今日は妹が教えているバレエ教室の発表会だった。

私と妹は6歳年が離れている。今では大した差を感じないが、子供の頃の6歳差は結構大きい。
彼女が1歳になる前に私は小学生になってるし、彼女が中学生になるのと私が大学生になるのは同時だった。

そんな妹がバレエを始めたのは2歳の時。
はじめの頃は振りの意味もわからず、ただ飛び跳ねたりくるくる回ったり。
最初の発表会は、今日見た小さな生徒たちの誰よりも小さかっただろう。

だからいつも彼女が踊るのを見る時は「失敗しないかしら?緊張しすぎて振りを忘れないかしら?」とドキドキしてしまう。
もう彼女は先生と呼ばれ、キャリア〇0年を超えるというのに・・・。

踊り終わった妹の楽屋に声をかけに行ったら、彼女は小さな生徒たちに囲まれていた。
『子供たちから見た妹は、私の頭の中にいる小さな女の子ではないんだろうな』そう思いながら妹にカメラを向けると、
「私も先生と撮りたい〜!」と子供たちがたくさん集まってきた。
カメラ越しに見た妹は、私の目にも先生に見えた。