Mattの学校、UEAから帰ったばかりの方からコメントをいただきました。
とっても嬉しくなったので、今日は久しぶりにプチ留学の時のお話を。

07年6月24日(日)
リリさんとテラスでランチをとった後、私たちはコストコへ(ハワイだとカスコゥ)行きました。
相変わらず何もかも大きなパッケージで売られているコストコを楽しみつつ、リリさんのお買いものにお付き合い。
支払いを済ませ、車に荷物を載せ、さあ帰りましょうという時、リリさんが言いました。
「ちょっとコーヒーを飲みに行かない?〇〇は行ったことあったかしら?」
私はこの〇〇の部分が聞き取れなかったので聞き返したのですが、聞き方が悪かったのか、リリさんはその〇〇についての説明を始めました。
「インテリアがとても素敵で、美味しいクッキーとコーヒーが飲めるの。店員さんとはお友達なのよ」

結局私は〇〇がどこなのか分からないままだったのですが、「クッキーとコーヒーがあるところ=どこかのカフェ?」と思い、「OK、行きましょう」と返事しました。

そして向かったのは・・・なんと、コストコの向かいの家具屋さん
とても高級そうなインテリアが所狭しと並べられています。
リリさんは慣れた様子でぐんぐん奥まで進んで行き、無料で提供されているクッキーとコーヒーが置いてある場所まで私を連れて行きました。
「このクッキー、美味しいのよ
あっけにとられる私に、コーヒーとクッキーを差出すリリさん。
入口付近の素敵なソファー(もちろん売り物)に腰掛け、コーヒーとクッキーをいただきました
店員さんも全く動ずる様子もなく、フレンドリーに挨拶してくれます。
「彼女はとっても素敵な人でしょ。いつも良くしてくれるのよ。お友達なの。」

どんな所にもお友達を作ってしまうリリさんはやっぱり素敵な方です。
こうして私たちはちょっと変わった場所で優雅なコーヒータイムを楽しんだのでした