私はシュノーケリングの時には、下の写真のような格好をしています。

上は長袖のラッシュガード、下は・・・hanaの水着です。
以前は下は自分の水着のままシュノーケリングを楽しんでいたのですが、一度痛い目にあって以来、この恰好に定着しました。

あれはパラオに行った時のこと。
ダイビングがメインの旅行だったのですが、日焼けにはものすごく注意して、焼けないようにしていました。
最終日にはダイビングができないので、シュノーケリングツアーに出かけました。
シュノーケリングと、シーカヤックと、ミルキーウェイを楽しむツアーです。
シーカヤックの時も細心の注意を払って、この恰好↓

見えにくいですが、手にはダイビング用のグローブはめてます。
足元はパレオでひざ掛け。もう万全の備えです。
そして、ミルキーウェイは、以前も紹介しましたね。美白パックが楽しめます

もう、日焼け対策はバッチリ。これで白い肌を守ったと思ってました・・・
ところが、帰るためにジーンズをはこうとしたら
お尻と太ももの裏側が真っ赤になってるではありませんか!
どうもお尻が熱いなあと思ってたら
シュノーケリングに夢中になっていた私は、お尻を無防備に太陽に向けたままお魚を追いかけていたのです
やっとの思いでジーンズを履き、飛行機もヒリヒリするお尻を我慢しながら帰国したのでした
家に帰ってから鏡で見ると、まるで白いパンツを履いてるような日焼け跡。
上に着ていたラッシュガードも中途半端な長さで、こんな感じの跡でした。

そして、このみっともない白いパンツ跡は、今もうっすら残ってます
みなさん、シュノーケリングする時は、お尻にも注意しましょうね。
ちなみにTOP写真はパラオのふかふかの砂につけた私のお・し・り