モーハワイ☆コム

カテゴリー:ヒデキと日本’10

3月24日の土曜日は、ケイキスワップミート /Keiki Swap Meet


Post-635チルドレンディスカバリーセンター主催のケイキスワップミートが、カカアコウォーターフロントパークで開催されます。

入場は無料。

うちの3歳児は出店するので、有料、出店料は3どるでした。
ハワイにお住まいでお子さんが出店される方、締め切りは16日です。

まあ、子どもによる子どものためのフリーマーケットって感じでしょうか。

以前開催されたときの新聞記事をネットで読んでみたのですが、小さな子どもが多いのでなんだかむちゃくちゃな感じでオモロそうです。

あ~たのしみ。

Webサイト(リンク)
出店フォーム(PDF)


1才8ヶ月児と2人っきり飛行機ー荷物編


今年の日本への里帰り、マイルの特典を使っての航空券を買いました。
最初の予定では、家族3人で帰る予定だったのですが、事情があって配偶者を変更。

子供2人で先に行って、あとから配偶者が日本に来る事になりました。
まあ、去年とほぼ一緒のパターンです。

一つ違うと言えば、今回は関空には誰も迎えにきてくれない事。

去年の関空着は夜の8時過ぎだったのですが、今年は5時台です。
なので、仕事帰りに迎えに来てくれる友人とは、天下茶屋駅で合流。

関空から南海電鉄で、ラピート乗って1本ですね。



ここで、問題なのが荷物。

自宅からホノルル空港まではうちの配偶者が車で送ってくれたのですが、関空からはすべての荷物を1人で抱えて電車に乗って天下茶屋まで行かなければなりません。

そんな荷物はというと

* 預け入れ荷物2個
* 機内持ち込み荷物2個
* カーシート
* ベビーカー
* 1才8ヶ月のうちの子供(は荷物ではないのですが. . .でもね. . .)

まあ、預け入れを欲張って2個ある時点で、両手がふさがってしまいますよね。





なので、一個はバックバックにしてみました。
あの「バックパーカー」な、ドでかいバックパック。
ご存じない方のために→( :emojion: アフェリエイトではありません)

大きくても重くても、肩と腰で支えるので体への負担は軽いでんです。
これなら片手が空きますよね。


いや~、われながら、完璧。
機内用のカバン、もう一個持てたかも。

あ、でも、天下茶屋駅で背中のバックパックをおろしたあと、再びかつごうとしたらしりもちついたまま立ち上がれませんでした。

あの時助けてくれた、通りすがりのおばちゃん、ありがと~う。

ヒデキと日本’10-うちのアメリカ人、本町初めて一人旅




淡路の駅から電車に乗って、南方へ。

ここで御堂筋線に乗り換えなのですが、ホームが2つありどっちへ行けば本町なのか3分ほど地図を見ながら迷ったそうです。

(西中島南方の改札の方、お世話になりました~)



本町に着いたらとりあえずどこでもいいから地上に出るように言っておきました。

第一回目の『HELP!』コールは、スターバックスから。



余談ですが私、日本で働いてた時の本社ビルがこのスタバのすぐ横にありました。

なので、このスタバができた頃から何度も通ってるんですが、5年も見てないと(当たり前ですが)内装も変わってるもんですね~。



CASIOのこのビル、一番下がTOTOのショールーム(?)で、うちの配偶者はエレベーターの場所が分からず、この中のお姉さんに助けていただきました。

しかもこの方、英語がお上手だったそうで。

(TOTOの方~ありがとうございます)



CASIOの方とは、日本へ行く前から何度か修理内容のメールのやりとり済み。
(その内容もプリントアウトして持って行ってもらってました)
それにかさねて、当日に「日本語しゃべれないんで、携帯持ってますから、私が係の方と話します」とあらかじめ電話を入れていました。

そんな私の杞憂をよそに、うちの配偶者がCASIOの受付に着いてからは、CASIOの方がラップトップを用意して下さりYahooの翻訳機能で会話もしていただいたそうです。

(CASIOのみなさん、お手数お掛けしました。ありがとうございます~)



結局すぐに治る修理では無かったのですが、購入後1年たっていないので無料で修理の上配送もしていただきました。

アメリカのアマゾンで買ったのですが、そういうのも関係なく無料修理なんて、 さすがのニホン企業CASIOです。



無事に修理依頼も終わり、肩の荷が下りたうちの配偶者はちょっと冒険を。

ここは、心斎橋筋の長堀ですかね。

なつかし~。

若かりし頃は、大丸や高島屋で働いてました、ワタクシ。



さらにグイグイ南下。

この日は雨がザーザーだったのですが、傘をささなくていいアーケードの商店街っていうものに感動していたうちの配偶者です。

そういえば、こういうのアメリカにはなさそうですかね?



さらにさらに、イキオイに乗ってうどん屋さん(本人談)に入ってお昼ごはん。



ここがこの旅の中では本人的には大ピンチ(おおげさ. . .) だったそうです。

お客さんは女性の方1人だけ。
メニューを持ってきてくれた男性の方も英語がしゃべれる感じではなさそうで. . .
しかもメニューには写真は無くもちろん日本語のみ。



配偶者がアップアップしてるのを、すぐに感じ取って下さったこの男性。
黙ったままジェスチャーされお店の外に出てみると、そこにはサンプルが飾ってあったそうです。



おいしそ~やんか~。

天ぷら丼とうどんのセット、ですよね。



がんばって、お箸で全部たいらげたそうです。

(これは、いまだにどこのお店か分からないのですが、お店の旦那さん、うちの配偶者が大変お世話になりました~!!!)



というわけで、今回の日本旅行、うちの子が風邪をひいてしまいました。

しかも1ヶ月滞在のうちの、最後の1週間ず~っと。

39度を超える熱が3日続き、病院にも連れて行ったあとに体中に発疹。

突発性発疹だったみたいで、結局ず~っとお家にこもって過ごしました。

私はテレビを見たり本を読んだりして過ごしたり。
(元々会う予定だった)友達が、近所まで来てくれて1~2時間ほどお茶したり。
それなりに1週間は苦ではなかったのですが. . .

日本語もカタコトしか分からないうちの配偶者。
持ってきた雑誌は読み尽くし、たま~にやってる英語の副音声のニュースや映画を見るのもいっぱいいっぱい。

もともと本町のCASIOには時計の修理をするために3人で行くつもりでした。

でもね~、病気のうちの子を連れて行くわけにはいかず。
で、どっちか1人が行けばいいんじゃないかと言うことになったのです。

もしも急に体調がもっと悪くなった時病院へ連れて行ったりするのは、日本語会話のできないうちの配偶者1人ではちょっと難しいわけで. . .

そんなこんなの理由で、私の書いた地図を片手に&ラガールカードを握りしめ、うちの母に借りた携帯電話で時々連絡をとりつつ。

暇つぶしもかねて、本町のCASIOへ時計の修理へ1人で行ってきたうちの配偶者なのでした。

(初めて一人旅をがんばったうちのアメリカ人もさることながら)
たくさんの方に助けていただいたようで、ほんとうに皆さんありがとうございました~!!!

ヒデキと日本’10-種子島といえば. . . . .




特別な観光の予定はなく、ただただお友達と楽しい時間を過ごしてきました。



4月は大阪も東京も極寒だったので、この暖かさには感謝です。



このビーチ、うちの配偶者が大変かんどーしてました。



こんな奇岩でいっぱいなので、地質学マニアには(というか大学で専攻してたらしい)楽しかったみたいです。



そうそう、種子島と言えば、これですね。



ボード、お友達の旦那さんに貸してもらっちゃいました。



想像はしてたけど、やっぱり普段行きなれているカヌーズの波とは全然違うかったです。



で、種子島サーフィンはどんなかんじやったかというと. . .

1)ビーチブレイクなので、ポイントまでのパドルが超!楽ちん。
  (カヌーズは、アウトに出るまで結構体力いるのです)

2)人が少ないので、みんなまったり仲良くサーフィン。
  (波の取り合いも無ければ、初心者や危険行為をする人もおらず)

3)友達の旦那さんに借りた板が大きくて、すんごく踏み込んでも曲げにくかった。
  (やっぱり自分に合った板って大事ですね)

4)ショートやファンの人もいたくらい、波の崩れるスピードが早くってターンできず。
  (カヌーズは、ほんまにロング向けの波やな~と、改めて実感)

5)フルのウェットスーツを着ていたので、腕が思うように回らず。
  (ビキニのみの時と、パドルのスピード全然違います)


そんなこんで、1時間ちょっと遊んでまともに乗れたのは3本もないかも. . .

あの、あこがれの種子島サーフィン、できるとは思ってなかったのでやっぱりうれしかったです。

種子島のみなさ~ん、おせわになりました。

※サーフィンに興味の無い方、分かりにくい記事ですいません. . . . .

ヒデキと日本’10-7日間の使い方


Post-468海外から日本を訪れる人のための、JRパスを買いました。
28300円で、新幹線(のぞみ以外)も特急もJRが乗り放題です。
ただし、使用できるのは連続した7日間。



初日は、朝日のまぶしい新大阪から、新横浜。
相模原の親戚宅へ、おじさんのお仏壇にレイをあげてきました。



昭島の友人と巣鴨の友人に会って、東京駅から再び大阪の実家へ。
これで、1日目と2日目は終了。



3日目も早起きして、今度は新大阪から博多へ。
リレーつばめの中で、こんなペーパークラフトをいただきました。



リレーつばめって、ダースベーダーに似てるんやけど. . .
と、思っていたら、このクラフトは「新幹線つばめ」の方でした。



しかし、しかし、新幹線つばめの内装の豪華さにはびっくりです。



そんなこんなで、鹿児島中央に到着。



マクドとユニクロで時間をつぶしたあとに向かったのは、港。



高速船トッピー、往復1万円なり。
(この船は、新幹線パスが使えませんが. . .)



桜島を横目に見ながら、たどりついたのは. . .



鉄砲伝来、種子島。
ここで3泊4日。



で、再び大阪に帰って、最後の1日は再び新横浜。
この日は八王子の親戚宅へ。



そんなこんなで、み~っちり移動しまくった7日間でした。

ヒデキと日本’10-恋しかった食べ物たち(後編)




日本に来たらこれははずせません、マクドですよマクド。
(ハワイじゃ滅多に行きませんが)



ちなみに、ここは鹿児島中央駅前の広場。



大阪の寒さがウソのようなカンカン照りに感謝質、青空ご飯です。
(と、いうか、お店の中が混んでて座れなかった. . .)



去年同様、日本限定メニューをチョイス。



アメリカ人の配偶者は、伸びるストローに再び感動 :emojion:



超カワイイ、ミニサイズのパンケーキ。
1歳八ヶ月のうちの子も、日本でマクドデビューです。



ゾウリエビを初めて見た、うちの配偶者。
ホンマに食べれるのか、何回も確認してました。



今回の日本里帰りで、こうなるやろうな~と思ってはいました。
やっぱりうちの子も、アンパンマンに夢中です。



友達のおばちゃんが作ってくれたお好み焼き。
いいな~、うちも日本のホットプレート買おうかなあ。



最初はくら寿司に行こうと思ってたんですが、スシロー。



同じように回ってるのに、ゲンキ寿司より安くてウマイ!!!



お友達のお誕生日で、イチゴのケーキ。
やっぱり日本のケーキが、私の口には合います。



自分でコーヒーと牛乳を混ぜても、この味にならないのはなんでですかね?



プリンはもちろん大きいサイズ。
(家に帰って、プッチンしなかったことが悔やまれる. . . )

無い物ねだりなのかもしれませんが、ハワイでは食べれないと思うと、なにもかもがおいしくて。
(あ、でも、あのチップスは、あんまり好きじゃなかったかも)

そんなこんなで、自分の口の庶民度を実感した今回の日本里帰りでした。

来年は何食べようかな~。

ヒデキと日本’10-恋しかった食べ物たち(前編)



4月の大阪は寒かった。
焼き芋、ギリギリシーズンに間に合いました。



ほとんど毎日食べました。
アメリカのイチゴとは比べ物にならないくらい、甘い!



阪急山田のスーパーでみかけたミニイカ。
ツマようじで「プスっ」とさして、酢みそで食べました。



まんなかにクリームたっぷりのロールケーキって、はやってるんですかね?
こんなにレベルの高い味が、スーパーで300円。



ナゼかとんがっていますが. . .トマト。
果物かと思うくらい、糖度が高い。



『Non fat』でもなく『 2%』でもないです。
そんでもって『 Vitamin D』でも無い牛乳。




ヤマザキもパスコもいいけど、東淀川市民としては神戸屋がイチオシ(写真無いですが)
贅沢したい時は4枚切りですが、普段は5枚切りです。




小岩井マーガリンよりも、ネオソフト派、それもたっぷり。
なので、ニューヨークには住めないなあと、思います。



淡路の商店街で、1杯150円のと350円の。
味の違いは、分からなかったですが、おいしかった!



免許更新に行った門真のミニストップで、当たってしまいました。
こんなに安いのに、このレベルの高い味。



こういう新商品の数の多さって、すごくないですか!?
限定チョコとか、限定チップスとか。



去年、缶の飲み物がホットで売られていることにビックリしたうちの配偶者。
そういえば、あったかいペットボトルもアメリカには無いですよね。



(ちょっと写真が. . .ですが)子持ちのカレイ。
3人兄弟なのですが、小さい頃コレをめぐってよくケンカしました。



雨で、おでかけできない日のお昼ご飯。
こんなに楽していいのか、いや~主婦でよかった、と思う瞬間です。



ハービスの地下で、独身友人とお茶しました。
見た目の美しさと、味と値段に驚き。



そんなヒデキがかわいかったのか、友人、おかわりおこってくれました、ありがと。
子供用のハイチェアがあれば、また行きたいなあ、このお店。



菓子パンの種類の多さにもあらためて気づきました。
スナックスティックって、ついつい食べ過ぎてしまいます。


1年ぶりに帰った日本で気づいたことが、ひとつ。

美々卯のうどんも南蛮亭のやきとりも、揚子江ラーメンもいいけど。
何がおいしいって、毎日食べる普通の物がすごくおいしかったです。

日本の「普通」のレベルが高いのか、それとも自分の舌がが30年間慣れ親しんだ味を求めてるのか. . .

しかも、何を食べても太らない~。

日本って、すてきですねえ。