モーハワイ☆コム

カテゴリー:ハワイ以外の海外

帰国しました



行き先はサイパンでした。
早朝便での帰国なので眠いです。
写真はダイビングしたオブジャンビーチ。

今成田です・・・が・・



行き先はハワイではありません。
短い旅だけど、楽しんできます♪

お尻に注意&emojihearts;




私はシュノーケリングの時には、下の写真のような格好をしています。

上は長袖のラッシュガード、下は・・・hanaの水着です。
以前は下は自分の水着のままシュノーケリングを楽しんでいたのですが、一度痛い目にあって以来、この恰好に定着しました。

あれはパラオに行った時のこと。
ダイビングがメインの旅行だったのですが、日焼けにはものすごく注意して、焼けないようにしていました。
最終日にはダイビングができないので、シュノーケリングツアーに出かけました。
シュノーケリングと、シーカヤックと、ミルキーウェイを楽しむツアーです。
シーカヤックの時も細心の注意を払って、この恰好↓

見えにくいですが、手にはダイビング用のグローブはめてます。
足元はパレオでひざ掛け。もう万全の備えです。
そして、ミルキーウェイは、以前も紹介しましたね。美白パックが楽しめます

もう、日焼け対策はバッチリ。これで白い肌を守ったと思ってました・・・
ところが、帰るためにジーンズをはこうとしたら
お尻と太ももの裏側が真っ赤になってるではありませんか!
どうもお尻が熱いなあと思ってたら
シュノーケリングに夢中になっていた私は、お尻を無防備に太陽に向けたままお魚を追いかけていたのです
やっとの思いでジーンズを履き、飛行機もヒリヒリするお尻を我慢しながら帰国したのでした
家に帰ってから鏡で見ると、まるで白いパンツを履いてるような日焼け跡。
上に着ていたラッシュガードも中途半端な長さで、こんな感じの跡でした。

そして、このみっともない白いパンツ跡は、今もうっすら残ってます
みなさん、シュノーケリングする時は、お尻にも注意しましょうね。
ちなみにTOP写真はパラオのふかふかの砂につけた私のお・し・り

美白パックでアイ〜ン



パラオの話題を出したので、ついでにもう一つパラオのお話。
パラオで有名な観光スポットの一つに「ミルキーウェイ」というところがあります。
水深2mくらいの深さの海底に美容に良いと言われるドロが堆積している場所です。実際にこのドロをエステなどにも使用しているようです。
ミルキーウェイに行くツアーに参加すると、自力でドロを掬い上げ、自分で全身に塗ってセルフエステができます。
その姿は写真の通り。
爆笑したい方にも、美しくなりたい方にもお勧めです

さて、私はどれでしょう?
ヒントは、一番張り切って「アイ〜ン」しています

スーツケース取り違え事件



私の旅のお供、愛用のスーツケースです。シールがたくさん貼られています。
一度スーツケースを取り違えられる経験をしている私は、それ以来旅行に行くと可愛いシールを探しては貼るようにしています。裏側にも貼ってあるし、写真には写ってませんが、持ち手の側にも貼ってあります。


2005年GW、パラオに行った帰りの成田での出来事です。
航空会社はJAL、直行のチャーター便でした。
私のスーツケースは一般的にはそうでもないですが、ダイバーの間ではポピュラーなのです。パラオはダイビング天国、多くの人が私と同じスーツケースを持っていました。
入国を済ませ、後は荷物を引き取って帰るだけ。
なのにhanaの荷物が出てきた後も、待てど暮らせど私の荷物が出てきません。
とうとうベルトが止まってしまい、後に残されたのは私と全く同型の他人のスーツケース。
しかたなくそのスーツケースを持って、JALの係員のところまで行きました。
運の悪いことに、パラオの空港はコンピュータシステムが整ってなくて、バゲージクレームの半券から持ち主を割り出すこともできません。名札も何もなかったため、呼び出しもかけられませんでした。
結局捜索を断念し、後の事をJAL職員に任せて、仕方なく帰宅しました。
その日のうちにJALから電話がかかってきて、翌日に無事荷物は届きましたが、やっぱり届くまでは心配で、気分が悪かったです。
ちなみに当時の私のスーツケースには旅行社のタグに名前を書いてつけていました。
私のケースは稀だとは思いますが、皆さんも荷物の取り違えには十分お気をつけ下さい。