モーハワイ☆コム

カテゴリー:雑貨など

ポイントケア コスメ GET!!



ロングスでいいもの見っけ〜

去年、デルタの機内誌でロレアルからメンズのこんなかんじのが売ってたのを見てハワイで探してみたことがあったのですが、テレビCMでも流れてたのに、結局見つからなくて。
先がローラーになっててコロコロと目の下をマッサージするみたいにつけるやつです。

今月のハワイで偶然目にとまりました。


メーカー違いがいくつかあり、悩む悩む

Simple社のものは目元にビタミンなどの栄養補給がメインで夜やメイク前に使えそう

もういっこのほうは、アンチダークローラー・・・

たぶんクマ隠し的コンシーラー 
でも栄養ぶんも含まれていて、しかも肌色なのでメイク直し的に使えそう
カフェイン入りで目元をスッキリ ってあるけど、特に目が冴えるということはないです
そっち効果、欲しかったんですけどね。
ちなみにこちら、40%offでした〜



これはメイベリンのチークブラッシュ”Dream Bouncy Blush “


日本未発売でアメリカでは人気があるみたい。
ローカルの子たちがそこでこれいい〜とかって騒いでたので買ったんですが(笑)
まあ日本上陸も時間の問題でしょう。

不思議な感触のほお紅

固形パウダーとかではなくてなんだかスポンジみたい
ゴム印のスタンプ台みたいなかんじで、指にポンポンと取ってつけてもいいし、
直接ほおに軽くたたいてもきれいにつきます。
おすすめ!

ロングスコスメ2011秋



以前買ってたメイベリンのリキッドファンデーションのFIT Me!シリーズ。
ハワイ帰り、日焼けをすると顔だけが白く浮くのがいやなのに小麦色のファンデを日本で探してもなかなかないですよね〜

なので、ロングスで多少小麦色のファンデを買ってました。
今回、もうひとつ濃いのを探していて同じ色のコンシーラーとパウダーがあるのを発見。
いろいろな肌の色の人たちがいるだけに色の種類も日本で買うのと違ってとっても多いし、そのすべてにあわせた色のコンシーラーとパウダーがあるってビックリ。
値段もビックリの安さだセットで揃えるしかないでしょー(^_^)


こちらはハワイアンな香りのボディローション。

いつもついつい好きな香りを探してお試しをつけまくってます。
このローションにはおなじみのプルメリアとかハイビスカスとかあったのですが、こちらはブーゲンビリア、珍しくないですか?
他にない香りがしたので今回はコレにしました。


こちらはおなじみですがEHA
プルメリアの香りつきで筋肉痛に効きます。


こちらはネオプラザで見つけたネイルリムーバー

ノンアセトンでリムーバー独特のあの強い刺激もなく、最初はン?というかんじだけど、しつこくこすっるとオイルがどんどん染み出してくるかんじで、2-3枚で手足全部がきれいにとれます。
使ったあともオイルなのでしっとりして爪やお肌に良いようです。

OPIが安い!



日本で買うより安いコスメのひとつ「OPI」
何年か前にチャイナタウンでこれを売ってるお店を見つけて、ワイキキで買うより安かったので、誰にも言わずに秘密にしていたのですが、最近、ワイキキのネオプラザでそれより安く売ってるのを見つけてビックリしました〜
いくらか忘れてしまいましたが5ドル程度かな? 円高も手伝い本当にやすいです




ついでにお気に入りの


ボディショップのボディケア製品たち
特に好きなのが


復刻版、デューベリーの香り ベリーといってもフルーティではなく、何気にクール

オキシクリーン新タイプとレフアの・・・



買ってきました。オキシクリーンのジェルタイプのもの。多分新バージョン?
テレビCMしていたので良さげ〜と思っていたら偶然ドンキで発見できました。
価格は5ドル台だったと思います。

右の写真、これまた、ドンキで食材を見ていたらハワイ島のレフアの蜂蜜を見つけました。
日本ではれんげ、さくら、、、色々な蜂蜜があります。
でもハワイ島では「レフア」いいな〜〜
よく伝説にも出てくるレフアってハワイ島の高山にしか咲いてなくて、何気に高貴で、しかも野性味たっぷりな花というイメージを私は持っています。
そんなレフアのはちみつがいただけるなんて。。。
重いという嫌さを軽々とクリアして買ってきました。
、、、が、デルタの機内でもおみやげ宅急便のカタログにもありました


オキシクリーンのほうは、こんなふうにぼこぼこになってるところを衣類に押し当てるとジェル状のものがしみでてきます。
早速シミに使用してみると、バッチリとれました。

レフアの蜂蜜は、日本産のれんげのものと比べると、クリーミーな甘さ、ちょっと濃密なかんじです。
でもクセはなくおいしい

かわいいウリウリ見つけました



uliuliとはフラを踊るときの楽器。
カヒコ(古典フラ)でもアウアナ(現代フラ)どちらのフラでも使われます。
ひょうたんの中に種子などの音の鳴るものが入っていて振ると音がします。
良い音を鳴らしながらこのウリウリを振るのはかなりしんどい、腕を振り回すのではなく、手首を回転させるようにして振ります。
羽根は昔は綺麗な色の羽根を使って作られていたようですが、今はそういう鳥は絶滅していないので鶏の羽根を染めてあるそうです。

写真のものはそのウリウリのミニチュアで、先日オアフのアンティークショップで見つけました。
アンティークではなくビンテージかなぁ〜
でも、ひょうたんの部分は木の実をくりぬいて作ってあり、とってもリアルです。
車に飾っていますが、先日、車検に出したときに、室内清掃のとき、さわったのでしょうね・・・
羽根が何本か折れて放置されていて。。。ショックは大きかったけれど置いていた私の不注意ということもあるので


気になっていたマイレの香りのミスト



気になっていたマイレの香り、malie社の『Koke'e』、アロマミストです。

気になっていた とはいってもほとんど忘れていましたが、日本のとある場所で、偶然に目に入りました。
あれっ? これって?
気になったということはいつか巡り会うってことなのか・・・

オアフではハレクラニのスパで販売されているそうですが、他はカウアイの本店ととあるホテル、それ以外ではどこで手に入るか知りません。特に探していたわけでもないのに日本で遭遇するなんて〜
材料はハワイ産、生のマイレから抽出した成分で独特の香りです。
森の香りとでもいいますか・・・・

COSTCOのローリングギアバッグ



いつもはよくあるスーツケースの大を持っていきます。
その中に入れ子みたいに機内持ち込みサイズのスーツケースと丈夫なキャンバス生地でできた超特大(私が入りそうな)のボストンバッグを入れて。

帰りにはその特大のキャンバスバッグと大スーツケースを預けて、小スーツケースは機内持ち込み。

ホノルル空港で車を降りてから航空会社のカウンターまでの大変さといったら、、、
カートは有料なので借りたくないし。。。さほどの距離はないのに汗だくです


この前、大のスーツケースをやめて上の写真のCOSTCOで買ったローリングギアバッグで行ってみました。
中には同じく小のスーツケースとキャンバス地のバッグを入れて。
上の写真ではそんなに大きく見えないけれど、かなり大きいです。
大のスーツケースとどんだけ入るか家の中のいろんなものをかき集めて(布団とかも)入れてみて、こっちのほうが容量大きいと判明。

動かすのが結構らくで、4輪大スーツケースよりラク、持ち上げるのはしんどいけど、それはスーツケースも同じ。
バッグ自体の重さがスーツケースよりも軽いし、これから当分はこれかな〜 というかんじです。

こちらは、、、、

カピオラニパークへいく途中、ホノルルzooのあたりの芝生
自然的発生? 単にだれかがむしった?とは考えたくない
まわりもまばらだし、むしりはない 断言!

こちらは、、、、

パールリッジSCにいつも咲いてるキュートなお花。
レフアのようでレフアではない。
何というお花かな〜?

古着だけどいいの見っけ!!アロハシャツ



ごみの山のようなところから宝物探しをするのが大好き。
これが先日ハワイの古着屋さんで見つけたお宝。
といっても価値があるものという意味ではなく自分にとって「好きなもの」
そして気に入るものを探し出したという充実感というか喜びは私をゾクゾクさせてくれます。
値段が安いし〜 高かったら当たり前のことでゾクゾクなんてしないのかもしれません。








これは留守番していた旦那さまへのお土産です。
私のものもひとつレアなものを見つけたのですが、そっちは非公開




ブランドは”murf”マーフというらしいですが私は今まで知らないブランドです。
ハワイではなくメインランドのアロハブランドかもしれません。
いつもはトリリチャードのものが好きで、あの薄手のコットンローンの生地を大量のアロハシャツの中から手触りで探しています。
薄手なので蒸し暑い日本の夏でも快適に着れるらしいので。

このアロハシャツ、生地はコットンですが心なしかやはり薄手でコットンローンぽくて、しかもシャリ感もあり、さらに着心地も良さそう。色味もブルーグレーに白いモンステラとハイビスカスが甘く、そしてクラシックカーのフォトフレームがはめこまれたかんじのプリントが何とも言えないいい感じ。タイヤカバーのHAWAIIの文字でもうパーフェクト


閉店したルールNo925



ドルが・・・下がりっぱなしです。。。。

さて、今年閉店したRUEHL、4月に行ったときこの写真のようになっていましたが今はどうなっているだろう?
アバクロの下着専門の店舗になるとか・・?聞いたような気もするが・・・・


アバクロ、久しぶりにお店に入りました。上は今年春のニューアイテムだったものです。

花田勝(前 若花田関)の前夫人 美恵子さんがアバクロのビンテージ加工のキャップをかぶっていたことで一躍日本でも有名になりましたが私がアバクロを初めて知ったのはそれよりかなり昔。

アラモアナのお店を見てハワイなのにセーターが売ってるし不思議なお店だなと入って以来かなりアバクロにはまってそればかり着ていた頃がありました。
日本ではティーンにはなぜかアバクロは受けず(娘、息子は見向きもしませんでした。)、中年おばさんおじさんに人気でした。
ターゲットが大学生なので中年が着るとへんだとかなんだとか話題の絶えなかった、、、やはり何か不思議なブランドなんでしょうね。。。

最近はアバクロにはほとんど入りもせず、たまにルールに立ち寄っていたのでクローズしたのには悲しい気持ちですが、表面上はどこといってアバクロと変わらず値段だけが少し高かったので受けなかったのかな?と思います。

ホリスターは最近好きですね〜〜



さて、このあとはどうなっていることやら?

ハワイアンジュエリー



ハワイアンジュエリー、素敵ですよね
心と時間に余裕(ふところかも?)があるときはハワイに到着するとその日のうちにハワイアンジュエリーを作りに行きます。
大抵は帰国前日までには作ってもらえていて持って帰ることができるので、まずはこれです。
バングルは何本も重ねてするのが素敵なのです。





イプの柄のバングル


私はまわりが柄にあわせてカットされたデザインが好き。
そのぶん金の量が削られて損な気もしますが
どうなんでしょう???

リング


ハワイアンジュエリーは大体が14金
18金やプラチナでも作れないことはないらしいですが、14金の硬さ(柔らかさ?)が一番彫刻しやすいとか・・・?聞いたことがあります。
ホワイトゴールドでは作らないというお店もあるのであまり向いてない??のかな?

ペンダント


ハワイアンジュエリーに刻むイニシャルやネームは浮き彫りだったり黒のエナメルを入れたり、選ぶことができるのですが、私はバングルには黒エナメル入れるのがすきです。
ハワジュを見慣れない人はそのかんじがなんとなく悪趣味に見えたりするらしいのですが・・・
ペンダントは浮き彫りを選んでみましたが、やっぱり黒エナメルのが欲しいな〜と思っているので次回にはそれを購入予定