モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2015年4月

Volcano House ⑥ ホテル内のレストランでディナーを


P1280876-001




















この日のディナーは『Volcano House』内のレストランで
ディナーは予約が必要と言うことで、朝のうちに予約をしておきました。
店内はとても広く『ハレマウマウ・クレーター』に面して一面ガラス張りになっていて
案内されたお席はまさにそのガラス窓の直ぐ横、火口を望む特等席でした。

続きはこちら

 

 

夜の「Thomas A. Jagger Museum」はもうとにかくビックリ、大変でした


P1280865-001




















この日のディナーはアコモ内のレストランを予約してあったのですが
予約時間まで1時間弱あるので原則夜間は運転をしないハイチュウ家ですが
『Thomas A. Jagger Museum』までなら国立公園内で一本道
ぜひとも夜の『ハレマウマウ・クレーター』を間近で見てみたいと出かけることに
ところがこれが出かけてみてただただビックリだったのです。

続きはこちら

 

 

Volcano House ⑤ ガイドさんの案内で美しいサンセットを堪能


P1280823





















無料のレンタサイクルで『ボルケーノ国立公園』内を堪能
アコモへ戻って一息ついた後はもう1つのお楽しみ
夕方5時から行われる『Nightly Walking Tours with guide』に参加です。

続きはこちら

 

 

レンタサイクルで周る「Volcano National Park」 ⑤ 大渋滞の「Thurston Lava Tube (Nafuku)」


P1280758-001





















高低差の大きな道にぜいぜいと息が上がりながらも
なんとか自転車で『Thurston Lava Tube (Nafuku)』へやって来ました。
こちらには駐輪場はないため路肩に自転車を停め溶岩洞窟を目指します。

続きはこちら

 

 

レンタサイクルで周る「Volcano National Park」 ④ こんな場所があったとは


P1280735-001





















『Volcano House』の宿泊者向けの無料サービスで
自転車を借り『Volcano National Park』内を周ります。
最初に向かった『Thomas A. Jagger Museum』からアコモまで戻り
今度は同じ『Crater Rim Trail』を反対方向へ向かうことに
目指すは『Thurston Lava Tube (Nafuku)』です。

続きはこちら

 

 

レンタサイクルで周る「Volcano National Park」 ③ 帰路は景色が変ってこれまた楽しい


P1280710-001





















『Thomas A. Jagger Museum』を後にして一旦『Volcano House』へ戻ります。
向きが変ると目にする景色が変ってさらに興味と興奮が尽きません。
雲一つない『マウナ・ケア』
写真では分かり難いのですが、肉眼では山頂の天文台群までくっきりと確認できました。

続きはこちら

 

 

レンタサイクルで周る「Volcano National Park」 ② 昼間の「Thomas A. Jagger Museum」


P1280665-001





















『Volcano House』から自転車でゆっくりと1時間程掛かったでしょうか
『Thomas A. Jagger Museum』に到着です。

続きはこちら

 

 

レンタサイクルで周る「Volcano National Park」 ① 車では味わえない充実感


P1280633-001





















『Volcano House』滞在者向けのサービスで
なんと嬉しいことに無料で自転車を借りることが出来たハイチュウ家
さらに変わりやすい山のお天気にも関わらずこの日は最高の青空に恵まれ
いざ『Volcano National Park』を自転車で周るチャレンジに出発です。

続きはこちら

 

 

Volcano House ④ 宿泊者向けの魅力的なサービスが色々と


P1280631-001





















今回から昨秋のハワイ島ヒロ滞在のお話に戻って
さて初めての憧れの『Volcano House』での滞在
国立公園内のトレイルはぜひとも歩きたい、そんな希望はあったものの
特に具体的な予定もなく真っ暗な夜道を雨の中到着したのですが
チェックインの際に鍵と一緒に滞在の手引きとして渡された紙に
事前には把握していなかった宿泊客のためのサービスがいくつか書かれていました。

続きはこちら

 

 

春の京都お花見旅 ⑰ 最後の最後まで名残惜しく


P1310185-001





















ランチを終えて夕方の新幹線まで再びホテルの周辺を散策です。
と言うのも、午前中に訪れた高台寺の拝観券に併設の
「掌(しょう)美術館」のチケットが付いていたのですが時間がなくて
仕切り直しで今度こそと無事に訪れることが出来ました。

続きはこちら