月別アーカイブ: 2003年6月

2003 / 06 / 07  ほんもののタンタラスの丘からの夜景

















やってるはやってるにキャンセルが相次ぎ(お子様の発熱ほか理由はいろいろで。ひょっとしてモーハワイをキライになったのか? 涙) 更新が滞っておりました。そんなところに栃木からお越しの4人組に「なんでもいいから出してくれ」と強烈なプッシュ(というか脅迫)をいただいてしまいました。で、行き当たりばったりでスタートすることにいたしました。写真は「外づら4人組」
女だけでいけないところへ行こう、ということで危険な場所へ行ってみることに。写真には写っていませんが、カメハメ・クニちゃんもボディガードとしてついてきてくれました。で、まずはタンタラスの丘の展望台へ行ってみました。普通夜はゲートがしまっているのですが、なぜか開いていたのです。看板を見ると7時45分まで開けてると書いてあります。おお、これはラッキー。
おお、知ってる人は知ってるんですなあ。地元の人たちが、芝生の上に座って夕闇に包まれるワイキキの街の風景を堪能してはりました。これは超穴場です。暗くてピンボケ気味ですがお許しくださいまし。
ちなみに、一般的に「タンタラスの丘夜景ツアー」で行く場所は道路の路肩なので見えるのはワイキキの夜景だけです。ここからだとパールシティからEWA方面までの夜景も見渡せるので270度パノラマを楽しめます。いやしかし、これはすごい。では、サービスショットを2枚。上はダイヤモンドヘッドも写ってるでのワイキキ方面。下は空港からパールシティ、EWA方面です。





そして、書かねばならぬのはこれ。19:45になるとサイレンと警笛を鳴らしたトラックがやってきて、夜景を楽しんでいる人たちを蹴散らします。これは、なかなか非日常的。ちゅうか、外づら4人組さん、やってるはやってるじゃなくてごめんなさい。クニちゃんも写真なしでごめんなさい。夜景がキレイやったから、まあいいや。

2003 / 06 / 04  イルカの宿、オープン




























ハワイ島のマサシさんから連絡がありました。

「イルカ合宿用に家を借りちゃったよ」

あまりにも「すごい」を連発しはるので、さっそく見にいきました。と、なんと、イルカの海の目の前です。

「家っていってもオハナなんだけどね」

オハナというのは、いわば「離れ」みたいなものです。
オハナとはいえ、このロケーション。ちなみに夕方だったのでちょっと曇った感じの写真ですが(コナ方面は夕方曇りがちです)、朝はピーカンで真っ青な海が広がります。ここを宿にするということは、目覚めたらイルカってことです。素晴らしすぎます(興奮)
宿の中です。キッチンもあります。まあ、でもせっかく外にスペースがあるから……
今度から波打ち際でBBQでもしようかなあ。こんなに波打ち際なのに公共の場ではないので、ビールも飲めてしまいます。ああ、楽しみ。
「すごいやろ」

得意げなマサシさん。うーむ、確かにすごい。

「オープン記念にさ、視聴者プレゼントしちゃおうか。1組さま4泊で。いや、こんなところに4泊もする人いるかなあ」

うーむ、どうでしょうねえ。というわけで、興味のある方はメールください。必ず題名に「イルカの宿宿泊希望」と書いてくださいませ。
シャワーもあるで。

ジャー(シャワーの音)
「すごいとこ借りちゃったよ。どうしようオレ」
どうしようって言われてもなあ。いやしかし、このロケーションほんまにすごいです。マサシさんがすごいってのを連発するのがわかりましたです。

2003 / 06 / 01  TUBEライブにダイスケくん出演


























編集長がやってるバンドのウクレレ担当ダイスケくんから電話がありました。

「オレさ、今日、TUBEのバックでウクレレ弾くんだよ。見にくる?」

なんやと? そんなハレの舞台なら見にいかねばなりません。が、会場であるモアナサーフへついたらすごい人でした(涙・編集長は人ごみが苦手)
ステージ裏で待機するダイスケくんを発見。電話をすると、最後の数曲に参加するとのこと。なんでやの?

「オレ、昔ウクレレ屋さんで働いてたことがあってさ、そのときにちょっと」

いやしかし、なんか報道規制ひかれてるみたいやから写真撮ったらあかんのちゃう?

「じゃあ、オレだけ写して」

あ、それ、おもしろい。
ダイスケくんに引率されてステージ裏へ。え?こんなに簡単に入ってええの? あとから叱られるのイヤやで、とかいいながら、クニちゃんとシンヤくん(2人とも一緒にやってるバンド仲間です)と共にどかどかと入っていったりして。ちなみに、クニちゃんは、ダイスケくんにお願いされて、TUBEと一緒に演奏してるダイスケくんの姿を撮影してあげるんだそうです。
いつになく、緊張気味のダイスケくん。

「ドキドキしてきた〜」

TUBEはドラムなしのアコースティックな感じのセッティングで演奏してはりました。5曲ほどやって、いよいよダイスケくんの出番です。
というわけで、TUBEのバックでウクレレを演奏するダイスケくんの雄姿です。遠かったので、ピンボケしててすいません。この写真でいうと、ダイスケくんの左に前田が立っていました。右にジェイク。想像で許してくださいまし。
「すんごく緊張した」

ちゅうかさ、このレポート、ダイスケくんしか写ってないぜ。まあ、おもろいからええけど。