Post-146
と言っても
別にあちらこちらで
踏み倒しているわけでは
ありませんが
とある事情から
色々な所からの請求書が
tono宛に送られてきます。


一件ずつは少額なのですが、さすがに数があるので、ため息もの。
しかも支払って帰ってくるとまた次が来る始末
「せめてまとめて来て~と叫びたくなってしまいます。

年末なのは偶然なのですが
何とかお正月までには片が付くのか相手のご都合次第
誰に文句を言うことも出来ず
もう、まったくです。