Post-1817
このレストランに行ったのは
多分8年程前
いえ、もっと前かも
ポイプの住宅街の中に
ひっそりと隠れ家のように
建つお店でした。



その建物の雰囲気はとても穏やかで居心地がよく
加えてスタッフの方々の対応がとても丁寧で素晴らしく
それはそれは心地よいお店だったのですが

唯一そして最大の難点が、料理がとても塩辛かったのです。
しかも特定の何かではなく、頼んだものほぼ全てが
薄味が好みのハイチュウ家にとってこれはダメでした。

他の事はあんなに素晴らしかったのにと思いながら
再び訪れることはなかったのですが

その後10年余りの間
入れ替わりの激しいハワイのレストランの中で
あれほど目立たない場所でも存続し続け
色々なところで目にする評価は総じて良いものが多く

今回のアコモから近いこともあって
「久々に行ってみる」とtonoに提案したら
「歩いて行かれるよな」と乗り気に

この歩いて行かれると言うのが
運転手のtonoにとっては大きなポイントです。

これほどの高評価が続くのなら
もしかしたシェフの方が入れ替わっているかもと期待も

トップの写真は住宅街の中、途中にあった看板です。

ハワイのレストランでこんな風に
道を示す看板があるなんて珍しいと思いませんか
それほどに、分かり難い場所にお店があるんです。

ローカルのお友だちでさえも
「一度連れて行ってもらったけど、自力で行くのは無理かも」と言うほど

そんな場所で長年続いているお店、久々にリベンジしたくなったのです。







モーハワイ★ブログランキングに参加しています。