいのに100円。



おウチの晩ご飯で食べた、かつおのタタキ。


雑誌に載ってる有名店でもなく。
わざわざコレを食べるために出かけるでもなく。
高いお金を払って食べるものでもないのです。
日常食べていたものが、こんなにおいしくってこんなに懐かしいなんて。

ハワイに住む前は「マラサダ毎日食べたい~」って言ってたのにね。

というわけで、まだ日本恋しい病を引きずっています。

(あ~、ないものねだり)

ホノルル空港でのゲートパス


これね「ください」って言ってもらったワケではないんです。

セキュリティーのゲートまえでウロウロしてたらチェックインカウンターのところの職員の女性が気がついて、「IDもってたらゲートパス発行してあげますよ」って声をかけてくれたんです。



今回の日本里帰り、もともとは3人で行って3人で帰ってくる予定でした。

でも、配偶者の仕事の都合で先に私と子供の2人だけが出発。

あとから配偶者が合流して、帰りは3人一緒にハワイへということに。

そんなこんなで、半日だけ仕事を休んでホノルル空港まで見送りにきてくれた配偶者。

チェックインを済ませてセキュリティーまえで、時間ギリギリまで入るのを待つつもりでした。



でもでもでも、親切な職員さんのおかげで初めてのゲートパス。

1人で赤ちゃん連れは、やっぱりちょっと不安だったのですごくうれしかったです。

お茶もできたしトイレも行けるし、荷物が多いのもへっちゃら。

ついでに調子に乗って、免税のお買い物までしたりして。

最終的には飛行機の扉のギリギリのところまで、付き添いしてもらう事ができました。

気を遣って声をかけてくれた職員さん、ありがと~。

フジヤマ サクラ スシ スキヤキ


Post-332恥ずかしながら私も初めて見ました、富士山。



5合目まで車でビューンと行ったのですが、寒さにビックリしました(っていうか常識 . . )



でも、この寒さのおかげで、ラッキーな事にソメイヨシノに遭遇。
北海道くらいまで行かないと見れないとあきらめてただけに、うれしかったです。



小さい頃に1回だけ行った事のある映画村、想像以上に混んでました。



写真はボケちゃいましたが、ひさびさの霜降りのお肉もやわらかくっておいしかった~。



すしがオケに入ってて感動です。



奈良の大仏の鼻の穴も、我が子といっしょにくぐってきました。



錦には、巨大なアメリカの乳母車は不向きなことを学び。



和歌山では、漆の町にも立ち寄って。



おまつりの行列の中に、おすもうさんも発見。



最近のスーパー銭湯は、浴衣も貸してもらえるんですね。



JRも1週間乗り放題、モトをとったような気がします。

そんなこんなで、ベタな観光から普通の生活まで、春の日本を満喫してきました。

楽しすぎた~。