モーハワイ☆コム

カテゴリー:ヒデキとマンゴー

ご近所さんからHaden Mangoいただきました


今年は暖かかったのか、去年よりもマンゴーの旬が早いような気がします。



あいかわらず「タダ」のものには弱いので、友人宅に呼ばれてはマンゴーをもらって帰ってきてました。



まあでも、最近は、日本の家族や友人からのリクエストが多くて、ジャムにして :emojion: 送ってしまうので私たちの口にはあんまり入ってなかったかも。



昨日、ご近所さんからいただいたのは、友人宅とは違う種類のマンゴー。

(なんだか写真が暗くてゴメンナさい. . .)



Haden(Hayden?)Mangoといって、とっても大きい種類です。

ね、缶ジュースよりもデカイ。

一番大きいのを量ってみたら、800gほどありました。



「今すぐ食べてね~」と言われたので、まずはうちの子先発で味見です。



モグモグ. . .めっちゃおいしいやんか~!!!
(とは、まだ言えませんが)



最近上手になってきたはずのフォークを捨てて、素手でわしわしと食べてくれました。

私もいただきましたが、大きいから大味かと思いきや、甘いのなんの~。

このマンゴーなら、ジャムにしないで全部(なんなら1人で)食べてしまうかな。

たくさんあるので、しばらく楽しめそうです。

今年はじめてのマンゴー狩り


お友達のお庭のマンゴー、今年はちょっと早めに実が。



もう、すずなりと言った感じで、地面にゴロゴロを落ちているこのマンゴーたちをもらいました。

友人宅のご近所さんの他の木も、もう花がたくさん咲いています。



切ってみるとジューシーなオレンジ色の実。



けっこう熟しているので、今回はちょこっとだけ食べてあとはジャムにしました。



ザルで繊維を取り除いて、1リットルくらい。



これを半分になるまでに詰めて、熱湯消毒したビンに入れます。



なるべく隙間が出ないようにいっぱい入れて、フタをしたら逆さまに。

簡単おいしいジャムができあがり、です。



これで、しばらく朝ご飯が楽しみ~い。

マンゴー狩りに行ってきました。


Post-114本格的な時期はもう少し先ですが、ここ数日天気も体調もいいので、ちょっとフライングしてしまいました。

今回、初めてマンゴーの花をじっくり鑑賞。
いっつも見れたんでしょうが、今まではマンゴーを拾うのに必死で下ばっか見て歩いてたんでしょねぇ。



濃い緑の葉っぱの間からニョキニョキとクキ状の物が伸びてきて、その先に花が咲いてるようです。



なんか、ある意味ちょっとオーキッドっぽい咲き方ですよね。



お花はチョーちいこくて、この種類はピンクっぽい花びら。
これがもうちょっとしたら、あま~い実になるんですね。

いろんな種類のマンゴーがあるようですが、今日見つけたのは完熟の状態で黄色いもの。



こんなカンジで、高い所から落ちた衝撃で割れているのもよくあります。
いつもなら気にせず綺麗なところだけムシャっとかぶりつくのですが、今回は体調も気になるのでやめときました。



ので、割れたやつで完熟チェック。
ちょっと繊維は多めですが、めちゃめちゃジューシーです。
写真じゃどうがんばっても伝わらないですが、ものすごく甘い香りがそこらじゅうに充満します。

うちの配偶者が実験台になってペロッと味見しましたが,想像通りの甘甘マンゴだったそうです。

というわけでこの日の収穫はトップの写真、合計3個。
おうちに持って帰って冷やしていただきます。
うー,めちゃ楽しみや。

マンゴーのさいご


Post-73いやいや、ついにこの日が。
うちの新入りマンゴーの木が枯れてしまいました。

なんだか病気にかかってしまったようです。
残念ながら、新芽が再び出る事は無く、最後の一枚の葉っぱもかろうじて引っかかってる感じです。

来年またシーズンがきたらリベンジしたいと思います。

さよならマンゴー。

ヒデキとリリコイ


Post-63以前食べたリリコイの種を、ちょこっとだけ分けておいて、土に埋めてみたら発芽しました。
小さな鉢の中できゅうくつそうにしてるので、今日、ちょっと大きい鉢に植え替えてあげようと思います。



↑ちなみにこちらは11月中頃の写真。
11月末に帰ってきたら、植えた種の数、8つ全部芽が出てました、発芽率100%。

旅行中、ほったらかしにしてたわりには元気いっぱい。

それとは反対に(っていうかあたりまえかもしれないですが)元気のなくなってる植物達も。
新入りマンゴーは、そのうちのひとつ、かなり葉っぱが落ちてしまいました。



でも、(写真では分かりにくいですが. . . ) 新芽が出てきてるので、もうちっと希望を持って見守りたいと思います。
どっちもがんばれー。

ぐいぐいマンゴー生長中


Post-51芽が出たのが11月10日、あれから約1週間経ちました。

昨日の段階で、背の高さ14センチです。
ちなみに一番大きい葉っぱが長さ10センチ。



↓ こちらが11月11日の状態。これで高さが8センチです。



こちらは、その翌日、11月12日。





高さが10センチ、一番大きい葉っぱが2センチでした。



私の中のイメージでいう「『ふたば』が出て『ほんば』が出て」っていうのとは違って、6つの葉っぱが同時にニョキニョキと生えてきてます。
ちょっと、変わってませんか?

葉っぱに触れると、表面はなめらかでとっても柔らかいです。
写真では伝わりにくいかもしれませんが、この緑色もすごく透明感があって、キレイなんですよ~~~。

マンゴーの芽が出ました


Post-48ヤッターマンの歌が頭の中でグルグル回ってます。
「やっと」芽が出ました。

ちなみに植えたのが10月22日、翌日には早くもちょっぴり成長していました。
今までに何度か育てているのですか、普段なら一週間位でかなりの成長をするのですが、今回はこの状態でストップ。



一週間程様子を見たのですが、動きが無いので10月31日このまま土の中に入れてみました。



あれから、1週間以上たったのであきらめかけていたのですが、片方の種から昨日芽が出てました。

今、約3cmくらいでしょうか。

言わずと知れた、もう一組の怪しい黒い色の種2つはダメだったようで、捨ててしまいましたが、残るはもうひとつの種です、もうちょっと芽が出るのを待とうと思います。

でもね、土ほじくって中を見たい衝動にかられます。
ガマン、ガマン. . .

マンゴー育ててます


Post-33(苗を買うお金がもったいないので…) すべて種から育ててますが、うちには4本の小さなマンゴーの木があります。

日本でも、友人がプルメリアの木を育ててますが、もしかしたら、マンゴーもできるかも。(でも、日本はこれから寒いですし、春まで待った方がいいですかね?)



まず、マンゴーの種をしっかり洗って、乾燥させます。



中を傷つけないように (自分の手も傷つけないように) 気をつけながら、外側の硬い皮を、ハサミやナイフで切り開きます。

さらに、種の周りにつ付いている茶色い薄皮も、簡単にはがれそうであればむいてしまいます。



もし、薄皮がはがれなくても、水に付けてる間に自然にはがれてくれるので、大丈夫です。



↑ こっちはもう、すでに芽の出る所が黄緑色に変わってます。

期待大!



↑ こっちは、ウ~ン。。。皮の中も怪しい黒さ。
マンゴの種類が違うので、何とも言えないんですが、色が怪しいかも。

腐ってしまうと、一緒に入れているのもダメになってしまうことが多いので、今回は2つの容器に分けてみました。


このまま水に付けて、発芽を待ちます。
気温が高いのと種から出る色で、水の色が茶色に変わったり、くさったりしやすいですから、かなりこまめに新しい水に変えます。


画像が悪いですが、これはすでに小さな木になっている我が家のマンゴのうちの1つです。













って言っても、実がなるまで何年もかかるんですよねー。。。



がんばれー。