モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2008年5月

休日は2時間待ちになることも


Post-286
「コットン・クラブ」

お腹をいっぱいにするなんて
とても怖くてできません。

ライブが終わった後に
同じビル内の
お好み焼き屋さんに
移動して食事です。

ここはいつ来ても行列が出来きているのですが
この日も平日の夜9時を回ったというのに案の定です。

30分ぐらいと踏んで並んだのですが
結局、1時間近くかかってしまいました。

         

お腹いっぱい食べるぞ~と思っていたのですが
時間も遅くなったので、ぐっと我慢

            

まずは「五目焼きそば」

        

いつもは麺が2玉の大盛にするのですが、これは麺1玉の普通サイズです。

こちらもいつもの「豚モヤシ」

        

モヤシが入ったトロトロの豚玉のお好み焼きの上に
ネギがタップリとのってなかなかボリュームがありますが
「やっぱりちょっと食べ足りないね」とボヤいてしまいました。


続きを読む »

COTTON CLUB :emojimic: でハワイアン


Post-285「コットン・クラブ」というと
真っ先に浮かぶのは
映画なのですが
そのモデルとなった
ニューヨーク、ハーレムにあった
高級クラブは、時代を映し出す
退廃的なお店だったようですが
同じ名前のこのお店
健全な大人の憩いの場でした。

       

普段はアーティストごとにそれなりのお値段の席料がかかるのですが

tonoが見つけてきた
ミュージック・チャージ無料ライブではシート・チャージが1050円からなので
敷居の高かったお店に初めて行ってきました。

      

出演アーティストは神谷えりさん(vo)竹中俊二さん(g)
事前にどういうアーティストなのか何も知らずに行ったのですが
神谷えりさんはソウル、ポップス、ジャズ、ボサノバからハワイアンまで
幅広いレパートリーを豊かな表現力で歌い上げる魅力的な方でした。

まさかハワイアンが聴かれるとは予想もしていなかったのですが
ソウル歌手らしく少しハスキーな声で3曲のハワイアンを披露
特にアンコールで歌った「アカカフォール」は圧巻でした。

なんとご両親がスティールギターの製作者と奏者なのですね。


続きを読む »

何かあったのでしょうか?


Post-284

ある日の朝、アコモを出てみると消防車が止まっていました。
おもわず写真を撮って、その場を後にしましたが
なぜ、朝からこんなものが停まっていたのでしょうか
この上の部屋だったにも関わらず、何も気づいていませんでした。
う~ん、後から少し不安になったりして・・・


何度見ても(以前見たのはこの時です
目の前で見ると大きくてカッコイイ




遅いランチの後のディナーは軽めに :emojiface_bee:


Post-283六本木での用事が
終わったのは午後8時
午後2時から遅めのランチ
ガッツリ食べたので
夕食は軽めにということで
うどん屋さんに決定
色々な方に美味しいと勧められていた
新宿の『三国一』へ向かいました。

ここはうどん屋さんですが
居酒屋メニューも豊富です。
まずはビールとつまみになるものを

「江戸菜の白和え」

        

江戸菜なるものを初めて食べたのですが
小松菜を品種改良したものらしく、味も食感も小松菜そのものでした。

「手作りこんにゃくの田楽」

        

手作りらしく形が色々、半分食べた後です。

「島唐辛子の一口餃子」

        

想像より辛かったのですが、辛いものは好きなので箸が進みます。

「豆腐チャンプル」

        

ちょっと違うけど・・・と思いながら、でも美味しかったですよ。


続きを読む »

六本木でマンゴ~なランチ


Post-282昨日は六本木に出かけました。
いつ以来か思い出せないぐらい
久々の六本木

ちなみに、5周年を迎える
「六本木ヒルズ」ができてから
行ったことがなかったので
少なくとも5年は経っているらしく
これでも一応、都民なんですが。

せっかく行くので
早めに出かけてランチをすることに
「六本木ヒルズ」にあるグ◎ンドハ○アット
レストランに予約をして行ってきました。
飲み物からデザートまでの限定ランチコースです。

まずはグラスワインで乾杯

      

このワインはこのホテルグループの
オリジナルのカリフォルニアワインのようで
白はシャルドネ、赤はメルローでした。

ワインのことはよく分からないのですが
ハウスワインとしてはまずまずでしょうか
このワイン、ハワイの同じホテルグループのレストランでも
飲むことが出来るようですよ。


続きを読む »

サーファー


Post-281

サーフィンのことは何も分からないのですが
ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジの沖には
なかなかよい波が立つのだそうで
朝早くからサーファーの方が集まります。

この日の波は、こんな感じでした。



朝の8時ごろ、まだまだ人気も疎らなビーチに
1人のロコらしいサーファーの方が上がってきました。




シャワーをして、このあとお仕事に行かれるのでしょうか



空を見ればこの日もレインボー






ヒルトンの動物たち、でも期待しないでくださいね


Post-280
ヒルトン・ハワイアン
ヴィレッジ内に
ペンギンがいるのは
知られていますが
このペンギン
ちょっと見つけづらい
ところにいますよね



        

というか、見つけられなかったのは私だけ?
午前8時と午後3時の2回、餌付けの時間があるので
その時間に合わせていかれると楽しいかも

こんな方たちも参加されていましたね。

この池には亀も同居していますが、ケンカはしないのでしょうか。

        

他にも敷地内には沢山の池があって、鯉をはじめ色々な魚が泳いでいます。

        

えっ、もしかして・・・
はい、これで終わりです。

これではどうしようもないので
え~い、この際この方にも登場していただきましょう。


続きを読む »

きっと、赤い糸で繋がれた写真です


Post-279

土砂降りの雨の中たどり着いた会場に
その写真はありました。

今考えると不思議なことなのですが
その写真は、一般的なハワイのイメージとは少し異なった
独特の空間が写し出されているものの
撮影場所を特定できるような
何か特別なものが写っているわけではなく
むしろその逆の風景が切り取られていました。

でも見た瞬間に分かったのです、それが何処なのか。

その写真の前に立ち尽くす私に声をかけてくださったのが
写真家の高山求さん、この時が初対面でした。

写真の説明をして下さろうとしたその時に
思わず先に口にしてしまいます。
「これはカウアイ島のあのヘイアウの写真ですか?」
と言ってもヘイアウ自体は何処にも写っていません。

その時の高山さんのちょっと驚いたような
嬉しそうなお顔が今でも印象深く残っています。

その時は写真家の方の作品を手に入れることなど
考えてもいませんでしたが
その後、何度か高山さんの素敵な作品を見せていただく度に
手に入れたいという気持ちが沸々と
でもその都度、tonoによく考えるようにと
正直安いお買い物ではありません。

高山さんの写真展はいつも同じ作品が見られるわけではなく
その度、選ばれた作品が並びます。

最初の出会いから、その後お目にかかれなかったその作品に
先日の相模原の写真展で再会してしまいました。

もうこれはそういうことなんだ・・・と勝手に思い込んでしまいます。
奥様の裕子さんとお話していても、これは我家に来る運命なんだと
tonoを説得するための猶予を頂いて、この日は会場を後に
私の押しに、tonoからもあっさりとOK が出ました。

「だってカウアイ島のあの場所よ、この機会を逃したら絶対に後悔するって」
脅しました。

高山求さんのHPにあるこちらの#42の作品です。

「大事に仕舞い込まないで、よくいる場所に飾って欲しいの」という
裕子さんの言葉通り、リビングに飾りました。

その瞬間から
この部屋はカウアイ島のマナに包まれているようです。

幸せ、大切にしなくては。



動いてる~


Post-278

最近、街にはゲームセンターが増えました。
休日には人気のキャラクターの着ぐるみも現れることも
皆さん大喜びで写真をパチパチ

そんなことはスルーして通る私なのですが
昨日、こんなの見つけました。

これ、トコトコ歩いていたんです。
一旦横目で見ながら通り過ぎたのですが
あまりにも可愛かったので恥ずかしさもどこへやら
戻って写真を撮ってみました。

お隣ではこんな方もお散歩中



う~ん、いまいち写真では可愛さが伝わりませんね
動いている姿、無茶苦茶可愛かったのに~




:emojicup: お茶する~ :emoji1: :emoji7:  カリアタワーのスタバ


Post-277
ヒルトン・ハワイアン・ヴィレッジの
カリアタワーのカフェ
スタバに替わっていました。

『ヒルトン調査団』の記事でも
紹介されましたね。



     
   

というわけで最後のコーヒータイムはこちらで
この日も雨が降ったり止んだり、ちょっと寒い上に
カリアタワーのロビーは相も変わらず異常に寒いので

ホットのラテにしました。

  

このライトはカリアタワーのシンボルマーク的な存在ですね。


続きを読む »