モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2010年9月

COSTCOのローリングギアバッグ



いつもはよくあるスーツケースの大を持っていきます。
その中に入れ子みたいに機内持ち込みサイズのスーツケースと丈夫なキャンバス生地でできた超特大(私が入りそうな)のボストンバッグを入れて。

帰りにはその特大のキャンバスバッグと大スーツケースを預けて、小スーツケースは機内持ち込み。

ホノルル空港で車を降りてから航空会社のカウンターまでの大変さといったら、、、
カートは有料なので借りたくないし。。。さほどの距離はないのに汗だくです


この前、大のスーツケースをやめて上の写真のCOSTCOで買ったローリングギアバッグで行ってみました。
中には同じく小のスーツケースとキャンバス地のバッグを入れて。
上の写真ではそんなに大きく見えないけれど、かなり大きいです。
大のスーツケースとどんだけ入るか家の中のいろんなものをかき集めて(布団とかも)入れてみて、こっちのほうが容量大きいと判明。

動かすのが結構らくで、4輪大スーツケースよりラク、持ち上げるのはしんどいけど、それはスーツケースも同じ。
バッグ自体の重さがスーツケースよりも軽いし、これから当分はこれかな〜 というかんじです。

こちらは、、、、

カピオラニパークへいく途中、ホノルルzooのあたりの芝生
自然的発生? 単にだれかがむしった?とは考えたくない
まわりもまばらだし、むしりはない 断言!

こちらは、、、、

パールリッジSCにいつも咲いてるキュートなお花。
レフアのようでレフアではない。
何というお花かな〜?

デルタ スカイマイル特典航空券の予約



10月の関空ホノルルのデルタ航空のスカイマイル特典航空券の予約をするためにここのところ毎日チェック中です。

デルタの必要マイル数は低中高レベルがあってカレンダーでも一覧が見れるようになっています。
ところが、低の日であっても結果が



こんなふうに1ストップで10万マイル とか出てきます。
まだいいほうで低の日なのに18万マイルとか出たりして、ほんとビックリしてしまいます。
誰がシアトルやらソルトレイクシティやら乗り継いでしかも10万マイル以上も使ってホノルルに行くのでしょう?
お金で行くならまだマイルがつくので話は別ですが。

ただ、日にちがせまってきたりすると低が4万マイルの日があったりもするので、そうなることに望みをかけて毎日チェックの日々です。

だいたい、関空からホノルルに行くには、デルタは一日一便、JALは使ったことがないのでわかりませんが、1−2便かな?
少なすぎます。だからツアーの価格も成田発のものと関空発のものでは2万円くらい違うし、空港の使用料が高いせい etc….あるのでしょうが、ほんともっと何とかしてほしいな〜〜

Jelloと梅の花ゼリー



ワイパフのドンキホーテで買ったJello、5箱で4ドル。
同じフレーバーのものでもシュガーフリーとそうでないものがあり、粉末の量がかなり違います。
もちろんお砂糖を使ったものはずっしりと重い。
私はチェリーのフレーバーが大好き。Jello チェリーを食べたら日本ではあまり見ないチェリーのアイスクリームが食べたくなりました。

ついでにいただきものの梅の花の「梅ゼリー」
—本場紀州の希少価値のある完熟南高梅を贅沢にまるごと一粒入れました。
はち切れんばかりにみずみずしく完熟し、一つ一つ手摘みされた南高梅を使用しました。
プルンと喉ごしが良くジュレのような食感は絶品です。—

確かに美味しい。5箱4ドルのJelloと比べては申し訳ないけれど、夏の疲れにぐっとしみるさわやかな美味しさでした

古着だけどいいの見っけ!!アロハシャツ



ごみの山のようなところから宝物探しをするのが大好き。
これが先日ハワイの古着屋さんで見つけたお宝。
といっても価値があるものという意味ではなく自分にとって「好きなもの」
そして気に入るものを探し出したという充実感というか喜びは私をゾクゾクさせてくれます。
値段が安いし〜 高かったら当たり前のことでゾクゾクなんてしないのかもしれません。








これは留守番していた旦那さまへのお土産です。
私のものもひとつレアなものを見つけたのですが、そっちは非公開




ブランドは”murf”マーフというらしいですが私は今まで知らないブランドです。
ハワイではなくメインランドのアロハブランドかもしれません。
いつもはトリリチャードのものが好きで、あの薄手のコットンローンの生地を大量のアロハシャツの中から手触りで探しています。
薄手なので蒸し暑い日本の夏でも快適に着れるらしいので。

このアロハシャツ、生地はコットンですが心なしかやはり薄手でコットンローンぽくて、しかもシャリ感もあり、さらに着心地も良さそう。色味もブルーグレーに白いモンステラとハイビスカスが甘く、そしてクラシックカーのフォトフレームがはめこまれたかんじのプリントが何とも言えないいい感じ。タイヤカバーのHAWAIIの文字でもうパーフェクト


サンドヴィラホテル 初離れの部屋



お宿はワイキキサンドヴィラホテル、料金は安く、駐車料金も安い、しかもPCが無料で使えるホスピタリティルームがあるので重いPCを持っていく必要もなく、私のお気に入りのアコモになっています。

今回チェックインで15●●の部屋ということ。。。あれ?ここって最上階が12階のはず・・・
プールサイドの建物の3階ですといわれ、あ〜 もしかしてあそこ? って
写真のプールの右脇に離れのように建っている 一見ワイキキの普通のボロアパート風(失礼)の建物、しかし、カテゴリーではプレイラニスティーデュオ、ホテルではジュニアスイーツと呼んでいたので高いランクの部屋だと思います。
入ると、おーキッチンつきではないですか!!部屋も広いし、これは予約していた部屋より上、アップグレートしていただけたようです(^_^)v



廊下はこんなふうに小汚く網戸もなんかきたない、

でも入るときれい、、、すぐにキッチンです。




部屋は高層階のほうの部屋よりぐんと広く、ベッドはツイン、バスルームも少し大きめです。







クローゼットの中にはアイロンとアイロン台もあったし、そのクローゼットの引き戸は両方とも前面が鏡になっていてかなり良かったです。
あと、注文をつけるとしたらドレッサーが欲しかった。

あとはラナイがないのは私的にマイナスでしたが、その代わりプールが近いので、夕方プールサイドでゆったりできます。
高層階に泊まるとわからなかったプールの雰囲気ですが、ジャグジーも気持ち良さそうで夕方から夜に遊ぶ家族連れも結構いて、プールサイドで寝そべるだけでは勿体ないかんじで水着持ってこなかったことを後悔したほどなので次回は持ってきて、入るぞジャグジー!!



難点はエレベーターがないので荷物の運搬がきつかった(ってどんな荷物を運搬するやら・・・)
さすがにチェックアウトのときはベルボーイにを願いしました。

チャイナタウンででっかいタピオカ入りスムージー



チャイナタウンでフォーを食べた後、マウナケアマーケットプレイスの裏入口(?)の左脇にあるスムージー屋さんのスムージーをいつも飲んでます。
フォーのあとのスムージー、しかもビッグサイズやし、これまたばかデッカイタピオカがどっさりで絶対下痢するだろうなという覚悟のもとです。
でも、今のところ大丈夫。



大きさは高さ20センチくらいはある大カップにいっぱいの量。
しかも写真ではそうは見えないけれど、実際はタピオカが直径1センチはあるストローで吸っても吸ってもなくならないくらい入ってるし・・・・
でも方向音痴なのでお目当ての通りやお店を探してウロウロ歩き回ってるとのどは渇くし、そののどに美味しいのなんのって・・・・
ふだんなら絶対飲めない量が楽勝。

ライチが好きなのでこの前は確かライチとパパイヤのミックス。
今回ドリアンみたいのがあったから、「ライチとドリアン」と注文したら、「ドリアンはないからジャックフルーツはどう?」とすすめてきたので、「じゃあ、それに!」
私がドリアンだと思ったのがジャックフルーツだったのです。
ん? まてよ。たしかtiggerさんのブログで写真つきで載っていたあの気持ち悪そうなフルーツ??? 味もtiggerさんはいまいちだと書いてたし・・・
「すいませーん。やっぱりジャックフルーツやめます!!! マンゴーに〜」




左右の両端に写ってるドリアンみたいなのがジャックフルーツです。
いっぱいあるから早く売りたいのかな〜?

そうしてると白人の親子づれがやってきて、またまたおばさんジャックフルーツをすすめてます。
ドリアンよりスウィートよ!と言ってる。
白人親子はじゃあそれにしてみる!って・・・
飲んだ反応は見てこなかったけれど(^_^)

ちなみに2種類フルーツとタピオカ入れて7ドルでした。

チャイナタウンのフォー97 そして・・・



昨日ホノルルから帰国しました。
3泊の強行軍、到着して12時にホテルにチェックインして荷物を置くなり我慢できずにPHOを食べにチャイナタウンにGO



マウナケアマーケットプレイスの入り口横にある”PHO97″、以前から気になっていたのですがいつもついつい”トーチャウ”に行ってしまっていて、今回やっと冒険!
オーダーしたのはビーフステーキとミートボール、確か№21だったかと。


調味料も各種その数も多く、ビーフの量が多い!
こころなしあっさり味のスープにお肉はきれいでよかった のですが。。。
トーチャウと比べるとやはりスープの味が負けてる。
上あごに残る味の旨みがトーチャウは絶妙

トーチャウの前にはこの日も行列ができていました。
この日は観光客ではなくローカルの方が多かったようで。
以前 相席になって会話したローカルのおばあさん(韓国の方)は
「コックが変わってから味が落ちたけど風邪をひいたりのどの調子がへんなときはここのスープを飲みにくる。」とおっしゃってた。
一緒に食べたその日は「今日はスープおいしい」と。
日によっても味は変わることがあるようです・・・・