Post-1829

海沿いのトレイルを
さらに進んで行くと
前方に溶岩らしき岩が
ゴロゴロと沢山
固まっているのを発見





カウアイ島にしては珍しい昔の溶岩の名残
そんなことを思いながら近づくとトップの写真の看板が

そう、ここはヘイアウだったのです。

かなり広い範囲の海岸を埋めるように置かれた石の数々



この場所にヘイアウがあると言う情報は得ていなかったので
残念ながらヘイアウの名前や何のためのものなどは不明です。



畏敬の念を持って傍らを通り過ぎます。

このヘイアウの手前辺りから足元の土は
当初の砂場から赤土へと変わり滑ることがなくなり
道もほとんどフラットで歩きやすくなっていたのですが
暑さだけは相変わらず、かなりへばった状態です。




続きを読む »