お祭りに行ったときのこと
ふと足元を見ると、1本とれちゃってるじゃないですか!
(私は足もジェルネイルです)
このとき、サロンに行ってから1週間も経ってなかったんです。
これはやり直してもらわなくっちゃって思ってました。

家に帰ってから顔を近づけてよ〜く見てみたら、ジェルネイルがとれちゃったんじゃなくて、爪ごと剥がれているってことに気付きました
取れた時も、気づかなかったくらい痛みはありません。

思い起こせば1ヶ月以上前、足に合わない靴を履いて1日中歩いた時に、この爪が異常に痛かったっけ。
1週間くらい痛かったような気がする・・・
たぶんその時に爪がダメになっちゃってたんですね
ジェルを乗せてたので全く気付きませんでした。


とにかく、爪がないところにはペディキュアもジェルネイルもできませんから、新しい爪が伸びてくるまではこのままです。
サンダル履くのに1本だけ剥げてるなんて、みっともないなあ・・・と思っていました。
ところが、昨日お出かけした時改めて周りの人々の足元を見ると、ブーツの人が多いこと!
サンダルはすっかり少数派。
爪がないことっていうより、サンダルが恥ずかしいのかしら
サンダル、もうそろそろおしまいですかね?