Post-4もう、12時を過ぎてます、もうネムイけど、なんだか使い方が分かってきたので、調子に乗ってもう一回アップします。
ここから入ってスグのところに、再びちょっとしたサインがあります。
このサインを右に入って行くと、そこはもう立派な上り坂。。。
この辺りには、ツエ代わりになるような立派な木が落ちているので見つけたら拾っておきます。このあと、川を渡る時、とっても役に立つのです。
でもでも、生きている木を折ったりすると、バチが当たるような気がするので、落ちてなかったらあきらめます。
帰る時にはまた、ここに木を置いて行きます、次に来た人に使ってもらえるように。

_-
ここを歩いて行くと、こんなかんじで、さきほどと同じハラの木が生い茂っています。
写真には写ってないですが、進行方向左手の下の方には少し舗装された道路が見えます。
これが、帰りの時に見えると、「あ~もう少しで、お家」と言う気分です。
_--
もう少しすると、右手が開けてバナナの木も見えてきます。
このへんにはタロなんかも生えています。
と言うか、バナナもタロも結構あちこちに生えています。
写真がショボくてすいません。
このあたりは空が開けてるので、コオラウもきれいに見えます。
_---
でも、あんな所まで登るわけではないので、これを見て心配しないでくださいね。
「ヒデキのワイキキ」なのに、ワイキキの話題が出なくてすいません。
もうしばらく、マウナウィリ、続けます。