淡路の駅から電車に乗って、南方へ。

ここで御堂筋線に乗り換えなのですが、ホームが2つありどっちへ行けば本町なのか3分ほど地図を見ながら迷ったそうです。

(西中島南方の改札の方、お世話になりました~)



本町に着いたらとりあえずどこでもいいから地上に出るように言っておきました。

第一回目の『HELP!』コールは、スターバックスから。



余談ですが私、日本で働いてた時の本社ビルがこのスタバのすぐ横にありました。

なので、このスタバができた頃から何度も通ってるんですが、5年も見てないと(当たり前ですが)内装も変わってるもんですね~。



CASIOのこのビル、一番下がTOTOのショールーム(?)で、うちの配偶者はエレベーターの場所が分からず、この中のお姉さんに助けていただきました。

しかもこの方、英語がお上手だったそうで。

(TOTOの方~ありがとうございます)



CASIOの方とは、日本へ行く前から何度か修理内容のメールのやりとり済み。
(その内容もプリントアウトして持って行ってもらってました)
それにかさねて、当日に「日本語しゃべれないんで、携帯持ってますから、私が係の方と話します」とあらかじめ電話を入れていました。

そんな私の杞憂をよそに、うちの配偶者がCASIOの受付に着いてからは、CASIOの方がラップトップを用意して下さりYahooの翻訳機能で会話もしていただいたそうです。

(CASIOのみなさん、お手数お掛けしました。ありがとうございます~)



結局すぐに治る修理では無かったのですが、購入後1年たっていないので無料で修理の上配送もしていただきました。

アメリカのアマゾンで買ったのですが、そういうのも関係なく無料修理なんて、 さすがのニホン企業CASIOです。



無事に修理依頼も終わり、肩の荷が下りたうちの配偶者はちょっと冒険を。

ここは、心斎橋筋の長堀ですかね。

なつかし~。

若かりし頃は、大丸や高島屋で働いてました、ワタクシ。



さらにグイグイ南下。

この日は雨がザーザーだったのですが、傘をささなくていいアーケードの商店街っていうものに感動していたうちの配偶者です。

そういえば、こういうのアメリカにはなさそうですかね?



さらにさらに、イキオイに乗ってうどん屋さん(本人談)に入ってお昼ごはん。



ここがこの旅の中では本人的には大ピンチ(おおげさ. . .) だったそうです。

お客さんは女性の方1人だけ。
メニューを持ってきてくれた男性の方も英語がしゃべれる感じではなさそうで. . .
しかもメニューには写真は無くもちろん日本語のみ。



配偶者がアップアップしてるのを、すぐに感じ取って下さったこの男性。
黙ったままジェスチャーされお店の外に出てみると、そこにはサンプルが飾ってあったそうです。



おいしそ~やんか~。

天ぷら丼とうどんのセット、ですよね。



がんばって、お箸で全部たいらげたそうです。

(これは、いまだにどこのお店か分からないのですが、お店の旦那さん、うちの配偶者が大変お世話になりました~!!!)



というわけで、今回の日本旅行、うちの子が風邪をひいてしまいました。

しかも1ヶ月滞在のうちの、最後の1週間ず~っと。

39度を超える熱が3日続き、病院にも連れて行ったあとに体中に発疹。

突発性発疹だったみたいで、結局ず~っとお家にこもって過ごしました。

私はテレビを見たり本を読んだりして過ごしたり。
(元々会う予定だった)友達が、近所まで来てくれて1~2時間ほどお茶したり。
それなりに1週間は苦ではなかったのですが. . .

日本語もカタコトしか分からないうちの配偶者。
持ってきた雑誌は読み尽くし、たま~にやってる英語の副音声のニュースや映画を見るのもいっぱいいっぱい。

もともと本町のCASIOには時計の修理をするために3人で行くつもりでした。

でもね~、病気のうちの子を連れて行くわけにはいかず。
で、どっちか1人が行けばいいんじゃないかと言うことになったのです。

もしも急に体調がもっと悪くなった時病院へ連れて行ったりするのは、日本語会話のできないうちの配偶者1人ではちょっと難しいわけで. . .

そんなこんなの理由で、私の書いた地図を片手に&ラガールカードを握りしめ、うちの母に借りた携帯電話で時々連絡をとりつつ。

暇つぶしもかねて、本町のCASIOへ時計の修理へ1人で行ってきたうちの配偶者なのでした。

(初めて一人旅をがんばったうちのアメリカ人もさることながら)
たくさんの方に助けていただいたようで、ほんとうに皆さんありがとうございました~!!!