モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年3月

Haleakala National Park ① Visitor Center


Post-1634初めてのマウイ島
初めてのハレアカラ
ここは素直に
ガイドブックに従って
見学することにしましょう

『Kula Lodge』を後にして
まずは公園ゲートへ
ここで入場料を払います。

料金は車一台で$10
2日後の日付まで再入場が可能なので
レシートは取って置くようにと書かれていますが
まあ『Kula Lodge』にでも泊まらなければ
短期間に再入場はありませんね


続きを読む »

Kula Lodge ②


Post-1633
さあ、楽しみにしていた
『Kula Lodge』での
食事です。
クラの新鮮な野菜を使った
ヘルシーなお料理が特徴とか
すごく期待してしまいます。



でも事前にMieさんから人気メニューの「オニオンスープ」が
とても塩辛くて飲めなかったと言うお話を聞いていたので、そちらはパス
教えてただかなかったら間違いなく頼んだのでいたので
とても助かりました。

メニューにずっと食べたいと思っていたポートベロのお料理
「Portobello Mushroom Melt on Rye」を発見

ポートベロ・バーガーをずっと食べたいと思っていたのですが
出てきたのはいわゆるホットサンドウィッチ
上のほうに大きなポートベロが挟まれていました。

       


続きを読む »

Kula Lodge ①


Post-1632


ハレアカラへ向かいますが
まずは腹ごしらえ
時間は11時半ぐらいですが
途中最後のレストランとなる
『Kula Lodge』で早めのランチです。





忽然と現れた趣のある建物
ここがかの有名な『Kula Lodge』ですね
マウイ島が始めての私でも名前は知っていました。





こちらはロッジと共に1階にレストランが
お隣には小さなマーケットもありました。


続きを読む »

マウイ島のメインイベント、ハレアカラへ


Post-1631

マウイ島滞在4日目
実質的な最終日のこの日は
マウイ島観光のメインイベント
ハレアカラを目指します。

カアナパリからハレアカラ
道のりは遠いです。




すでにお気づきでしょうが
ハイチュウ家、基本的にあまり遠出はしません。

ハワイ島でもコナ空港を利用したら島の西側だけ
東側を回るなら、ヒロ空港を利用してヒロに滞在

カウアイ島でさえ
プリンスヴィルに滞在したらノース周辺を動かない
島の南側、ポイプに滞在しなければ
ワイメアキャニオンにさえ行かないありさまです。

片道2時間以上の移動なんて初めてのこと
余裕をもってゆっくりと・・・と言いながら
アコモを出発したのはすでに10時近く
こんなところから無理はしません。


続きを読む »

輪島「ロンシャン・イトウ」のマロンパイ


Post-1630

輪島塗の作家
若宮隆志さん
お土産にと
持ってきて下さった
お菓子です。



輪島の地元のお菓子屋さんのもので
田舎のものなのでお口に合うかどうか
とおっしゃったのですが
これがとても美味しいお菓子でした。

栗を黄味餡で包み、さらにその外側をパイ生地で包んで
和菓子と洋菓子の見事なコラボ
大きさはピンポン玉を一回り大きくしたぐらいです。

       

存在感のある栗と上品な甘さの黄味餡
外側を包むパイ生地はちょっとしっとりしていますが
サクサク感は失われておらず美味しい

地方のお菓子屋さんのものだからと言われましたが
東京で売っても何の遜色もない
いえいえ十分に人気が出るであろう美味しさと存在感でした。

こんな美味しいものが地方で埋もれているなんて本当にもったいない

でもお取り寄せとかやっていないようなのです。
次回若宮さんにお会いする機会があったら
ずうずうしくもお願いしてしまいそうな
そんなとても美味しいお菓子でした。

輪島方面へお出かけする機会があったら
ぜひお試し下さい。






モーハワイ★ブログランキングに参加しています。

自宅で小さな鑑賞会


Post-1629

輪島塗の作家若宮隆志さん
久しぶりに我家を訪ね下さいました。
(以前のお話はこちら   )

輪島塗は基本分業で製作されるので
作家と言っても全て1人で
作られているわけではなく
プロデュースのようなお仕事をされています。



今ではすっかり有名になられて作品のファンの方も多く
え~自宅になんてなぜ、とお叱りを受けそうですが
長いお付き合いと言うことで大目に見ていただければと



私が輪島塗を好きになるきっかけを作ってくださった方

作品を作り始めた頃は、多くの方にその良さを知って欲しいと
普段使いのものを手がけられていて
そのことが私のようなものでも漆器を使おうと思い立つ
きっかけだったのですが

いつの日か、より良いものを、より素晴らしいものをと
昔の技法の復活や新しい技法の創作などに目を向けられ
当初とは目指す方向が変わられて行かれ
お値段の方もなかなか手が出ないものになっていったのですが

熱い思いで努力される姿を見続けて
その気持ちの変化が痛いほど分かり
次々と作り出される作品の素晴らしさに
益々ファンになって行きました。


続きを読む »

ホエラーズ・ヴィレッジのショー


Post-1628
ディナーを終えて
アコモへ戻ります。

往きは無料のシャトルで
シェラトン・ホテル・マウイ
まで乗って来ましたが



帰りはホエラーズ・ヴィレッジのすぐお隣が
同じスターウッド系列の
ウェスティン・マウイ・リゾート&スパなので
そちらからシャトルに乗ることが出来ます。

ちなみに泊まったのは同じウェスティンでも
ウェスティン・カアナパリ・オーシャン・リゾート・ヴィラ
コンドミニアムで、少し離れた場所にあります。

ホエラーズ・ヴィレッジの中央まで来ると
丁度ショーが始まるところでした。




続きを読む »

Leilani’s on the Beach


Post-1627

この日のディナーに選んだのは
ホエラーズ・ヴィレッジ内にある
『Leilani’s on the Beach』
その名の通りビーチフロントの
素敵なロケーションです。



でも通されたお席が奥まったこちら



ちょっと圧迫感のある一画です。

あちら側のお席の方が
まさにビーチフロントで良さそうな雰囲気



まだ空きがあるのに、日本人だから
ポツンとハイチュウ家だけが通されて・・・う~ん

まあ席に座ってこんなサンセットが見られたし



スタッフの対応も悪くはなかったのでよしとしましょう

あちら側のお席がいっぱいになったらしく
途中からこちら側にも案内された方々が続々
こちら側では1番ビーチに近いお席だったので
結果オーライです。


続きを読む »

ホエラーズ・ヴィレッジで見るサンセット


Post-1626

ホエラーズ・ヴィレッジに入って
奥のほうへ進むと
ビーチに突き当たります。
そろそろサンセットの時間です。









続きを読む »

ハーゲン・ダッツ


Post-1625

シェラトン・マウイ・ホテル
の前のビーチで
「Black Rock」を見た後は歩いて
ホエラーズ・ヴィレッジへ
向かいます。



ちょっとだけヴィレッジ内を見て回ったものの
あまり興味を魅かれるお店もなく

じゃあお茶でもすると言う事になり
tonoがハーゲン・ダッツへ行きたいということで
アイスでも食べるのかと思ったら

選んだのはこちらの「Java Chip」

           

これがまあなんと甘いこと
一口飲んだだけで、無理無理・・・絶対に無理
そんな甘さでした。

思わず「捨ててもいいよ」と言ってしまったほど
選んだ責任を感じたのでしょう、必死に飲んでいました。

私ははなから甘いものはパスと言うことでコーヒー

           

あの『Maui Grown』100%のコーヒーだったのですか
入れ方の問題でしょうか
何だか思ったほど美味しくなくて
ちょっと期待はずれでした。

やっぱりスタバにすればよかったかも・・・


続きを読む »