月別アーカイブ: 2004年8月

2004 / 08 / 17  ハワイ島カミガキストア































明日に向かって食え!で、ハワイ島のカミガキ・マーケットのスパムむすびを紹介してから、カミガキさんを訪れる日本人観光客が増えた。それでカミガキさんも喜んでるという連絡がありました。連絡をくれたのはUCC農園の三木さんです。ほう、では次回、ハワイ島へ行ったら、ぜひ、カミガキさんにあわせてください。
と言ってたら実現してしまったりして。左がカミガキストアの女あるじさま、日系人です。もう80歳を越えてるというのにお元気です。日本語は話せます。右は三木さん。インタビューにつきあってくださいました。

いやしかし、80歳を越えてらっしゃるということは、大東亜戦争を若いときに体験してはるってことです。これはぜひお話をお伺いしたい!編集長は鼻息が荒くなっていたのでありました。
お話は、カミガキマーケットの生い立ちから始まりました。最初はコナ・コーヒーを売るお店だったそうです。正確には、ローストして売る店ですね。
もうお亡なりになられてるおじいちゃんの写真。いつも持ってはるんですなあ。で、このおじいちゃんさまの手腕がよくて、カミガキマーケットは食品を扱うお店へと変身していきます。ここで、あのスパムむすびが登場するに違いありません。成功の影にスパムむすびあり!?
おばあちゃん「スパムむすびを売り始めたのは最近よ」


がっくしきて無言になる三木さんであった(涙)

通りの向かいにある、創業当時のお店を教えてもらったところで、編集長はずーっと聞きたかったことを質問してみたのでした。大東亜戦争の時のことですが……

おばあちゃん「戦争ね。戦争のことなら●●さんが詳しいよ。今度、聞いてみるといいよ」

……そ、そうですか(嗚咽)
やっぱり触れたくない歴史なのでしょうか? それとも、ただめんどくさくて話したくないだけなのでしょうか? それとも、コナの町では忘れてしまえるほど他人事やったのでしょうか?(そんなわけないと思うけど)

とにかく、カミガキマーケットのスパムむすびは美味いのです。レジ横にあります(なんのこっちゃ)