モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年10月

そんなに早口で話しかけられても・・・



ワイアナエの7-ELEVENで水を買って、
一気飲み。

でもって、残りは水筒の中に。
水筒の中には、少しのスポーツ飲料。
スポーツ飲料、かなり薄まってしまいました。
「まっ、いっか!」

店から出てくると、おじちゃんが英語で話しかけてきました。
「いい自転車乗ってるな。」
というようなことを言ってるようなんですが、
早口でわかりません。
「レンタル。」
と一言。
「Are you Japanese?」
「Yes」
「From Tokyo?」
「Kobe、Good by」

そそくさと自転車にまたがり、
さらに南下・・・。

そんなに早口で話しかけられても・・・。

水筒の水を補給しなくては



とりあえずカポレイを目指して
南下しております。

背中に背負ったリュックサックと、
肩からかけた水筒が、
ずっしりと肩に食い込むようになりました。

水筒の中身はもう半分以下なのに。
水筒の水を補給しなくては。

7-ELEVENを探して、水を買うことに。
ワイアナエの7-ELEVENに入店。

自転車から降りるのも一苦労って感じの疲労感。

いっぱいいっぱいで・・・



いっぱいいっぱいでマカハまで帰ってきました。
やはり40分程度かかっていました。

「バスに乗りたい。」
もう一人の私が独り言をいいます。
マカハまで帰ってくれば、
バスはいくらでも走っているのです。

そんな言葉に耳を貸さず、
とりあえずはカポレイ目指して自転車をこいでいました。

この辺の道、かなりの交通量です。
横に歩道部分がかなりあるところが多いのですが、
狭くなっているところもちょくちょく。

やはり上り坂で、逆風に感じてしまうのです。



マカハにむかって自転車をこぎ出しました。

しかし、やはり道は上り坂!
そして、風は向かい風!

私の気持ちが、そう感じるだけなのでしょうか?

一生懸命自転車をこいでいても、汗は出ません。
しかし、のどは渇いてきます。
肩から掛けた水筒、
半分ぐらい無くなりました。

さあ、引き返せ!



さあ、引き返さなければいけません。
今日の目標は、このまま自転車でホノルル市内まで。
最悪でも、空港までの計画です。
6時ごろまでにはと考えていましたから、
あと2時間半。

一生懸命自転車をこぎ出しました。
マカハからヨコハマベイまで、
上り坂で逆風に感じていましたから、
今度は
「追い風で下り坂!」

しかし・・・。

振り返ると・・・



振り返ると、
青い海と青い空と
そして、山々。

ただオアフ島の山々は、
本当に険しく感じます。
緑をよせつけない・・・・。

出発点のマカハは、
見えているのでしょうか?