モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2013年6月

久々の銀座でお買い物&ディナーで大満足


P1220864


 

輪島の漆芸家、若宮隆志さんの作品展が開かれていたので
昨日は日本橋高島屋へお出かけして来ました。

今回は竹工芸家、田辺小竹さんとのコラボ
アメリカ人、ジョー&エツコ・プライスご夫妻が所有されている
江戸時代の日本画家「伊藤若沖」の作品をテーマに
創作された作品の数々が展示、販売されていました。

と言っても、ハイチュウ家になどとても手の出せるものではなく
若宮さんにご挨拶をして目の保養をさせていただいて
それだけで十分に楽しませていただきました。

その後、銀座に移動して
前日の金曜日から夏のセールがほぼ一斉に開催されている中
あまりにも色々なお店があって
もう何処へ入っていいかも分からないほど(涙)

人の多さに疲れてもう別にいいや・・・と思い始めた頃
『BANANA REPUBLIC』が目に留まり吸い寄せられるように
「ハワイで買うよりずい分高い」などと文句を言いながらも
結局3点もお買い上げしてしまいました。(笑)

その後、tonoがランチで立ち寄ったお店のエビフライが
とても大きくて美味しかったと言う話に、ではそこへと

お店の外観も店内も撮り損ない、名前も覚えて来なかった言う失態の中
銀座のほぼ真中辺り、人気のお店が軒を連ねる一画の裏手
そこだけ時代に取り残されたようなレトロな大衆酒場で
いつもの通りあれもこれもそれも(笑)

まずはお通しの「マグロの煮付け」

 

SN3J0373


 

「カツオの刺身」

 

SN3J0375


 

「ゴボウの唐揚げ」

 

SN3J0377


 

「新ジャガの唐揚げ」

 

SN3J0376


 

大きな「エビフライ」

 

SN3J0378


 

「アスパラのフライ」

 

SN3J0379


 

「イカのぬた」

 

SN3J0380


 

「川エビの唐揚げ」

 

SN3J0381


 

2階にもお席があったようですが
1階は小さなカウンターとテーブル席は8名程が座れるものが5つ
なので次々にお客さんが訪れ、ほぼ全部のお客さんが相席状態

スタッフは年季の入った女性の方々が中心で愛想の程は???
でも要らぬお世辞を言わないだけで決して嫌な雰囲気ではなく

何よりも銀座なのに、いずれもが安くて美味しくてビックリ
特に大好きなエビフライが大きくて衣が薄くてプリプリのエビが美味しくて
築地が近いからでしょうか素材の鮮度はよく、使われている油の鮮度もよく
これだけ揚げ物を食べたにも関わらず胃もたれもなく

銀座でこんな庶民的で美味しくてお値打ちなディナーが出来るとは
このお店を見つけたtonoに「上出来!」とご機嫌で帰ったのでした。

 

 

 

過去の記事や写真が表示されないなど
モーハワイ・ブログで不安定な状態が続いています。
一日も早い復活を願いつつ、現在こちらでカウアイ島のお話を続けています。
もう1つの「HAWAII on my mind~カウアイ島に恋して」

 

 

 

 

Vice Inferno’s Brewery


P1220501


 

もうすっかり名前は忘れてしまったのですが
何度も通ったことがあるワード・センターの2階にあった
地ビールのお店が閉店して以来そのままだった?場所に
新しくピザと地ビールのレストランがオープンしたと言う情報が

 

P1220503


 

地元ファーマーズ・マーケットで人気のピザ店「インフェルノズ」と
ナイトクラブの「ヴァイス」、地ビールの「ハワイアン・アイランド・
ブリューイング」の3つがコラボしたお店と言うことで
心躍らせてランチに出かけたのですが

もう最初に結論を言ってしまうと
期待したほどではありませんでした。

地ビールは個性あるお味でまずまずでしたが
「Diamond Head Gold」と「Kona Coffee」

 

P1220509


 

まさかコーヒー風味とまではいきませんが
それをイメージさせる深く濃い味わいでした。

ピザの方は味はまあ普通、悪くはないのですが特には

 

P1220511


 

お皿ではなくプラスチックのトレイが使われていたのが、う~ん

何よりも内装やテーブル、椅子などが全体が安っぽい印象で

 

P1220506


 

ランチでならまだしもディナーで訪れる気には・・・
金、土曜日の夜はクラブに変身するようなので
若い方々には人気があるのかもしれませんが
残念ながら、ハイチュウ家には不向きなお店でした。

 

 

モーハワイ・ブログは不安定な状態が続き
過去の記事が修復され、正常に動くようになるまで
残念ながらまだまだ時間が掛かりそうです。

元々旅のメモなどを取ることはなく
すでに記事のUPが終わっていない昨年のカウアイ島と
今年の出来事が頭の中で混同されつつあるなど
このままだとどんどん記憶が薄れて行き
訳が分からなくなってしまいそうなので(涙)
しばらくの間はこちらでカウアイ島のお話を続けることにしました。

もう1つの「HAWAII on my mind~カウアイ島に恋して」

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

お天気次第でこんなに違う眺めに


P1220545


 

モーハワイ・ブログが不安定な状態が続いているため
現在カウアイ島のお話は中断しています。
また過去の記事が乱れて正常に見られない状況が続き
検索などがままならない状態にあり誠に申し訳ありません。

 

年々オアフ島での滞在が短くなり今回の滞在は4泊
滞在中、朝は雲が多いながらも徐々に青空が広がる
そんなお天気の毎日でした。

青空かどうかでこんなにも違って見えるラナイからの眺め

 

P1220544


 

P1220574


 

そんな中、朝のお散歩へ

 

P1220561


 

少しずつ雲が消え青空が広がってきました。

 

P1220550


 

ジャカランダはまさに名残の貴重な花が

 

P1220555


 

ワイキキを少し離れた場所でジャカランダの花が
見事に咲く場所、しかも長い期間、を教えていただいたのですが
今年は残念ながら見に行くことができなかったので
来年は絶対に行ってみたいと今から思っています。

 

 
ハワイアン航空の受託荷物の手数料の2重請求の件ですが
クレジットカードの方に返金が行われました。
迅速な対応にあらためて感謝の気持ちでいっぱいです。

ただ、引き落とされた際と返金された際の為替に
なんと8円程の差があり250円程の損失となりました。(涙)
$34だったのでこの程度の損失で済んで本当によかったです。

 

 

 

Doraku Sushi


P1220519


 

モーハワイ・ブログが不安定な状態が続いているため
現在カウアイ島のお話は中断しています。
また過去の記事が乱れて正常に見られない状況が続き
検索などがままならない状態にあり誠に申し訳ありません。

 

オアフ島へ到着したこの日は
今回偶然に滞在が重なったお友だちと一緒にディナーへ

お互いに食べることが大好き、新しいレストランに興味津々
「何処へ行く?」と散々迷ったのですが
お友だちからの「ロイヤル・ハワイアンにある
『Doraku Sushi』の新しいお店が出来たからどう?」と言う提案で
カカアコエリアと言ってもワード地区の山側
カピオラニ通りに新しく出来たお店へ行ってみました。

 

P1220524


 

場所柄、お客さんはほぼローカルの方々
スタッフの方も基本的には日本語は通じないようでした。

ワインでお寿司も悪くないな・・・と白ワインを、tonoはビール

 
P1220522P1220523

 

まずは「刺身の盛り合わせ」

 

P1220526


 

その後、巻物を3種類

「New Style Doraku Roll」
これが他では食べたことのない感じで一番美味しく

 

P1220528


 

「Spicy Lobster Roll」
ロブスターを巻いたものを揚げたもの

 

P1220530


 

「Volcano Roll」
こちらはカリフォルニアロールにたっぷりのトビコ

 

P1220533


 

お友だちとおしゃべりに花を咲かせて楽しい時間を過ごし
いずれも新鮮で美味しかったのですが
すご~く突出してお勧め、と言うほどではないかもと言う印象でした。

ハイチュウ家としては食べた量が少ないのは
実はこちらの後、すぐお隣の「Bluetree」と言うカフェに
立ち寄る予定だったのですが

 

P1220535


 

なんとまだ営業時間内だったと思うのですが
この日はもう鍵が閉められ「閉店しました」と断られてしまって(涙)

まだまだおしゃべりに満足をしていなかったので
ヒルトン村まで戻ってスタバへと思ったのですが
これまた早々に閉店時間を迎えていたので
結局ラパーツでコーヒーを買って楽しい時間はさらに続いたのでした。(笑)

 

 

 

 

こんな身近にハワイの在来種のゴイサギが


P1220516


 

モーハワイ・ブログが不安定な状態が続いているため
現在カウアイ島のお話は中断しています。
また過去の記事が乱れて正常に見られない状況が続き
検索などがままならない状態にあり誠に申し訳ありません。

 

ハワイ在来種のゴイサギ、ハワイ名は「Aukuu」です。
日本でもその姿を見ることが出来るゴイサギ
ハワイ固有種ではなく、自然にハワイへ飛来して住み着き
現在はハワイ6島全てに生息しているそうで
渡りをしないハワイ在来の陸鳥としては
ハワイ固有種でない数少ない鳥のひとつだそうです。

撮影場所はヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジ内

 

P1220517


 

これまで何度もラグーンでその姿を見かけたことがあったのですが
いざ写真を撮ろうと近づくと一定の距離を保つように逃げてしまって
何度チャレンジしても上手く写真を撮ることが出来なかったのですが
今回は「えっこんな所に!」と言う人も車も多い場所で
しかも直ぐ側にずっと佇んで逃げる気配もなく
おかげでしっかりとその姿を捉えることが出来ました。

こちらは日を改めて、同じくヒルトン村内で

 

P1220687


 

やはりとても賑やかな「まさか~!」な場所
周辺にいらした皆さまに「ここに貴重な鳥が・・・」
な~んてお伝えしたいほどでした。(笑)

このゴイサギを最初に間近で見たのはカウアイ島のアコモ
毎朝同じ場所へハンティング来る姿が印象的でした。

現在はその記事を読むことが出来ないと言う
悲しい状態が続き残念でなりません。(涙)

 

 

ラナイからの眺め、突然花火が!


P1220644


 

モーハワイ・ブログが不安定な状態が続いているため
現在カウアイ島のお話は中断しています。
また過去の記事が乱れて正常に見られない状況が続き
検索などがままならない状態にあり誠に申し訳ありません。

 

オアフ島へ移動して2日目の夜
アコモの近くで早めの食事を済ませて
部屋へ戻ってぼ~っ、ウトウトとしていたその時
戸外から突然大きな音が聞こえてきました。

えっ、もしかして花火?

でも金曜日じゃないけどヒルトンのなの?

慌ててラナイに出てみるとワイキキ中心部方面に花火が
最初は夢中になってシャッターを切っていたのですが
ヒルトンの花火程度ですぐ終わるものと思っていたら
予想外に沢山の花火が15分間途切れることなく

 

P1220653


P1220651


P1220656


P1220661


P1220664


P1220671


 

後で調べてみると、6月4日のこの日は毎年1万発の花火が
ピンクパレス正面付近の海上で打ち上げられているそうです。

何でも出資しているのは日本の企業だとか
日本の花火大会で打ち上げられる花火に比べれば
変った種類のものは少なく昔ながらの
慣れ親しんだ形のものがほとんどでしたが
それでも1万発が短時間で打ち上げられた光景は
圧巻の見ごたえのあるものでした。

終了後、自然発生的に色々な所で拍手が起こったほど
しかも今回のお部屋は高層階の海を望むお部屋
ラナイのほぼ真正面、間近に上る花火は最高!
でも事前に分かっていたらビールなどを準備して
もっとご機嫌な気分が味わえたのに・・・と

今回偶然滞在が重なったお友だちは低層階のお部屋だったで
「レインボータワーが邪魔で半分しか見えなかったの
事前に分かっていたらお部屋に押しかけたのに・・・」と
本当に事前に分かっていたらこの眺めを一緒に楽しめたのに
このことだけがとても残念なワイキキの花火でした。

 

 

さてハワイアン航空のクレジット2重請求の件ですが
なんと本社の方で確認が取れたと言うことで
返金されるとのご連絡をいただきました。

10日程で迅速に対応、途中経過を含め
何度もご連絡下さった日本オフィスのMさんに心より感謝

「大丈夫だとは思いますがもし返金が行われないようでしたら
再度自分の方までご連絡下さい」とのこと

誠意ある対応の素晴らしい方に出会えて本当にラッキーでした。

 

 

 

ラナイからの眺め


P1220574


 

モーハワイ・ブログが不安定な状態が続いているため
現在カウアイ島のお話は中断しています。
また過去の記事が乱れて正常に見られない状況が続き
検索などがままならない状態にあり誠に申し訳ありません。

 

今回のオアフ島での滞在は
高層階、海とダイヤモンドヘッドを望む
ナイスビューなお部屋でした。

 

P1220576
P1220484


 

ずっと網が張られていたレインボータワーの壁画は
タイルの張替えが始まったようです。

 

P1220482


 

こんな素敵な眺めのお部屋に泊まれる機会が
またあると嬉しいですね。

 

 

さてハワイアン航空の受託手数料で
2重にクレジットの請求が来ている件ですが
日本のオフィスにご連絡して1週間が過ぎ
その後、何の連絡もないな・・・と思っていたのですが
今日留守電にメッセージが入っていました。

「お待たせして申し訳ありません
今本社の方での調査の結果を待っているところです。
分かり次第またご連絡いたします。」と

他の方のお話ではハワイアン航空に電話した際の対応に
これってどうなの・・・???、と言う経験をされたとのことですが
どうもハイチュウ家は担当者の方の当りがとてもよかったようで
至極まともな誠意のある対応していただいています。

こんなこと1つでもその会社に対するイメージに大きく影響するのだと
今更のように実感し、心地よい気分になっています。

 

 

まさかこんなに早くハワイへ戻るとは


P1220831


 

モーハワイ・ブログが不安定な状態が続いているため
現在カウアイ島のお話は中断しています。
また過去の記事が乱れて正常に見られない状況が続き
検索などがままならない状態にあり誠に申し訳ありません。

 

今回のハワイのお話、往きの飛行機の次は
いっきに飛んでいきなり帰りの飛行機でのお話を
帰路もUAですから、朝早い便です。

6時に起きて軽く朝食を取って
最後のパッキンにを終えていざホノルル空港へ
無事にチェックインを終えてラウンジへ
いつもなら帰国の際の朝のラウンジでは
軽く飲み物を口にする程度なのですが
この時は何か予感があったのか珍しくペストリーを1つ
実はこのことが後に「本当によかった~!」と思い知るのですが・・・

その後、何事もなく定刻に離陸
機長から「成田到着は30分程早まる予定」との案内に喜んで
離陸後30分程で飲み物のサービスが始まろうとした時
急に機内がざわつき、CAさんがバタバタと後方へ

「えっ何?何?」と思っていたら
「急患の方が出たのでお医者さまはいらっしゃいませんか?」と放送が
でも残念なことに申し出る方がいらっしゃらなかったようで
その後もCAさんがバタバタと枕や毛布を運んだり
もちろんその間、飲み物や食事など他のサービスは全てストップ

どなたがどんな様子なのかは分からず「大丈夫なのかな・・・」とtonoと
「もしかしたら戻るかもしれないね」と話していたら
上昇していたはずの飛行機がどうも下降を始めたような気が
やがて大きく傾き旋回を始めたことが身体で感じられ
もう明らかに戻る体制になったと感じてから暫くして
「この飛行機は急患の方が出たので1時間程かけて戻ります」との案内が

その案内を聞いて「カウアイ島が一番近いよね、もしかして」などと
もちろん患者さんの容態は気になりつつも、ちょっとだけ勝手な期待を
でもやはりここは設備も態勢も整ったホノルル空港へと戻ったのでした。

と言う訳で離陸後2時間で再びホノルル空港へ着陸
これまでで最速でハワイへ戻ると言うビックリな体験をしました。

到着後、ドクターとレスキューの方々が機体へ乗り込み処置に当たられ
幸いにも大事に至らなかったようで、患者さんは飛行機を降りることなく留まられ
燃料の補給などを終え再び当初の離陸時間より3時間程遅れてホノルルを離陸
搭乗から4時間半程後、ハワイ時間で午後2時頃やっと食事が配られ
搭乗から成田到着まで、12時間余りをずっと機内で過ごしたのでした。

もちろん、人命が一番ですから苦情が出るなどと言うことは全くなかったのですが
成田からの乗り継ぎ予定のある方々は離陸の時点で乗り継ぎ便の保障はなく
到着後、地上係員に相談して欲しいとのことでさらにご苦労されることに
私の真後ろの席のローカルらしき男性の方は
「予定の便に乗り継げる保障がないなら止める」と飛行機を降りられてしまいました。

 

トップの写真は戻った後、待機中にのホノルル空港の様子を

こちらは旋回後ホノルル空港へ戻る途中にニイハウ島の真上で
こんな航路を通ることは滅多にないので貴重な写真となりました。

P1220822


さらに引き返して、こちらは愛しのカウアイ島南西エリア
エレエレからポイプさらにリフエに至る辺りの海岸線です。

P1220829


 

前述の「ハワイアン航空の受託荷物の手数料」に関してですが
航空会社で対応が異なることもあるようですから
ご利用の際には各々の利用航空会社にご確認下さい。

 

 

ハワイアン航空の受託荷物の手数料


P1190936


モーハ・ブログが不安定な状態が続いているため
現在カウアイ島のお話は中断しています。
また過去の記事が乱れて正常に見られない状況が続き
検索などがままならない状態にあり誠に申し訳ありません。

 

今年のカウアイ島へはUAからハワイアン航空への乗継
UAとハワイアンは別々に購入したチケットの利用でした。

昨年ANAを利用した際、成田でのチェックインの際うっかりして
カウアイ島リフエ空港までのタグを付けていただくよう
お願いするのを忘れてしまったため
ホノルル到着後、荷物を受け取った後
同じフロアーで荷物を預け直すことが出来ず
ハワイアンのカウンターで荷物を預け直すことに

従って同日の国際線からの4時間以内の乗り継ぎで
最終目的地まで荷物のタグが付いていれば
受託荷物の手数料が無料になるところを
2個で$34と言う無駄な出費をすることになったため
今回は絶対に忘れてはならじと成田のUAのカウンターで
リフエまでのタグを付けていただくようお願いしたのですが

UAのスタッフの方から
「ハワイアン航空の規定が変更になり同日に国際線から乗り継ぐ場合でも
同時に国際線とネイバーへのチケットを購入された場合のみ
最終目的地のまでのタグをお付けすることが出来ますが
別々に購入されたものであればホノルルまでのタグとなります。」と

え~~~、と言うことは再び往きから$34の出費に(涙)
でも規定が変更になったのでは仕方がないですね
ご時勢とは言え、年々何だかんだと出費が増えて痛いです。

さてハワイアン航空のカウンターまで荷物を運び
自動チェックイン機で予約番号を入れてチェックイン
日本語での表示も選べるのでスイスイスイ・・・と
クレジットカードを通して$34払って
搭乗券と荷物タグが出て完了するはずだったのですが
何と最後の最後になって原因不明のエラーとなり
搭乗券の代わりに「問題が起きたので案内カウンターへ行くよう」
そんな内容の紙が出てきました。

仕方がないと案内カウンターへ赴き、その紙を出して
スタッフの方に手続きをしていただいて無事に搭乗券を手に入れ
リフエからホノルルへ戻る際には機械で難なく出来たので
あのエラーはいったい何だったのだろう?と疑問に思いつつも
まあ何も問題はなかったのだと思っていたのですが

帰国後、クレジット会社の請求の速報を見てみたら
なんと往きの受託荷物の手数料が2重に取られているでは
1つの控えは確かにスタッフの方から渡されたレシートと同じものですが
もう1つはそれより若い番号、と言うことは最初に機械でエラーになった際
発券されなかったにも関わらずクレジットは読み取られ請求に回ったようで

慌ててハワイアン航空の日本のオフィスに電話をしたところ
確かに2重に取られていることが確認できるので本社に確認しますと
未だ返答はなく、もちろん正しく修正していただきたいと思うものの
ハワイアンの日本オフィスは確か代理店だったように記憶しているのですが
とても日本的で丁寧で親切で適切な対応だったのが嬉しく

昨年UAをキャンセルした際、キャンセル料が中々戻らず
何度電話をしても、マニュアルを繰り返し時間がかかるの一点張り
アメリカの担当部署に英語のメールを何度送ってもなしのつぶて
やっとの思いで真摯な対応をしていただけたスタッフの方に出会うまで
相当な時間と労力を使い疲れ果ててしまったことを思い出し
真剣にキャリアを替えようか・・・と思い始めています。

P1190940


写真は到着前の食事の前後に久々に機内から見た朝焼け
もうすぐホノルル空港へ到着です。

 

 

 

オアフ島のお話を綴りながら


P1220559


 

数日前に帰国しました。

期待とは裏腹にブログの方はほとんど進捗が見られず
根がグータラなのですっかりおさぼりモードに突入していたのですが
そんなブログでも訪ねて来てくださる方がいることに
このまま放置していている訳には・・・と
少しずつでも続けて行こう思い立ったののですが

私の中では過去の記事の修復の期待が風前の灯のように思われ
そのことがあまりにも辛く悲しくダメージが大きく
何事もなかったようにカウアイ島のことを書き続ける気分にはとてもなれず
まだ残っている昨年のお話を続けることさえ躊躇している状況ですが
取り敢えずはオアフ島のお話を綴りながら
とは言ってもほとんど食べ物のお話ばかりですが(笑)
先のことはその間に考えてみようかなどと・・・

ただ、今回のカウアイ島では
これまでとは一味違ったアコモでの日々
素敵な方々との出会い、可愛い動物たち
カウアイ島でついに出会った見事なアレ、しかも2回も
まず絶対に日本のガイドブックでは紹介されないであろう
ほとんど知られていないのに素晴らしくで魅力的な場所の訪問
しかもいつものハイチュウ家の無謀とも思えるチャレンジではなく
どなたでもその気になれば訪ねて行くことが可能な場所なのです。

そんなことを自分自身の記憶として残しつつ
ぜひ皆さまにもご紹介したいと言う気持ちも大きく
何とかご報告出来る道が開ければと願っています。

 

 

そなんことを思いながら昨日UPを試みたのですが
ログイン出来たもののUPの途中でトラブル続出、結果断念
既に心が折れそうで暗雲がたちこめている気がします。

 

 

トップの写真はオアフ島、朝のヒルトン前のビーチです。