モーハワイ☆コム

カテゴリー:ヒデキとマキキループ

食@タンタラスの山ハイキング




ジャングルハイキングツアーで行ったのと、同じトレイルをもういっかい。



黄色い大きなグァバの実は、あちらこちらになっていました。



大きな白い花がめじるしのコレ。



甘くもなく、酸っぱくもなく….水っぽい野いちご、でした。



アボカド、たくさん落ちていたのですが、ほとんどノブタにかじられていました。のでこれだけ。



超おいしかったのですが、このタネのでかいこと。



コーヒー、の実は少し前に記事にしましたね。



実は、乾燥後の豆を植えてみました。芽が出たらまたご報告します。



こちらは、久しぶりのマキキループ。前回と、反対回りに登ってきました。



まん丸でも無く、楕円でもなくいびつなかたち。



開けてみたらリリコイでした。我が家は、種ごとバリバリ食べます。



マウンテンアップルは、手の届かないところにいっぱい。
ヒトサマに、お勧めできないあんまり安全じゃない方法で収穫してしまいました。



時期が終わりなのかも、とあきらめかけてたらすずなりの木を発見。
うちの母、喜び過ぎです。



ストロベリーグァバ、は、ちょっと酸っぱかったかな。
とりあえず、たくさん収穫してみました。



持って帰って、ブレンターでくだいてから漉して、ジャムにしました。
砂糖を加えたので、パンにぬったりしてもおいしいかも。


そんなわけで、うちの母と行ったハイキング。
やっぱり今回も、食べて食べて食べまくってしまったのでした。

ハワイ語って


Post-45何となく気になって写真撮ってみました。何だかいろいろ書いてあって、タロと山の絵も描かれています。
辞書で調べてみたんですけど、残念ながら分かんなかったです。

この石のプレートは橋を超えた所の足もとにありました。



この辺りには、植物に関する知識を得るためのサインがたくさんあります。
去年ここに来た時は、石で出来たような感じのちょっと古めかしいサインだったのですが、新しくなっているようです。
おもに、ハワイの固有種や絶滅危惧種についてのサインが見られました。

と、思ってたら、見慣れた景色。
イエ~イ!ついに初めの分岐まで帰ってきました。



最後の橋を渡ります。
この頃には、太陽もいい感じにかたむいてます。
途中ですれ違ったお散歩中の方は、だいたい1~2時間で一周するとおっしゃてました。
が、私達、たっぷり3時間以上かかりました。
お弁当食べたり、アボカド探したりしてたからですかね。

最後の橋を渡ると、右手に見えているのはトイレ、中は結構きれいでした。
ハイキングのはじめに行っといて良かったです。



ちなみに、このトイレの裏手に足を洗うためのホースガあります。
足や靴に付いた泥がバクテリアを含んでいる可能性があるのはもちろん、虫などを家に持って帰らないためにも、ブラシでゴシゴシ洗いましょう、ってことです。



洗っても洗っても、ドロは中まで入り込んで、靴はちっともきれいにならなかったです。ちなみに中に履いてる靴下もド泥んこです。
やっぱ、ハイキングサンダル買うべきですね。

駐車場に帰ると、来た時は気付かなかったのですが、黄色い花が地面いっぱいに落ちていてました。



家を出たのがちょうど、12時。
帰ったのが4時過ぎでした。

距離はそんなに無いのですが、ぬかるんで歩きにくかったので、筋肉痛になりました。直射日光に当たる事があまりないですし、激しい登り下りもないので疲れ度、中の下って感じでしょうか。

あ~たのしかった、今度はどこへ行こうかな。

もうひとふんばり


Post-41ここらへんあたりから、足もとが急に安定します。下を見ると小石が敷き詰めてあって、今までのトレイルとは大違い。

結構な量の小石でここまで運んでくるのに車は入れないでしょ、という感じの道なので、不思議に思って聞いてみました。
うちの配偶者によると、軽犯罪や少年犯罪者がコミュニティーサービスという形で、働いているのかも知れないと言う事です。

マノアフォールのトレイルなどもだそうです。

まあ、単純に手入れが行き届いたトレイルかも知れないですけどね。

とにかく、誰かがきれいにしようと頑張ってるのを、ここを利用する他の人間も協力して維持していきたいな~。なんて、まじめな事を考えてみたりして。
(というか、またまたピンボケ写真ですいません)

この先、再びトトロ気分ポイントです。

ツタのからまる小道を抜けます。


これが見えれば、もうすぐ終点です。



左手に川があり、小さな橋を渡ります。



橋の上からの景色。
右手にバナナの木がたくさんあります。


橋を渡るとすぐに、水の中に住む生物についての説明を書いたサインがあります。


残念ながら、透明度が高いとは言えず、お魚さんたちの姿は確認できませんでした。

川を渡る前に「靴に付いたドロなどは、ここでは洗わないように!!!」の注意書きがあります。

この川も、他の川同様に野生動物の排泄物などで汚染がされているので気をつけて下さい。

もうこの頃には「靴を洗おう」とかいうレベルじゃないくらい、上から下まで泥んこになってるんですけどね。

「トトォルォウ」な気分


Post-37小さな橋をこえると、二度目の分岐です。



Kanealole方面へ。







ほんと、ここのトレイルは分かりやすい。















とかなんとかノンキに歩いてると,ポイ捨てされたペットボトルを発見してしまいました。



手入れが良いのか,マナーが良いのか、ここまで、ゴミなんて落ちてなかったのに。



ショックです。







とりあえず、次に歩く方の気分が悪くならないように、持って帰って捨てました。















左手に川が流れている音がします。



ここで,再びひとやすみ。







遠くにホノルル市街が見えます。















おなじみのハウ/Hauの花。



黄色い花を咲かせ、赤くなって落ちます。



花の寿命は1日だけなので、そんなところもハイビスカスに近いですよね。















休憩を終えて,少し歩くと、目の前に蔓状の植物のカーレンで出来たおおきなトンネル。











こういうの見るとメイとサツキになった気分です。







ちなみに,うちの配偶者、トトロの映画見た事あるそうです。



しかしここはアメリカ人、「トトロ」ではなく「トトォルォウ」とかなんとかワケの分からない発音だったので、修正しときました。



Smokey bearってご存知ですか?


Post-36先週の金曜日から4、5日も続いたマカハの山火事,やっと鎮火しましたね。
新聞でみたのですが、先日のワイアルアで7000、今回のマカハで1000エーカーも燃えてしまったそうです。

今日の新聞には、Kuaokala, Mokule’ia, Makua-Kea’au, Wai’anae and Nanakuli Forest Reserves and the Kuaokala game management area、が一時閉鎖
されるということ。

乾燥した気候による火災の危険がまだ今は懸念されているようで、このエリアでの、ハイキング、キャンピング、ハンティングなどが出来なくなるそうです。

一日も早く地域の皆さんが安心できるようになればいいですね。


今回のマキキループでは、自然に関する知識をみんなに広めてもらおう、という取り組みがあちらこちらに見られました。

このサインもそのうちの1つ。
みんなで森林火災に気をつけようというものです。

タバコの火、BBQの火による火災はあってはならないものですよね。



ところで,ここで疑問が。。。サインの左上に、見慣れたクマの絵?

「スモーキベアー/Smokey bear」、T-シャツや、マグカップなどのキャラクターでとりあえず知ってはいました。
ebayにもたくさんグッズが出品されてます。
でも、そこはキャラクター大国アメリカ。
てっきりどっかの企業の販売促進用の物だと思ってました。

ところがどっこい、きちんとした政府の機関の発行する森林火災予防のためのキャンペーン熊だそうです。

うちの配偶者は「そんなのアメリカ人の子供はみんな知ってる」とつっこみをいれてくるのですが、こちらは日本人の大人なので知らなくてあたりまえ(日本人の大人の方,ご存知でしたらごめんなさい。。。)

しかも60年以上も歴史のあるキャン熊。
余談ですが,初代はディズニーのバンビだったそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Smokey_Bear  (英語です)
消防士ヘルメットに、おおきなスコップ、ウェスト履きのジーンズで、筋肉質で上半身毛むくじゃらの裸。

http://www.smokeybear.com/ (音が出ます/英語です)
なんだかちょっとセクシーすぎると思うのは私だけですかね。。。?

歩いて、走って


Post-34坂道を、ぐんぐんおりて行きます。

このあたりで、韓国系の年配の女性にお会いしました。
お散歩がてら、よく歩かれるそうです。

あと、ビックリしたのは、このアップダウンの多いトレイルを、トレーニングのために走って往復してる男性の方がいた事です。
この日の前日に、ここでレースがあって、トレイルランニング/trail runningというちゃんとしたスポーツなのだそうです。
知らなかった~。
と言うか、世の中に知らない事ってまだまだたくさんあります。



見上げると、オクトパスツリー/Octopus treeの木が。
ワイキキでも見かけますが、赤い放射状の花が印象的です。



正面にタロの大きな葉が見えます。



タロの葉のすぐ横にある橋を渡ります。



目の前に大きなバニヤンツリーが。
何十年も何百年もまえから、ずーっと前からここにこうして立ってるんですよね。



左手の視界が大きく開け、遠くにホノルルの町が見えてきます。




このあたり、トレイルにそってたくさんのホワイトジンジャー/White gingerが群生していました。

ジンジャーの、花、花、花。

人気があるのでしょうか、前日に行ったKCCの朝市でもホワイトジンジャーの切り花がたくさん売られていましたが、やっぱり自然に咲いてる方が断然キレイです。

なんともいえない良い香りを吸い込みながら歩き続けます。

アボガド&グァバ狩り


Post-122(※2008年3月2日トレイルの名前に間違いがあったため、記事を訂正させていただきました。)

上の写真は家に帰ってキレイに洗ってからの物です。
狩りと言っても、知ってて行ったわけじゃなかったのですが今日は、たくさんの収穫がありました。

合計でアボカド4個、グァバ16個。
『 I love hiking!!!』 と空に向かって叫びたくなる瞬間です。

「小鳥のさえずり。。。」なんてカッコつけてアップしましたが、やっぱり本音はこっちです。

どこで見つけたかと詳しく説明すると。。。




ここで、二つのトレイルが交差します。
上の写真右が、自分が歩いてきたマウナラハ トレイル / Maunalaha trail
左が東へ向かう、ウアラカアトレイル/Ualakaa trail

下の写真右が北へ向かう、モレカトレイル/Moleka trail
左が西へ向かう、マキキヴァレイ トレイル / Makiki valley trail

ここにも地図の書かれたサインがあるので、自分の行きたい方向を確認します。
今日はループなので、西へ向かうマキキヴァレイ トレイル / Makiki valley trailへ。
サインのすぐ横にある、1番左の坂道を降りて行きます。

の前に、ちょっと休憩。



ベンチがあるので座ってお弁当を食べてると、何だか、視界に丸いもの。
このサインの裏あたりに、アボカドの木がたくさん実をつけてます。

地面を少し探してみると、傷1つ無いアボカド発見!!!
わーい。

人生初の経験に、超盛り上がりつつもお弁当を食べ続けると、今度はベンチの後ろ側で、『トン!』と何かが落ちた音が。
見上げると、そこここにアボカドの木&実がなってます。
がんばって探す事10分程。
さらに大きなアボカドを発見。

満足しつつも、このあとキョロキョロして歩き続けました。
坂道を降りている途中に、さらに2個発見。

もっと~、と思っているとなんだか甘酸っぱい香りが空気中に漂ってます。



グァバでした。
このあとは、グァバ、グァバ、グァバ。
色が目立つ事もあって、アボカドよりも目に入りやすく、頑張らなくてもそこらにコロコロしてるので、きれいなのを選んでもって帰りました。

お弁当が無くなって、帰りは軽くなっているはずのバックパックにも入りきらず、ズボンのポッケに押し込みます。



アボカドは、パンに塗ってトースト、グァカモレ、w/そうめんつゆ、などなど、いろいろ楽しんでいただきました。

でもってですね、グァバ初体験。
どうやって食べたら良いかイマイチよく分かりませんでした。
というか、スーっぱかったです。
とりあえず、ヨーグルトに入れて食べてみましたが、なんか想像と違ってしまいました。

早すぎたのか?こういう種類なのか?

とかなんとか言いつつも、今まだ半分歩いた所です。

もう少し続きます、マキキヴァレイループ。

アカハラシキチョウ(音声です)/White rumped shama


森の中から、とっても透明感のある小鳥のさえずりが聞こえてきました。

画像が悪くてすいません、もともと鳥さんの姿は写ってません。
気になる方は、うえのタイトルで写真を検索してみてください。
マレーシアなどの南アジア方面からの、外来種だそうです。




ワイキキで見かけることはあんまりないですが、このトレイルを歩いている間、何度かキレイな歌を聴かせてくれました。

目で見て、耳を澄まして。
こういった五感をフルに使ってる感じが、ハイキングの好きな所です。



このトレイルにも、ククイナッツが地面にゴロゴロ。

この泥団子状の実を踏んづけると、中から新鮮なナッツが顔を出します。



前回のマウナウィリで言いましたが、ウ○チのニオイのするオイルが中に入ってます。
黒くて乾燥してしまっているものよりも、新鮮な方がニオイがキョーレツなので、ご興味のある方はぜひどうぞ。




くれぐれも、中のオイルは手で触らないように気をつけてください。
水で洗ったくらいでは取れないので、グループから離れて歩かされます。

聴覚の次は嗅覚でした。

ラウアエ


Post-30後ろを振り返ると、木立の間から遠くにホノルルの町。

ユーカリの林を抜け、左手を岩壁、右手を谷にはさまれながら歩き続けます。
このあたりから、急に足場がぬかるんで歩きにくくなってきました。




手頃な棒切れを杖代わりにして、そろりそろりと歩きます。

案の定、ここで雨が降ってきました。
霧のように細かい雨で、5分程でやみましたが、レインコートなどを持ってきた方が良いトレイルかもしれませんね。

もしかしたら、この雨のおかげで今頃ワイキキ側から見ると、マキキの山にキレイな虹がかかっているかもしれませんね。



谷側には、雨のしずくを受けてラウアエ / Lauae fern の葉の緑が濃く見えます。

このシダの葉、外来種らしいのですが、世話がしやすいらしくワイキキの町中でもよく見かけます。

葉を折るといい香りがするということを、ロイヤルハワイアンショッピングセンターの無料レイレッスンの時に、先生が教えてくださいました。



こういった木や自然を見る時が、自分の無知さと、写真の下手さが悔やまれる瞬間です。

植物図鑑買おうかな。。。




ああ、ぜひぜひ実物見て欲しいです。
表現力が無くてすいません。この木もね、ホント~に大きいんです。

横に、1円玉置いて、写真撮れば良かったですかね。


半時計回り


Post-28トレイルの左手にタロについての説明が書かれたサインがあります。
こんなにいっぱいアルファベットが並んでたら頭が痛くなるので、絵だけをさらっと見て、スルーしてしまいました。



2本の大きな木の間を通り抜けると、ループの始まりです。



このサインに書かれている通り、実は3つのトレイルが交差して、それをマキキループと呼んでいます。

マウナラハ トレイル / Maunalaha trail
マキキヴァレイ トレイル / Makiki valley trail
カネアロレ トレイル / Kanealole trail

合計で2.5マイル(4km)とサインにはありますが、ウェブページには2.1マイルと書いてました、まあ、どっちでもいいですかね。

今日はマウナラハ トレイル側から、半時計回りスタートです。
と言う事で右に進みます。

マキキヴァレイトレイルと交差する次の分岐まで一本道なので、迷わず安心。



落石注意の看板を見ながら、道なりにクルっと左折します。



こんな岩が落ちてきたら注意しててもケガするねん、と突っ込みを入れつつ足早に通り過ぎたいところです。
が、ブログのために立ち止まって写真を撮ってみたりして。

このへんからはもうユーカリ(ユーカリプタス) /Eucalyptus の香りで肺の中がいっぱいになります。


しばらくは、ずーっとこの香りをかいで歩き続けるので、なんだか体中のバイ菌がいなくなってく気がします。
気のせいでしょうけどね。。。



足場が岩や木の根っこでゴツゴツしてくるので、気をつけながら歩きます。
ここは、少し日が射すので、どうしても日焼けが気になる人は帽子やサンスクリーンなどどうぞ。

私の横で、配偶者は葉っぱを少しちぎって、モミモミしてから首筋や足の裏にこすりつけてます。
体臭、気になるお年頃なんですね。