モーハワイ☆コム

カテゴリー:Book

またまたボスが日本の雑誌に登場です


P1550993-001数日前、ボスのインスタで新たに
日本の雑誌「BRUTUS」の取材を受けた
ことを知ったので、速攻ポチッと

続きはこちら

 

 

 

ボスに癒される日々


P1550986-001緊急事態宣言が全国に及び津々浦々まで
自粛と我慢の日々がまだまだ続きそうですが
医療関係者の皆さまを筆頭に食品や生活必需品
の供給のため店舗を維持、介護の関係者の方など
リスクの中、頑張っていただいている皆さまに
感謝の気持ちでいっぱいです。

続きはこちら

 

 

久々にハワイの雑誌をポチッとした訳は


P1550983-001今年の初夏のカウアイ島はほぼ諦め気分
加えてずっと家にいることは特に苦痛ではないの
ですが毎日の3食の食事作りにストレスが溜まり
コロナ疲れの様相の私なのですが、久々に
ポチッとしたハワイの雑誌が昨日手元に

続きはこちら

 

 

 

ハナペペの本屋さんの看板猫ボスが本を出版


P1550981-001ハナペペの本屋さん『Talk Story Bookstore』の
看板猫ボス(本名セレステちゃん)、インスタ
のフォロワーも増えボスを訪ねていらっしゃる
方々やプレゼントを持参される方も多いようです。
そんなファンの皆さまに応えるようにボスを
キャラクター化したグッズも色々と作られ今年の
訪問の際にあれもこれもと今から楽しみなのですが
実は既にアマゾンで売られているものもあって
その中で唯一本だけは日本のアマゾンでも
購入可能と知り年末に注文しておいたのですが
約1ヶ月掛かって手元に届きました。

続きはこちら

 

 

最新刊が出たので懲りずに購入してみました


P1520753-001

今日、本屋さんで見つけたカウアイ島のガイド
ブックの最新刊、2016-17版から大きく内容が
変わり正直なぜこんな薄い内容に改変されたの
だろうとガッカリしていたのですが、ネットで
沢山の情報が溢れる今日、ガイドブックは
総花的な内容が支持されるのだろうかと考えて
みたりしましたが、今回も一応カウアイ島と
言う事で購入してみました。

続きはこちら

 

 

久々に雑誌を購入したのには理由が


DSC_0355ブログのお仲間のkazuさんがご紹介
されていたこちらの雑誌
「スーパーマーケット」の情報なら
魅力的ですが、でも間違いなく
オアフ島のお店の情報だろうし
最近はオアフ島の滞在が極端に
短くなり、情報があっても・・・と
もう滅多にオアフ島に関する雑誌
などは、購入しなくなっていましたが
kazuさんの情報によると
オアフ島のスーパーでカウアイ島
発祥のお気に入りのものも一部
売っているものがあるようです。

続きはこちら

 

 

森の中にひっそりと佇む「Nechung Dorje Drayang Ling」


P1440488-001




『Kau Coffee Mill』でお気に入りの品々を購入
次に向かうのは、今回のボルケーノ滞在に際して
存分に活用させていただいた本、「ハワイぐるぐる」
から再び情報を得た興味深い場所です。
しかも『Kau Coffee Mill』から直ぐの場所とあっては
これはもう、立ち寄らずに帰ることは出来ません。
と言うことで『Kau Coffee Mill』の駐車場を出て
前回は右折して住宅地の方へ下ったのですが
今回は左折してさらに山の方へ向かいました。
やって来たのは『Nechung Dorje Drayang Ling』
森の中にひっそりと佇むチベット仏教寺院です。

続きはこちら

 

 

チェーン・オブ・クレーターズ・ロードを途中曲がってみると


P1440133-001




















軽くトレイルを歩いた後、一旦アコモへ戻り
今度は車に乗ってお出かけです。

続きはこちら

 

 

児童文学作家佐藤さとるさんの作品は青春の一ページ


P1430942-001

 


















昨日の夕刊で児童文学作家佐藤さとるさんの訃報が報じられました。
日本のファンタジー小説の祖とも言われ、世代を超えて
多くのファンの皆さまに愛された佐藤さとるさんのご冥福をお祈りすると共に
その作品に癒され勇気付けられた、自分自身の青春時代を思い出し
楽しくも、どこか斜に構えていた時代にタイムスリップしてしまいました。

続きはこちら

 

 

お勧めのハワイの本を買いに行ったら、あらっカウアイ島の本も


P1430940-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブログお仲間のkazuさんがご紹介されていたこちらの本
もうここのところオアフ島関連の本は滅多に購入しないのですが
「美味しいハワイ」と言うことであれば、興味津々

続きはこちら