モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年4月

ニンテンドーDS で自画自賛


Post-177ホンマにめっちゃ「いまごろ!!!」ですが、DSゲットです。
正確には友人が「毎日ヒマやろ」と言って、妊娠祝いで買ってくれました。

ありがとさん、でもね正直ゲームはあんまり好きじゃないです。

マリオとかドラクエとか、小学生の時にやってみたけどヘタすぎて先に進む事ができずギブアップしまくりでした。

うちの配偶者にゲーム歴を聞いてみたところ
「小さい時にアタリ(←って分かる人少ないかも)は持ってたけど、ヘタだから好きじゃ無かった」

ふんふん、同じレベルな感じ。

というわけで、友人は基本中の基本(なんですか?)「Brain age」ってソフトも買ってくれました。
日本では「脳を鍛える. . .ナントカカントカ」ってやつとほぼ同じで、英語版にはなぜか「数独」が入ってます。

ゲームの得意で無い私達も、なんだかんだとハマってます。

っていってもゲーム自体よりも、お絵描き対決。

(このソフトお持ちの方はご存知だと思うのですが)与えられたテーマでお手本を見ずにお互いに絵を描いてあとで見せ合いっこってやつです。

ゲーム上では勝ち負け無いですが、私は絵が配偶者よりは100倍ジョーズなのでいつも勝ちます。

そんな勝者のわたくし作↓


ジョーズすぎるので説明せんでもエエと思うのですが、
左上→ラッコ
右上→カマキリ
左下→ラクダ
右下→トナカイ

です。

ね?

ホンマに上手です。

そして、配偶者作↓まずは「ラッコ」


英語でラッコはSea Otterなのですが、急いでいた(なんで?)のでSea Lion=アシカと間違えたそうです。

Sea しかあってないし。

そんな彼の仕事上の肩書きは「生物学者/Biologist」です。

ハワイの生物をこの人にまかせて大丈夫か?




お次ぎは「カマキリ」↓



『あと、500年くらいがんばったら完全直立歩行を始めそうな宇宙人』ですかね。

アメリカの小学校でも昆虫は6本足なことを教えたほうがいいと思います。




「ラクダ」↓です



「背中のコブ、もう1つあった方が似てたかな?」と、配偶者は言ってました。

大丈夫、コブ1個でもこの薄ら笑いのラクダさんは幸せに生きていくと思うよ。






最後に「トナカイ」です↓






なんかわからん物が頭から吹き出して、したたりおちてます。
缶にはいったスプレー式のホイップクリームを生まれて初めて見た時の衝撃がよみがえりました。


基本的に1回のゲームで3枚絵を描くのですが、違う日に描いた厳選された4枚を選んでみました。

またエエやつが4枚たまったら新作発表するのでお楽しみに。

アイナハイナのマクドでフィレオフィッシュ


Post-176みなさん、おそとでご飯ってどのくらいの頻度で食べますか?
うちの外食率、めちゃめちゃ低いです。

朝昼夜、全部合わせても1ヶ月に3回くらいとか。

理由の1つは、私の主婦度が高いから。
結婚してからも1年近く私がグリーンカードをもらうまで仕事できなかったし、今は妊婦なので仕事を辞めてしまったし、遠距離恋愛をしていた時もず~っと配偶者の月給で2人暮らしをしてる間が長いから節約グセがついるのかも。

数年以内には家も買いたいので、必要ない外食への出費は控えたいのです。

あとは、外で食べるご飯が口に合わないから。
本土出身の配偶者や大阪出身の私が生まれ育ってきた味と全く違う食文化、ハワイ。
いまさらこの口を変える事もできないのでお家で自分の好きな物を食べるのに何の不満もありません。

ついでに言うと、やっぱり量が多い。
私だっていつも食べきれないし、お弁当だって毎日持って行ってる配偶者、平均アメリカ人の方と比べるとメチャメチャ小食なので残すのがもったいないのです。
だからといって残り物を持って帰って、できたてよりもマズイ状態で食べるのもツライ。



なので外でご飯を食べる時は、特別な記念日で豪華なディナーとか、逆にお出かけしてた時にお腹がすいてきたちゃった時。
あとは、日本から友人が来て「あそこに行きたい」とか言われたときくらいかも。



そんな私が時々ムショーに食べたくなるもの、それはマクドのフィレオフィッシュ。

揚げ物もマクドも苦手な配偶者を引きずって、こないだ久々に食べてきました。
たぶん、2年くらい食べてないと思います。
おいしーかった。

というわけで、でかいステーキも、プレートランチも、もちこチキンも、ロコモコも登場しない我が家の食生活です。

あんましハワイっぽくないなあ(てか、ケチなだけかも . . .)

※4月27日ースイマセン、アイエアではなくてアイナハイナのマクドの間違いでした、訂正させていただきます

ハワイのリサイクルだとか、エコロジーだとか


Post-175日本から来た私より少し年上の女性で、つい最近「ハワイでエコバック持ってる人なんか見た事無い!」とおっしゃっているのを聞きました。
よっぽど運が悪くない限りゼロではないはずなので、これはおおげさな批判だとは思うのですが. . .

たしかに以前住んでいた大阪の制度に比べると、まだまだ改善できる点は多いと思いまうので、なんとなくこの女性の気持ちは分かります。

でもね、この言葉を聞いてちょっと悲しかったです。

私は3年前ハワイに来た頃からお手製のマイバックを持って買い物してます。
エコバックの販売は最近始まったばかりのフードランド、オーガニックスーパーや一部の朝市など、当時から買い物袋を持参するとBag credit5¢返してくれました。



うちのアパートは、引っ越してきた頃から、新聞やダンボールの分別回収が始まってました。
ビンは色分けされてます、缶やペットボトル専用のゴミ箱もあります。
業者の方が回収に来てくれるのでデポジットは帰ってこないですが、年配の方など自分で捨てに行けない&忙しかったりめんどくさかったりして自分で捨てに行かない人もリサイクルに参加できます。



先日行ったクニアの駐車場で、公共の場としてはリサイクル専用のゴミ箱を初めて見ました。



KCCの朝市に行った時に見慣れない物が視界に入り、近づいてみると(おせじにもキッチリ分別されてるとは言えないですが. . .)紙類のリサイクル専用のコンテナでした。

もちろん、同じハワイでも、いまだに空き缶やペットボトルを普通のゴミと一緒に捨ててしまう人がいるのも事実だとは思います。
日本に彼女がいると言う、配偶者の友人の日系人男性。
彼女が遊びにくるたびリサイクルしてるフリをするのがめんどくさいと言ってました(オイ . . . )


でもね、日本だってリサイクル制度が大きく話題になってからまだ10年もたってないはず。
ドイツなんかに比べたらめっちゃ遅れてたと思うのです。

個人の意識の差や地域の差があったり(←これは日本も同じですよね)お国柄の違いはあるかも。

遅れてるのと全然やってないのでは大きく違うと思うんです。

ハワイのリサイクルだとかエコロジー意識だとかにガッカリされる方もいらっしゃると思うのですが、もうすこし温かい目で見守っていただけないでしょうか。

「『ドイツより遅れてた日本』よりも少し遅れてるハワイ」なりに、これからも少しずつがんばっていくはずです. . .

たまにしか行かないけど、インターナショナルマーケットの2階へ(後編)


Post-174記念撮影サーフボードのすぐ横、ここもレストラン兼クラブ兼バーっぽい。
入った事無いので、なんともコメントできず、です。



この時間空いてるのかどうなのか、外から見る限り無人で。
でも夜は結構人が多かったような(これもあまり記憶にナシ . . .)



こ~んな感じで、テナントがあんまり入ってなくてガラガラなんでお客さんも少ないんですよね。
綺麗になったし立地も良いし何でですかね?まだ日が浅いから?もしくは家賃が高いとか. . . ?

ここで、おそうじのおじさんに遭遇して、ビビって身構えてしまいました。
ごめんね、おじさん。

やっぱり人がいなくて、1人では心細くなる空間です。

小心者のワタクシ、カラカウア側から入れば、気分的にビクビクしなくて良かったかも。



ここでやっと、人の声とにぎわう気配、コーヒーやさんです。
スタバよりも、もうちょっとサンドイッチとかケーキとかの種類が多いかな。
ベーグル&ロックのサンドイッチがめっちゃおいしいそうでした。



席に着くとこんな感じ、オープンエアで気持ちのいい場所です。



大きなバニヤンの木も目の前に見えるし、下には楽しそうにお買い物する人達。



というわけで、目的地の郵便局に到着です。
写ってないですが、郵便のカウンターは入って左。
中にはインターネットカフェがあって、天井が高く気持ちのいい空間です。

今日はコリアンっぽいお姉さんが働いてました。
ここもいつもすいるので、さくさくっと用事を済ませて外へ。



道をはさんだお向かいにはマッサージやさん、とかなんとか。
こっち側はお店がまあまあ多いので、この距離からも人影がちらほら視界に入ります。



視界を右に移すと(以前からありますが)ここにもオープンエアーのレストランバー。
タウカンの右手から2階に上がれるんでしたっけ。
さっきのコーヒーやさんの席からも見えてましたね。

お昼もお客さんが入ってるし、夜はちょっと時代を感じるバンドの音楽(?)
うちの親と同じくらいの年代の人もよく見かけるお店なので、はしゃぎすぎず楽しく飲んで食べれそう。
ってか、見た感じだけでここも入った事無いんですが. . .

そんなかんじのインターナショナルマーケット2階でした。

たまにしか行かないけど、インターナショナルマーケットの2階へ(前編)


Post-173ここ1年くらいのうちにかなりキレイになりましたよね、2階。
うちがアラワイよりなので、クヒオ/Kuhio側から入って行きます。

見上げると、2階の左にレストランギャラクシー/Galaxy Restaurant & Coffee Shop。
以前、seasideの近くのバー/Tunamiにあった時はたま~に朝ご飯食べに行ってました。
新しくなって1回だけ行きましたが、外の風景が見えればもっと好きな雰囲気かも。

2階の右にバーMad dog。
以前はマーケットの中央(?)にあったDawg houseと同じオーナーさんと聞いた事があります。
私は行ったこと無いけど、配偶者は友人とちょくちょく行ってました。
(何回か酔っぱらいすぎて追い出されて、最近はもう行ってないかも. . .)



おじいちゃん&おばあちゃんの後ろ姿を激写しつつ、ここを入ってくと、右手にプカドック/Puka Dog
食べた事無いけど、おいしいらしいですね。
よく知らないのですが、穴を開けたパンにソーセージが突き刺さってるみたいなカンジやったかな?
ちょっとヨーロッパとかにありそうな、変わったホットドックでしょうか。
(ごめんなさい、ホンマによく知りません)



すぐ右手に見えるエスカレーターで2階へ。

この2階、真っ昼間なのに、いつ来ても誰もいない. . . 。
かなり心細いです。



すぐ右にはアンティークショップ/Island treasures antique mall
以前、クヒオ通りに面して2階建て(?)のショップがありましたが、ここに引っ越してきたんですよね。

結構好きです、ガイドブックとかにもよく載ってたような。



私が行ったこの時点で12時。
夜遊びさんで朝寝坊さんなのか、2時オープンで営業時間も短めです。

というか、この時点で目的地の郵便局とは違うところに上がって来てしまった、うっかりハチベエ。
そのまままっすぐ行って左の階段からいったん1階へ降ります。

少し離れたところに再び2階へ上がる階段があります。



なんと、こんなところに、こんなものが。
ドールの「顔を出して写真撮ってねパイナップル」に対抗してるんでしょうか。
「チューブに入って写真撮ってねサーフボード」です。

こういうの、大好き。

そんな説明いらんかもしれんけど、壁に空いてる穴に指を突っ込んでバランスとってるフリするのが正しいです。
(うちの配偶者は気付いてなかった)

ここにも人影はなし、ガンバレ2階!!!

きっと夕方からとかにぎわってくるんですよね。

というわけで、続きは次回. . .

ボックスカーレーシング3(動画です)


ハンドル操作&撮影なので、かなり画面ブレてます。
子供の顔が写ってしまったので画質もかなり落としました、ごめんなさい。

ラインが上になればなるほど、坂の上になるのでスピードが出ます。
スタートの際にラインが2本見えてるってことは、3本目のラインからスタートしたってことですね。


というわけで、3番目に速いボックスカー(気分)をどうぞ。

ボックスカーレーシング2


Post-171↑コレはウォルマートの特大サイン付きカー。
ピンクです、ピンク。
ここ「健全な青少年の育成目的」なカンジの非営利団体なので、スポンサーになっている企業のサインがレースのあちこちに。

ヤッテルご覧になられた方 :emojion: ご存知かもしれませんが、ボックスカー、エンジンはついてません。
移動の際は、自分でエッチラオッチラ押して進みます。

前輪が動いてしまうので、写真のように動かない方の後輪を前に持ってきて、車体の前側をつかんで押す(って意味分かります?)のが正しい移動のしかたです。
みんなこれがナカナカできなくて、スタッフのひとに超大きな声で一日中注意されっぱなしでした。



こちらは子供用サイズ、7才から1人で乗れます。
1~6才の子供は、大 or 中サイズの車で親とタンデム。

安全のためサンダルは禁止、つま先がカバーされたスニーカーなどをはきます。
子供は長ズボン着用が義務、この日来ていた人は大人もみんな長ズボンでした。



運転席はこんな感じ。
右にある棒はブレーキです。

心配になってしまうようなメチャ簡単な作りなんですが . . .



坂の上まで車を押して行き、ここから滑り落ちるスピード&重力でゴールまで向かいます。
1~4段階にスピードが選べるのですが、1だとスピードが遅すぎて途中で止まる人も. . .
ちなみにチャンピョンシップレースだと8までスピードがあげれるとのこと。

どんくらい速いんでしょうか。




この最後のカーブがメッチャくせもので、インサイドから上がってきた車がかなり追い込むのです。
(車体本体にも少し左右されるようで、この赤のマシンは取り合いになるほど人気でした。)

この感じではケガをする気配はなさそうですが、普通の車でさえもペーパーな私は遠慮しておきました。(←ってか、タダのビビリです)

見てるだけでもハシャギ過ぎて疲労大。
なので、乗ってる人達はグダグダになるまで疲れたみたい(4時間みっちり乗ってたし)
今回は私達は2カップルで来たけど、子供連れの人がほとんどであっちゃこっちゃでキャーキャー。
老若男女、知らない人どうし本気になってレースしたり。
和気アイアイとは、まさにこのことです。

2回目からは講習も受けなくていいし、料金もちょこっとお得な$5。
そこのクルマ好きなお父さ~ん、ハワイと言えばボックスカーです(かも)

次回はマイヘルメットとゴーグル、ついでに赤いスカーフ首に巻いてスヌーピースタイルで参加したいと思います。

みなさんも、機会があればぜひ。

楽しかったっす!!!クニア/Kunia のボックスカーレーシング1


Post-170(ってご紹介しておきながら、私自身はニンプーなため、乗ってないんですが. . .)

ちょっと違う場所のようですが、以前ヤッテルでも紹介されてましたよね :emojion:

場所はクニア/Kunia rd 地図で見ると結構遠いと思ったのですが、ハイウェイがすいてて30分もかからなかったような。

ホンマ小さな島ですね。

平日は基本的にやってなくて、金&土と祝日は2~6時、日曜は9時~1時。
昨日は日曜日で駐車場で朝市が開かれてましたが、スペースは充分。
余裕で車をとめることができました。



実は以前行ったダックレース :emojion: の会場で券を配っていたので、今回は無料。
本来は$7の入場料、4才以下の小さな子供と55才以上は無料です。

人が入り乱れて誰が見てるだけで誰が乗る人なのか、スタッフからは判断しにくいので、ボックスカーに乗る人も、観戦するだけの人も同じようにお金を払います。



お金を払うと押してもらえる「レーサーの兄さんスタンプ」これがあれば、この日は出たり入ったりできます。
(注)これ水性なため、服に青いインクが付いてしまいました. . .洗ったら取れたけど。

このあと「ケガしても文句言いません」の紙にサイン。

ちなみにヘルメットを着用しなくてはならないので、ここで追加の$2。
自分の物を持ち込みすれば、モチロン支払わなくていいです。



昨日は友人カップルと4人で。

ウェブページには「早く来ないと混むのでオープン30分前には着いておくことをオススメします」てな感じのことが書いてあったのでハリキッて行ったのですが、ガラガラ. . .

(大丈夫なんか. . .ココ)と思ったのですが、1時間くらいしてからチラホラ人が入りだして、お昼前にはちょっと列も出来てました。

誕生会とかの団体のイベントや学校の遠足のようなもので貸し切りにされる時もあるそうなので、行かれる方は確認なさってみて下さいね。 :emojion: (しかし、このwebページ私には見にくい. . .)

見てるだけでも楽しかったですよ~。
クニアのボックスカーレーシング、続きます。

いろんなパドル


Post-169あちこちでいろんなパドルを見て回りました。

木製のものはちょっと重いけど、アウトリガーと言えばこれが一番イメージに近いですよね。
持ち手が木で、中がアルミになっていて軽くて女性や子供向けの物。
カーボンや、グラスファイバーなどのミックスのもの。
飛行機の羽と同じ素材の堅くて強いパドル。

もっともっと種類はたくさん。

実際手に持って試しみると違いはよく分かります。

簡単に分かる違いは「重さ」重ければただ持ってるだけでも疲れるので、最近のものは軽いのが多いそうです。



それから「形」

手に持ってみると、グリップの部分が楕円になっているのもがあるそうです。
にぎっただけで、パドルが正しい方向を向いているのが分かります。
真円の物に比べると、いちいち下を見てパドルが正しい方向をむいてるか確認する必要が少ないそうです。
あたりまえですが、ブレードの部分が波に対して直角でない、いくらこいでも進みません。



あと「かたさ」床にパドルを押し付けてみると、まっすぐなまま動かない物と、やわらかくしなるものがあります。

単純に堅い方が丈夫なのかもしれませんが、それだけパドルをこぐ力が要求されるそうです。
こいだときに水からくるすべてのインパクトを、筋肉ではねかえして前に進みます。
柔らかいパドルに比べると、こぐスピードも落ちてしまうので、それをカバーするだけの力が要求されるそうです。



柔らかくしなる物は、初心者の方におすすめだそうです。
力の少ない女性や子供向けにも使いやすい。
こいだ時に持ち手のぶぶんが曲がる(しなる)ので、水からうけるインパクトを和らげて、筋肉への負担を少なくします。
逆に、水に対してあたえる影響も少ないので激しい大波でのサーフィン向けというよりは、小波やクルーズ向け。


ホントいっぱいありすぎてどれがいいのやら。
将来「いざ、買うぞ!」って時のために、こういう小さな違いを少しずつ勉強するのって楽し~いです。


「ジーンズの丈とか、色とか、ラインの違い」にこだわったり。
「ダイヤモンドの爪の形とか、カットとか、ミリグラムの違い」にこだわったり。
「今日の髪型」とか「絵の具のメーカー」とか「ネクタイとスーツのコーディネート」とかホカにもイロイロ。

他の人からしたら、そんなのどれも同じに見えちゃうような物でも、こだわる本人にとっては超真剣なんですよね。


とか、なんとか言いながら、何にもこだわらず、実際は中古の一番安いパドルを買いそうな性格の私 . . .

黄色のマンゴー、緑のマンゴー


Post-168初めて見た時には「この色、まだ熟してないんや」と思ってました。

触ってみると「プニプニ」
一緒にいた友人が「マンゴーは熟して水分が増えて、自分の重みで落ちるねん」と教えてくれました。
なので、そこそこ大きくて落ちてるやつはほぼ完熟と言う事なんですね。



またまたいっぱい拾ってきたので、今回はジャムにしてみました。

皮をむいて、種を取って、コトコト煮詰めて。
熱湯で消毒したビンに詰めて、母に送ろうと思います。

(これで、母の日のプレゼント代が浮いたで~!)

と思ったのですが、よー考えたら送料がお高くかかりそう. . .