何度も何度も通っているこの道、車を停めてこの看板の写真を撮ったのはなんと、今回がお初。かずさまファミリーがいなかったら一生撮ってなかったかも。ありがとねー。
最初に通った時はこれがあの看板!と思って興奮して見た。滞在中毎日毎日通ってると後で、今度でいいやと。日本に帰りまたここに来ると今度は写真という事が頭から離れてしまう。今回はすごくいい記念になった。
これは北からハレイワの町に入る手前の看板。Ted'sの帰りに撮ったもの。

この日の波はすごかった。
ラニアケアは強風の為か、一人もサーフィンしてる人がいなかった。
ほとんど春しか来たことのないわたしはラニアケアであんな大きな波をはじめて見た。
セットが入ってきたときは興奮してかずさまのダンナ様にすごい!すごい!すごいのが入ってきたよ!ひゃーーー!!!と叫んでいたような。
ここは波が小さい時はわたしでも入れる場所。春はniceだと思います。
少し大きい時でも正面左手前で割れる所があるのでここでも入れる。今まで入った中でアウトに出るのが二番目に遠い場所かな。車を停める場所があまりよくないので盗難注意!!ハワイではどこでも同じ事がいえると思いますが。

ラニアケアを後に、次はパイプへ。
あんなパイプを見たのも初めて。その日は8-10ft。
風の影響もあってか(板が折れてしまうので)ボディーボーダーがほとんどだったパイプライン。見事なライディングを間近で見てこれまた大興奮!!この後、知り合いの柴田秀人くんに会うが彼もちょうどその時間に入っていたとか。わたしが帰る前日、前々日がパイプラインで行われるボディーボードの大会のエントリー日だったようだ。当然大会前だからあの人数のボディーボーダーがいたわけ。それにしても8-10ftの波に乗るってどんな感じなんだろ??

パイプラインを正面に見てすぐ右のエフカイビーチ、ここはパイプラインのような殺人的リーフと浅さはなく、春の穏やかな時だったら波乗りチャンス。

その後サンセットへ。
サンセットもサイズありました。6-8ftくらいだったかな。もっとあったかも。
手前のバルズリーフも割れてました。
かずさまのお母様がジェントルマンに話しかけられ、しばし彼とお話をしました。ほのぼのとした時間を過ごす事ができました。
サンセットは水の量が違うというか、波がものすごく厚い。
向かって左がキャミーズ、右がヴェルジーランド。

こんな感じのノースを満喫。
この後はタウンで美味しい、美味しいお料理とビールが待ってました。