Post-1840


すでにニュースなどで
ご存知の方も多いと
思いますが




現地時間の16日(日)の夕方
カウアイ島で31歳の日本人女性観光客の方が
15フィートの高さの崖から突き落とされ大怪我を負われ
現在もまだ予断を許さない状況にあるようです。

場所はケエ・ビーチから始まるカララウ・トレイル途中のキャンプ場
カララウ・トレイルは日帰りの範囲を行ったのみですが
全てを踏破するにはキャンプをしながら、少なくとも2泊3日
ゆとりを持てば3泊4日が必要とされています。

私が知る限りでは、とても険しく危険な場所が多く
被害者の方は友人の方とキャンプをしながら
トレイルを進まれている途中、突然崖から突き落とされると言う
理不尽で許しがたい出来事に遭われたようです。

カララウ・トレイルの途中ではもちろん携帯が繋がることはなく
キャンプ場に備え付けられていたと思われる
無線のようなものでしょうか、で緊急連絡

ノースの今は観光用のヘリの発着にのみ利用されている
プリンスヴィル空港へヘリで空路搬送され
その後、陸路でリフエの病院へ搬送

今だ重篤で危険な状態か続いているとのこと
とても心配ですが、一刻も早く回復へ向かわれることを願うばかりです。

お元気になられても、受けられた心と身体の傷の深さを思うと辛く
さらに今後続くであろう心と身体の回復とリハビリの困難さを思うと
どんなにお辛く長い時間がかかるのかと心が痛みます。

どうぞ一日も早く帰国が叶いますよう
一日も早く心も身体もお元気になられますようにと祈るばかりです。

それにしてもあの人里離れた険しいトレイルの途中で
こんな事件が起こるとはとても信じがたく愕然としてしまいました。

目撃証言から9月に無免許運転で逮捕された
白人男性が被疑者として浮かび手配が行なわれ
カララウ・トレイルは閉鎖の状態が続いているようですが
今のところまだ確保された情報はなく、不安な状態は続いています。



トップの写真はカララウ・トレイルの途中で
こんなに荘厳で美しく険しい場所で起きたあまりにも痛ましい事件に
大きな衝撃と悲しみを感じています。