モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年8月

Trip to Okinawa!



みなさん、ハイタイ!

エアアジアが東京(成田)⇔沖縄(那覇)就航し、チケットを思わず取ってしまいました!
片道が¥6680の日を取ったので、往復で¥13360です。

だんなさんはおやすみが1日しかとれないので、週末を含む3日間。
私と息子のカイはだんなさんが来る3日前から行って、だんなさんが帰った翌日に帰る予定で、7日間。
あはは、やっぱり私とカイの方が長くいるんです〜。
せっかく沖縄まで行くのに、毎日暇してるのに、3日間じゃもったいないもん。

しかもちょっと調べたところ、沖縄って滞在費が安いんですね。
民宿とかなら2000円とかで泊まれるので、滞在が長くてもそんなにお金がかかりません。
キレイなホテルよりも私はそういうとこの方が好みだし。

でもせっかく沖縄に行くなら宮古島とか行ってみたいなー。
でもフェリーがなく、飛行機だけなのでかなり高い!
うーん、悩む。

9月末に行くので台風がちょっと心配ですが、あと1ヶ月ちょっと、計画から楽しもうと思います!

むふふ♪

2012年台湾6日間母子滞在記 No.6



みなさん、ニイハオ!

先日腰を痛めて、10日間程食っちゃ寝〜の生活を義実家宅でさせてもらってました。
家事も子育てもせずひたすら寝っころがってました。
整骨院で電気ビリビリ流したり矯正してもらったりしてだんだんと良くなってきたんですが、若干の腰痛はずっとこれからも付き合っていかなくちゃなのかなー。
普段は年齢を忘れがちですが、久々に37歳を感じました。
みなさんもお大事に。

さてそれでは5ヶ月近く前に行った台湾旅のお話の続きを。



———————–

2012.3.31 Sat. 2日目

異国の地、ここ台湾で初めて親子カフェなるものに足を踏み入れた私と2歳の息子カイ。
ローカルの親子たちに混じって、かなりローカルな感じを味わえました。
実際、お話をした数人のママ(在住日本人・台湾人)全員が、私達が旅行者であること、そして昨日到着したばかりであることに、とってもびっくりしていました。
観光地だけを観て回るよりもやっぱりそういう経験って想い出に残るなぁ。

そして想像通り、ここを離れがたいカイ。
合計5時間は居ました・・・。
「もうそろそろ次のとこ行こうよ!」
「何か食べに行こうよ!」
何度説得しようとしたか分かりません。

やっとのことで帰る気になったカイ。
何と説得したかと言うと・・・
「じゃ、しょーがない!公園でも行く?すべり台でもする?」

自分で提案しておきながら何ですが、ガーン、カイの遊び場のハシゴ・・・。
これぞ子連れの宿命です。

公園の後にはたーっぷり母の行きたいところに付き合ってもらおうっと。

そんなわけで、これまた事前に日本でリサーチしておいた子供向けの遊具がある大きな公園に向かうことに。

ホステルには戻らず、そのままMRT淡水線(電車)台大医院駅に行き、1番出口すぐにある二二八和平公園へ。
これは駅ホームのオブジェ。


これは公園入り口。


公園内の自販機でペットボトルのミネラルウォーターを購入。15元(約40円)
設置されてる案内地図で「児童遊技場」を探し、向かいます。
途中の1本の木のところに数人が立ち止まって上を眺めています。
何かな・・・?
私も見てみると、わっ、リスがいっぱいいる!!
走りまわってたり、何かを食べてたり、枝と枝の間を飛んでたり。
私もカイも興奮!


しばらく眺めた後、そうそう、遊技場、遊技場っと。
調べた通り、大きな遊具がいっぱい。
楽しそう。
早速カイも遊びはじめます。




階段をのぼって

滑ったり。


色んな遊具を片っ端から制覇。
楽しそうで何よりです。






初め躊躇してたこの輪っかも、最初の1つか2つ手伝ってあげると調子が出てきて、最後までたどりつけました。
そして何度かその後自分で挑戦してました。

子供ってどんなことでもどんな瞬間でもたくましく育っていってるんですね。

ここもローカルの子供達がいっぱい居て、その子たちに混じって台湾語が飛び交う環境で遊べて、何て刺激的なんだろう。
将来このことを覚えてはいないだろうけど、それでもこういう経験の積み重ねが、人種差別を少なくしたり世界平和を願ったりする気持ちを養うんじゃないかなーって私は思ってます。

予想通りここもなかなか離れようとはしませんでしたが、さすがに遊びまくってて疲れてきてることもあり、数回の説得でベビーカーに乗ってくれました。

公園内にはこんなものも。



サンダルを脱いで数歩歩いてみようとしましたが、2歩で断念。
くー、痛い、痛すぎる!
これの道を往復できる地元のおじいさんおばあさんはすごい!
尊敬します!

そして公園内には数人のグループが輪になって何か喋ってたり、武道の練習をしていたり、歩いて
そんな人たちを眺めてるだけでもちょっと興味深かったです。


帰りの道でもやはりさっきのリスのいっぱいいるスポットは暫くながめちゃいます。

根元に居るの見えます??

敷地内にある台湾らしい建物をバックにパチリ。


もうだいぶ外は暗くなってきました。
さーて、次は母の予定に付き合ってもらうよー。

一旦電車でホステルまで戻って、ベビーカーや不要な荷物を置いて、すぐに出かけます。
いざ、ナイトマーケットへ!

続く。