特別な観光の予定はなく、ただただお友達と楽しい時間を過ごしてきました。



4月は大阪も東京も極寒だったので、この暖かさには感謝です。



このビーチ、うちの配偶者が大変かんどーしてました。



こんな奇岩でいっぱいなので、地質学マニアには(というか大学で専攻してたらしい)楽しかったみたいです。



そうそう、種子島と言えば、これですね。



ボード、お友達の旦那さんに貸してもらっちゃいました。



想像はしてたけど、やっぱり普段行きなれているカヌーズの波とは全然違うかったです。



で、種子島サーフィンはどんなかんじやったかというと. . .

1)ビーチブレイクなので、ポイントまでのパドルが超!楽ちん。
  (カヌーズは、アウトに出るまで結構体力いるのです)

2)人が少ないので、みんなまったり仲良くサーフィン。
  (波の取り合いも無ければ、初心者や危険行為をする人もおらず)

3)友達の旦那さんに借りた板が大きくて、すんごく踏み込んでも曲げにくかった。
  (やっぱり自分に合った板って大事ですね)

4)ショートやファンの人もいたくらい、波の崩れるスピードが早くってターンできず。
  (カヌーズは、ほんまにロング向けの波やな~と、改めて実感)

5)フルのウェットスーツを着ていたので、腕が思うように回らず。
  (ビキニのみの時と、パドルのスピード全然違います)


そんなこんで、1時間ちょっと遊んでまともに乗れたのは3本もないかも. . .

あの、あこがれの種子島サーフィン、できるとは思ってなかったのでやっぱりうれしかったです。

種子島のみなさ~ん、おせわになりました。

※サーフィンに興味の無い方、分かりにくい記事ですいません. . . . .