モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年1月

運び屋やややからブツを受け取る



先々週のこと、最近韓国にはまっているやややちゃんからメールがきました。
「あくりあさん、今ソウルの免税店ですけど、SK-?が安いですよ何か買っていきますか?」とのこと。
頼んだわけでもないのに、わざわざメールでたずねてくれるなんて、相変わらず気がきくというか先輩思いというか・・・
もしかしたらただ単に安いという興奮を分かち合いたかったのかもしれませんが
とにかくすぐに「フェイシャルトリートメントエッセンス150mlが1万円以下なら買ってきて」と返しました。
その返信は驚くべきもの
「エッセンスは215mlで11000円弱です」
この215mlのサイズは、日本ではもったいぶって年に2回だけ「超お買い得なんです」といって売り出されるものなんです。
値段はよく覚えてませんが、150mlで15225円ですから、それよりは高いのは確実です。
それから何度もメールをやりとりし、気づいたらいろいろ頼んでしまってました
TOP写真はその戦利品です。
これだけ買って35000円ほど。
SK-?ユーザーならどれだけ安いかおわかりですよね?

この受け取りを兼ねて、昨夜はご飯を食べに行きました。
銀座の水炊きのお店「鳥善」です。(HPはこちら

倦怠夫婦の隙間を湯けむりが埋める? 別府・湯布院の旅その11 お土産編



しつこく続けてきた別府・湯布院の旅シリーズですが、最後はお買いもの編です
TOPは、湯布院B-speakのロールケーキ。(記事はこちら

プレーンとチョコレートを1本ずつ買って、hana両親と分けました。
本当は買った当日中に食べなければならなかったのですが、帰ったのが遅かったため、食べたのは翌日です。(よい子はマネをしないでね)
フワフワで、クリームの甘さもちょうどよくて、美味しかったです
私はチョコレートの方が気に入りましたが、hanaはプレーンが気に入ったようです。

倦怠夫婦の隙間を湯けむりが埋める? 別府・湯布院の旅その10 番外編



今回も見つけてきましたよ『なんじゃこりゃ?』です。

その誰が変えるの
TOP写真は別府のかまど地獄の写真です。
真中に岩があります。
アップにしたのがこちら

こちらの温泉は温度が90度以上あるものすごく熱い温泉です
このしめ縄を変えるのは、過酷なお仕事であることは間違いないです

倦怠夫婦の隙間を湯けむりが埋める? 別府・湯布院の旅その9 買い食いしまくり♪



湯布院の街をぶらりぶらりと歩いているうちに、お腹が空いてきました。
でも、hanaは相変わらずあまりお腹が空かないって
そこで、今日はがっつりお昼を食べるのではなく、ちょこちょこ買い食いを楽しむことにしました

倦怠夫婦の隙間を湯けむりが埋める? 別府・湯布院の旅その8 ブラリブラリと・・



宿を出てまっさきに向かったのは、『B-speak』
ガイドブックにも必ず載っている、ロールケーキが美味しいお店です

開店前から整理券が配られ、10時開店と同時に客がお店になだれ込みます。
人の多さに圧倒されましたが、それほど待つことなくロールケーキをGETできました
ケーキは後日UPしますね。

倦怠夫婦の隙間を湯けむりが埋める? 別府・湯布院の旅その7 満腹じゃ〜&emojipig;



第5期の方が入ってきて、賑やかになりましたね
新しい方が入ってくると感じるのは、ここはハワイブログだったな〜ということ。
私も最初のころはハワイネタで頑張ってたんですけど

めげずにマイペースに温泉話を続けたいと思います。

1回目の温泉から上がったら、お楽しみのご飯の時間
食事は食事処で食べます。
私は部屋食の方が好きなんですけど、hanaは食事処で食べた方が気楽みたい。
お造り、フグでもリクエストしておけばよかったかなとは思いましたが、鯛・カンパチ・鰆どれも美味しかったので、満足です

モーハ新年会 元気でした〜!



今日は東京地区のモーハ新年会でした。
30人くらい集まり、大盛り上がりでした
場所は「アントニオ猪木酒場」

ず〜〜〜っと猪木のテーマが流れていたので、今も頭の中をぐるぐるしてます。

倦怠夫婦の隙間を湯けむりが埋める? 別府・湯布院の旅その6 小さなお宿



本日のお宿に到着です

湯布院の街からは少し外れたところにある『由布の御宿山もみじ』という旅館。
HPはコチラ
全部で14部屋の小さなお宿です

北海道&九州&デジイチ&emojiface_delicious;



先日宣言したように、今日はブロガーのまっちゃんと一緒に吉祥寺で北海道物産展&九州物産展を楽しんできました。

倦怠夫婦の隙間を湯けむりが埋める? 別府・湯布院の旅その5 バッドタイミング



地獄めぐりは次が最後。
8番『龍巻地獄』です。
名前から想像できますが、ここは間欠泉なのです。
私たちはなんの予備知識もないまま来てしまったため、なんともタイミングが悪かったのです
入口でいきなり「今終わったばかりだから、次の噴出は30分後になります」と言われてしまいました
ど、どうしよう
時刻は1時半。
先にお昼を食べようにも、周りには何もありません
かといって、ここまで来て最後だけちゃんと見ないってのも、すごく心残りになってしまいます

あきらめて、中に入って待つことにしました。
TOPは5分前くらいになって集まってきた人々。
最初は全然人がいませんでした。