モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年9月

これ以上進めません。



ついにやってきました、
自転車で進むことのできる
カエナポイントに一番近い場所。

地図上では、マカハビーチから5.2マイル。
8キロちょっと。

45分ぐらいかかってしまいました。
午後3時20分ごろでした。

こんな碑にも目もくれず・・・



どのくらい走ったのでしょう、
いや、どのくらいこいだのでしょう
という感じになってきたのです。

30分ぐらい一生懸命自転車をこいでいました。

こんな碑が見えてきました。
「なんなのかなあ?」
と考える余裕もなく、
とりあえずシャッターを押す。

でも、もうカエナポイントはと〜くに見えています。

日本に帰って調べてみると、
もうここはヨコハマベイの入り口のようでした

やはり少し怖かったです。



ヨコハマベイを目指して、
自転車をこぎ始めました。

しかし、なかなか前に進みません。
感じる風はすべて向かい風。
そして、道はすべて登り坂に感じてしまうのです。

そして、ビーチわきの雑木林の中には、
住宅化したテントが無数に。
「治安が悪いから・・・。」
というお話は聞いていましたが、
やはり少し怖かったです。

そして、山側を見ると、
そこには軍事施設?

こんなところでタイヤがパンクしたら?

ヨコハマベイを目指して・・



マカハから、ヨコハマベイの先の、
未舗装地点までは、
地図の上では5.2マイル。

「40分程度でつくだろう。」
と甘い考えで、自転車をこぎ出しました。

しかし、何が何が・・・。

遠くを見ると、
「目的地はあそこ」
とい感じなのですが、
なかなか・・・。
自転車をこいでもこいでも、
近づいてこないので。

すぐそこのビーチは美しい白浜のビーチ。
しかし、その中に入ろうなんて気には一切なりませんでした。

マカハに到着



やっとマカハに到着。

マカハていうバス停はありません。
どこで降りればいいのか?
悩んでいるうちに、
バスはまたカポレイのほうに向かい出しました。

あわててひもを引っ張り・・・。
そして、あたふたしながら自転車をラックからおろしたのです。

その時、14時40分。
予定時間は14時18分ですから、
20分以上の遅れです。

さあ、カエナポイント方面に、
自転車で出発です。

バスの長旅、疲れます。



TheBusのカントリーエクスプレスCは、
ホノルル市内を回って、
それから高速H1に乗ります。

高速H1をガンガン飛ばして、カポレイヘ。
カポレイの街は、きれいなショッピングストアーがズラリ。
すごい速度で開発中?

カポレイから、93号をゆっくりゆっくり。

バスの運転手さん、
顔見知りが多いのか、
お客さんとほんとに話し込んでいます。

「早く行ってくれないかな〜。」
時間を気にしなが運転手さんを眺めていました。

緊張しながら・・・



ホテルに荷物をおいて、
身支度。

そして、自転車を借りに、チェイス・ハワイ・レンタルへ。
3日間41ドルでマウンテンバイクをレンタル。

さっそうと飛び乗り、
アラモアナショッピングセンターのバス停へ。

TheBusのカントリーエクスプレスC12:30発 に乗って、
マカハビーチまで2時間弱のバスの旅です。

初めてTheBusに自転車を載せました。
きんちょ〜!
なんせ初めてのことなので・・・。
いろんなところで予習したのですが、
実際やってみると要領を得ず・・・。

久しぶりにタクシー



飛行機を降りたら、
さっさっさっ〜。

今回はレンタカーではありません。
久しぶりに空港からタクシーに乗りました。

タクシーに乗るのは緊張します。
いったいどこ走るのだろって。

空港からヒルトンまでチップ込みで45ドル。

あっという間にホテルにチェックイン。
まだ11時です。

もう1枚のキャンバス



モーハワイの編集部には、
もう1枚、まだ何も描かれていないキャンバスが。

「編集長の3作目用ですか?」
編集長用としては、少し小さい感じ。

すると、ユースケZが、
「いや、自分が描こうと思っているんですが・・・。
 どうもセンスがなくて・・・。」

「編集長ってなんでもできますからね。
 ほんとすごいですよね。」
と横から名犬ゆかさんが。

さあ、ユースケZ、
何を描く?

2階席は狭いですか?



今回のハワイは、一人旅です。

息子も娘も、そして妻も、
「一人で行っておいで。」
と快く?送り出していただきました。

8月11日、水曜日、
夕方6時まで仕事をして、
「じゃあ、お先に・・・」

車に飛び乗り、高速道路に入ったのですが、
東に行くところを、なんと西に行ってしまうという大失態。
またまた、高速道路は、
予想に反して、かなりの渋滞。
焦りまくりました。

関西国際空港に着いたのは8時15分。
9時半の出発ですから、あと1時間ちょっと。
重いスーツケースを抱えて階段を上り、
はあはあ言いながらJALにチェックイン。
地上職員の方ににっこりされました。

出国手続きなどして、一息ついたら、
すぐに機上の人に。

座席は、ここのところ恒例の2階席窓側。
隣のご夫婦らしき方、
「2階は狭いな〜。」
そうかな〜?
私は2階のほうが好きなんだけれども。

食事して、ビール飲んだら、今日の疲れがどっと出てきて、
夢の中に。

目が覚めたら、オアフ上空でした。