Post-1607

想像以上の混みように
焦りながらも
何とか注文を終え
席を確保して
出来上がりを待ちます。



名前を呼ばれて受け取ったのがこちら

       

tonoと私でどちらがどうだったか忘れたしまったのですが
ランチだったので「マヒバーガー」「オノバーガー」を注文
それにポテトを加えて渡されたのですが

んんん
どっちがどっちなの

トップの写真とこちら、見た目は全く同じです。

いくらなんでも食べてみれば分かるでしょう

んんん
ダメ、食べても分からない

マヒはシイラでオノはサワラのはずなのに
同じ食感、同じ味、区別がつきません
tonoも分からないと首を傾げるばかり
自分たちの味覚のなさにショック

でもいずれもお味はとても美味しくて
マウイ島滞在中の食事で最もお気に入りとなりました。



そしてカウンターのLadyの勢いに負けて注文したポテトがこちら

       

写真では分かり難いのですが
食べても食べても減りません、すごい量でした。

1つにしといてよかった。

気がつけば、周りの方々も皆さんポテトをオーダー
しかもほとんどの方々がシェアをされていました。

大満足の食事を終えて
店内にある様子はないのでカウンターで場所をお聞きすると
外にあると教えられますが鍵を渡される様子はなく
外にあるのに鍵はないのと思いながら行ってみると
やはり鍵が掛かっていました。

仕方がないので鍵をもらいに店内へ戻ろうとすると
近くで作業をしていたおじさまが

「トイレかい

「はい」

「店のお客さんかい

「はい」

「じゅあ、いいよ」と鍵を開けて下さいました。

親切なおじさまがいてよかった。
でもなぜ鍵を渡してくれなかったんだろう
その時は思っていたのですが

lei-moanaさんのこちらの記事を見て

まさかそんなことないと思うけど、と思いつつも少し悲しい気持ちに
単なる行き違いだったと思いたいのですが・・・複雑です。






モーハワイ★ブログランキングに参加しています。