Post-1934

今回のツアーは
赤土のダートな道を
バギーで行くのであろうと
予想はしていました。




これまでの経験からカウアイ島の赤土をなめてはいけないと
重々承知しているつもりでしたからそれなりに準備を

Tシャツもパンツも着古したものを着用
私のスニーカーは「まだ残っていたのね」とずっと以前に購入したもの
tonoのスニーカーは惜しくないように安いものを購入

荷物は最低限にと急遽tonoのリュックはレンタカーに残し
私のリュックだけをバギーの荷台に固定

出発直前に「カメラの準備は大丈夫ですか」と
ガイドさんに言われたのでむき出しで首から提げ
(私のデジカメは少し大きいのでポケットに入りません)

準備万端と出発したのですが

すぐに「あ~ダメ、甘かったと思い知るのでした。


続きを読む »