モーハワイ☆コム

カテゴリー:カウアイ島

夜の訪問者 in Poipu Beach ~ ただただ感動、そして感謝を


P1420082-001



















『La Spezia Restaurant and Wine Bar』でのディナーと
『BIG SAVE』でのお買い物を終えてアコモへ戻るのですが
途中、どうしても立ち寄りたい場所がありました。

続きはこちら

 

 

懐かしいB&Bとカウアイ島のダイビング・スポット


P1420051-001




















今回から2016年秋のカウアイ島滞在のお話に戻ります。
まだまだお知らせしたい新しい情報が沢山、先を急がなくては
『Kukui’ula Village Shopping Center』を後にして
もう少しだけ一人でホロホロと、やって来たのは
以前2度滞在した『Poipu Bed & Breakfast Inn』です。

続きはこちら

 

 

住宅街の中をホロホロと、目指すは「Baby Beach」です


P1420007-001




















お友だちとのランチを終えて、アコモへ戻って来ました。
こうなるともう全く出かける気のないtono、ならば一人
周辺の気になる場所を目指してホロホロとお出かけです。

続きはこちら

 

 

大きな変化を遂げていた「KE KAHUA O KANEIOLOUMA」


P1410974-001




















『Poipu Beach』で同時に2頭のハワイアン・モンクシールに
出会える、そんな幸運な出会いがあった後、もう1ヶ所
やって来たのは『Poipu Beach』の山側にある遺跡です。

続きはこちら

 

 

「Poipu Beach」でハワイアン・モンクシール、しかも初の2頭同時です


P1410922-001






『Shipwreck Beach』でまだまだ高い波に驚いた後
次いでやって来たのは、ローカルにも観光客にも人気が高く
カウアイ島でも最も屈指の人気のビーチ『Poipu Beach』です。

続きはこちら

 

 

まだまだ波の高い「Shipwreck Beach」


P1410914-001




















ではランチの時間まで近場にお出かけです。
最初に向かったのはポイプ・リゾートの東の端に建つ
『Grand Hyatt Kauai Resort and Spa』の前にあるビーチ『Shipwreck Beach』です。

続きはこちら

 

 

ポイプ・リゾートの外れのコンドですが周辺に見所がいっぱい


P1410854-001




















2016年秋のカウアイ島滞在、2日目の朝を迎えました。
いつものように爆睡中のtonoを残して、一人で朝のお散歩です。
今回滞在したのはコンドミニアム『Prince Kuhio』の
お友だちが管理するお部屋、立地としてはポイプ・リゾートの
西の外れの方にあるのですが、実は周辺に見所がいっぱい
と言うことで、朝のお散歩も遠出の必要はなく周辺をホロホロと

続きはこちら

 

 

「Beach House」でディナー、これまでで最高のお席でしたが・・・


P1410818-001




















予約の時間になり、『Beach House』へとやって来ました。
嬉しいことに滞在してたコンドから歩いて2分です。
通されたお席は海を目の前にした最も人気のエリア
ディナーの利用は3度目ですが、これまでで最高のお席
早い時間だったこともありますが、予約をした甲斐がありました。

続きはこちら

 

 

神聖でとても静かな「Prince Kuhio Park」


P1410793-001




















『Kauai Culinary Market』でのお買い物を終え
滞在している『Prince Kuhio』のお部屋へ戻って来ました。
この日のディナーは昼間予約をした『Beach House』
予約した時間まで少し時間があるので、一人お出かけを
と言っても、向かったのは直ぐお隣の『Prince Kuhio Park』です。

続きはこちら

 

 

町外れ、その役割を終え廃墟となった「Koloa Sugar Mill」


P1410752-001




















コロアの町は製糖業でその栄華を誇りました。
お馴染みの『Old Koloa Town』の前に広がる一画には
1841年に作られた製糖工場『Old Koloa Sugar Mill』の
レンが作りの煙突や建物だった石造り遺構が
残っているのですが、実はこの工場では追いつかなくなり
1912年に町の東寄りに新たな大きな工場が作られました。
しかし製糖業にやがて翳りが、1996年にその工場も閉鎖
コロアの町の栄華を支えた製糖業の161年の幕が下りました。

続きはこちら