小さい頃、両親が忙しかったこともあって、
僕の遊び相手はテレビでありました。

ちょっとおませなガキであった僕が見ていたのは、
シャボン玉ホリデーであり、
その番組で一番カッコよかったのは、
植木等さんでありました。

僕も小さかったので、どのコーナーで
どんなことをやっていたのか良く覚えて無いのですが、
テレビの中の植木さんは、音楽もやれば、
ボケもやる僕的には最初のアイドルでありました。

僕も少し大きくなり、テレビとかで放映される映画を見る頃になると、
古い東宝映画が好きで、
加山雄三の若大将シリーズや森繁さんの社長シリーズも良く見ていたのですが、
やっぱりクレイジーキャッツのニッポン無責任時代や
日本一のホラ吹き男など植木さんのハジけぶりが一番大好きで、
結構見入っておりました。

その後も歳をとられ、白髪のお爺ちゃんになられた後も、
僕にとって植木さんはアイドルで、
テレビに出ていれば、やっぱり見てしまう気になる人でした。

そんな僕のアイドルが遠いところに行ってしまわれました。

もうあのお姿が見られないのは寂しいのですが、
映画の中の平均(たいらひとしです)は僕にとって、
最高にカッコいいキャラであり、
元気を出したいときには、録画してあるビデオを見ちゃうと思います。

♪銭の無い奴は俺んとこに来い!俺も無いから心配すんな。
見ろよ青い空、白い雲
そのうち、何とかな〜るだろう〜♪


天国に行かれても、あの元気な笑い声でいて欲しいものです。