モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2012年5月

2012年台湾6日間母子滞在記 No.3



みなさん、ニイハオ!

東京の私が住んでいる場所もかなり暖かくなってきました。
もう基本的には半そで+サンダルで過ごせます。
陽も長くなってきて、私の好きな季節がやってきました。

ではでは1ヵ月半前に行ってきた台湾旅行記の続きです。


———————–

2012.3.30 Fri.

台北の空港に着き、宿泊先へバスで向かいます。
行きかたをプリントアウトしたものを握り締め、空港のカートにバックパックとベビーカーを乗せ、息子のカイを連れてバス乗り場に。
並んでるカウンターの中から「国光客運会社」のところに並びます。
2歳のカイのお金もかかるかどうかが分からなくてちょっと不安になりながらも、行き先を漢字で書いたメモを見せて大人1枚のチケットを購入。
125元(約350円)。

バス停に移動し、それらしき列に並びます。
行っちゃったばかりだったのか、結構長い間待ちました。
「バス、まだー?」
「バス、どうしちゃったのかなー?(バス)ねんねしちゃってるのかなー?」
カイはちょっと待つのに飽きてます。

やっと来たバスですが、荷物を預ける時にも係りのお兄さんに漢字の行き先メモを渡して確認。
乗る時にもドライバーさんにも確認。
よし、乗るぞ。
ほぼ満席。

乗ってからも、バスの経路を宿泊先の黄さんが事前に教えてくれていたので、それを見ながら合っていることを確認。
2番目の停留所ですが、1時間ちょっと乗っていました。
カイは窓から見える車やら橋やらに興味津々でずっとしゃべってました。

異国での移動って不安も多いけど、でも頑張って自分たちで何とかしてるのって楽しい!
個人旅行の醍醐味のひとつかも。

メモ通り、ファミリーマートが見えて右折してすぐの停留所が「庫倫街口」。
はーい、ここで降りまーす。

荷物も間違いなく受け取り、ベビーカーにカイを乗せ、バックパックを背負い、手荷物を斜めがけし、いざ電車の駅へ。

ファミリーマートまで戻り、そこから3分くらい歩くとMRT園山駅です。
ベビーカーを押してるバックパッカーの身なりの私をすれ違う台湾の人たちが見ています。

駅の改札に到着し、切符、じゃなかったトークンを買います。
紙の切符じゃなくて、丸いプラスチックのトークンです。
販売機にはちゃんと日本語や英語にも切り替えられるような分かりやすいものですが、それでも操作をすすめたり最終的にトークンを手に入れたときは
「おおぉ〜♪」
と嬉しくなっちゃいます。
カイもそれを聞いて一緒に
「おおぉ〜♪」

ホームまでエレベーターで上がり、どっち行きの電車に乗ればいいかがまだ分からず、メモを見ながらキョロキョロしていたら、通りかかったおばさんが話しかけてくれました。
中国語なので全く分かりませんが、ジェスチャーやメモを見せてコミュニケーション。
もう一人おじさんも加わって、大事になりながらも教えてもらいました。
うーん、台湾人、親切♪


淡水行き電車に乗り、士林駅で降ります。
うーん、順調。

これまたメモ通り1番出口から出て周りの楽しそうなお店や屋台を横目で見つつ、とりあえず先に宿に向かいます。

駅からは2分くらいの便利なとこにあります。
大通りから住宅がいっぱいある路地に少し入ったとこにあります。
んー、これまた私好み。
ホテルがいっぱいあるような場所じゃなくて、ローカルな場所の方が盛り上がります。
看板などは出ていなくて、住所や建物の特徴で探します。

フライトが遅れてたので予約時に知らせたチェックインの時間よりもだいぶ遅れました。
それらしき建物の前で確認をしていたら、入り口で黄さんが話しかけてくれました。
相当流暢な日本語で。

入ってすぐに階段で2階にあがります。
ベビーカーを黄さんが運んでくださいました。
カイは私が抱っこ。

入り口の鍵や設備(洗濯機・シャワー・トイレなど)の説明や、予約してあったダブルベッドのお部屋を案内してくれたり。

900元×5泊=4500元を支払い。
さっき空港で両替した中から払います。
1室1泊2600円くらいです。

カイもちょっと興奮気味。
私もだいぶ興奮気味。

うーん、駅近できれいで安くていいとこ見つけたなー♪
パピヨンステイっていうとこです。
ダブル1部屋、シングル1部屋、4人部屋一部屋がプライベートルームが2階で、あとは男性ドミトリー部屋1部屋と女性ドミトリー部屋1部屋が3階にあります。
シャワー&トイレやキッチンも2階にも3階にもあります。
洗濯機は3階のみ。
洗剤も用意してくれてるし洗濯ハンガーもあっていたれりつくせり。
特に子連れ旅には洗濯機無料って助かります。




台湾にはIKEAもあり、このパピヨンステイでは家具やリネンとかはIKEAのものが多いです。
荷物を取り出して洋服をクローゼットに、おむつを棚に、他にも色々セットし、6日間「住む」準備を整えて、スニーカーをビーサンに替えて、黄さんに描いてもらった周辺のオススメマップを持って、いざ台北の街へ!!


この時点で21時前頃。
ベビーカーにカイを乗せて、とりあえず夜ご飯を。

街なかを歩きながら
「お母さん、かなり楽しい!!!!!!」
を連呼していると
「カイも楽しい!」
と嬉しい一言。

子育て中とは言え、やっぱりお母さんも楽しんでなくちゃねー。
ある意味、無理やり連れてこさせられた息子がそんなことを言ってくれると、母は嬉しいです!

描いてもらったマップで、屋台街とお粥屋さんと果物屋が気になり行ってみました。
徒歩5分くらい。

 
果物屋さんでは、パパイヤ30元(約85円)・プラム15元(約30円)・リンゴ15元・生絞りの果肉入りオレンジジュース1�80元(約230円)を購入。


お粥屋さんでは海鮮粥70元(約200円)を購入。


鮮天下というお店では韮菜と高麗菜の水餃を各3こずつ。
各5.5元で計33元(約90円)。
ちゃんとその場で作ってくれます。
お店のおばさん
「サンコ(3個)」
って言葉は知ってたけど、それ以外は容赦なく中国語で話しかけてきて、私とカイはただただ笑いを浮かべるのみ・・・。
3って日本語でも中国語でも「サン」なので、覚えやすいですよね。

別のおばさんはお店の前の道で食器洗い。



うーん、これぞアジア!
これぞ、私のワクワクするアジア!
カイは指しゃぶりをするんですが、恐らく台湾では指しゃぶりはダメな癖とされているのか、おばさんは一生懸命中国語で
「やめなさい、そんなの。」
とカイに言ってきます。
ジェスチャーがあったので私は理解できましたが。
確かにこっちの小さい子っておしゃぶりを使ってる子が多いかも。
結構大きくなっても使ってる子も見るし。
これもそれぞれの国で違ってることのひとつだなー。
ま、指しゃぶり、日本でだってある程度の年齢になったら辞めさせるものだけど。

道端での食器洗いを見ているうちに、出来たてあつあつの水餃を受け取りました。
お金を出すのも、コインの刻印の数字をイチイチ確認しながらです。
慣れてきた頃には帰国なんだよねー。

私としては全部すぐ路上のプラスチックイスとかで食べたいけど、とりあえずカイも疲れてるだろうし
お部屋に戻って食べることに。

お部屋の机で食べます。
海鮮粥と水餃をカイと分けて食べます。
うーん、美味美味♪



海鮮粥が入ってるカップ、サンリオっぽいキャラクターが描いてあります。
これまた台湾っぽい。
日本もキャラクターであふれかえってますが、台湾もです。

海鮮粥は、イカ・マグロ・海老・ねぎ・大根・卵・白菜・コーンなどなど栄養たっぷり。
味も優しくて、カイにもぴったり。
すごいボリュームだから、シェアして食べても満足できます。


水餃も皮はぷりぷりもちもちで、中身もおいしくて、毎日でも食べれそう。
カイはそのまま、私は付けてくれたお醤油をつけて食べます。


「おいしいねぇ♪」
カイも私もそればかり。

わー、旅行ってほんと楽しい!!
やめられないわー。
むふふ、台湾旅、何だか楽しくなりそうだわー♪

買ってきた果物を冷蔵庫にしまっておきます。


共同キッチンには大きい冷蔵庫や、食器や包丁や食器洗剤やレンジや、一通り何でもそろっているので、これまた子連れには特にうれしいです。
日本からカイ用にスプーンやタッパーなどを持参していますが、それらを洗剤であらったり乾かしておくところがあるのも助かるし、果物大好きなカイのために剥いてあげることも出来るし。

シャワーを浴びて、歯磨きをして、23時半頃におやすみなさーい。
ダブルベッドの壁側にカイを寝させ、私はその隣。
カイが寝てから私は日記を書いたり、明日の計画をたてたりするつもりが、一緒に寝ちゃったzzz


続。

2012年台湾6日間母子滞在記 No.2



みなさん、ニイハオ!

ハワイブログですが、先日行った台湾滞在記をアップしてます。
久々にドカドカ更新中です。

———————–

2012.3.30 Fri.

私にとっては2回目の、そして2歳の息子にとっては初めての台湾です。
今回は2人旅です。
お休みを取れないだんなさんは日本に残り週末は趣味の山登りに行くみたいです。

14:35 成田発
17:05 台北桃園空港着
チャイナエア

が今回のフライトです。
8000円(燃油等含まず)のチケットの割には、夕方現地着夕方現地発と、理想的な時間帯のフライトで嬉しいです。

12:30pmに成田空港チェックインってことは、逆算しておうちを10:30am頃に出ます。
朝も早くないのに、ちゃんと余裕をみて起床したのに、なのになのに家を出るときはバタバタ。

リムジンバスはお金が高くてもったいないので電車の京成線を使って向かいました。

最寄り駅で乗ろうと思っていた電車の扉は目の前で閉じちゃいました・・・。
あー、乗れなかったー。
予定してたのと違う路線経路で向かいました。

それでも時間ちょっと過ぎくらいには成田空港に到着できました。
そうそう、電車の中では息子のカイもご機嫌♪


今回の荷物はベビーカーと巨大バックパックと手荷物バッグです。
ベビーカーは持っていくかを結構迷いましたが、去年のハワイの経験から、無いと厳しいと思ってもって行きました。
普段使っているマクラーレンのものは重いので、BOOK OFFで¥1200の中古の簡易バギーを買って用意しました。
前日夜中にパッキングしました。
例により寝不足です。


チェックインを済ませ預け入れ荷物を渡し身軽になってから、空港内のベーカリーカフェで軽食。
カイにもパンをあげていると結構時間がかかってしまい、キッズコーナーでは10分くらいしか遊ぶ時間がなくなってしまいました。
それでも、ハーフの同い年の女の子と一緒に楽しそうに遊んでました。


おむつを替えてから急ぎめに搭乗ゲートへ向かいましたが、ボーディングタイムが予定より遅れていました。
それならもっとキッズコーナーで遊ばせれば良かったなぁ。

去年のハワイやグアムの時と違うのは、2歳9ヶ月になったカイが飛行機に対して興味が増していたこと。
去年は一瞬飛行機に喜びましたが、今回はずっと嬉しそうに
「ひこうき、ぶーん、ぶーん♪」
と言っていました。
クマのくまた君が飛行機に乗って、くまポロ空港に遊びに行く、っていう絵本を最近読んだからかも・・・?

飛行機に乗り、テイクオフの瞬間も二人で興奮しながら手を繋いでいました。
それなのに雲の辺りまで上昇した頃には、カイは寝始めました!
ひー、さっきまでウヒャウヒャ喜んでたのに!


わーい♪
寝ている間に入国の書類も書けて、機内食もゆっくり食べれました。
わーい、わーい♪

機内食、大人はハンバーグかシーフードのチョイスで、私はハンバーグを。
チャイルドミールは事前にチョイスしてあった、チャーハン。(他のチョイスはラザニアかミートソーススパ)
チャーハン・ナゲット・パン・トマト・シュリンプ (チョコレートケーキ・コアラのマーチ・オレンジジュースは母の胃の中へ。あはは。)

起きてから、ちょっと冷めてしまった機内食を食べ始めました。
さすがにさっきパンを食べたばかりだったので、味見程度でごちそうさまでした。

席は3列席の窓際がカイ、真ん中が私、そして通路側に白人の10代後半くらいの男の子でした。
乗ったときすぐに一応
「子供がうるさくしたらごめんなさい。」
ということを伝えておきました。
カイが起きてからは、カイに話しかけてくれたり
「He is really cute and a good boy!」(かわいくて良い子だね。)
と言ってくれたり、最後には
「連れて帰っちゃいたい!」
とまで言ってくれて可愛がってくれました。
カイは人見知りしてましたが。
優しいお兄さんが隣で良かった♪

去年のハワイと比べると、台湾やグアムはやっぱりフライトが楽!
特に子連れはフライト時間が短いのは安心ですよね。
今回も、寝てくれたのもありますが、それでも機内食を食べたり、持参したシールやお絵描きで遊んだりしてたら、すぐ到着でした。

機内で、忘れ物に気付きました!
さっき成田でおむつを替えたときに、おむつポーチ(おむつやおしり拭きなどを入れた袋)をどうやら置いてきてしまったみたい!
CAの方にその旨を伝え、帰りのフライトの時にあったか無かったかを教えてもらうようにお願いしました。
あー、やっちゃったー。
ポーチ、「KAI」と名前入りで気に入ってたんだけどなー。
しかも6日間分のお尻拭きだから使いかけのじゃなくて新しいのを入れてきたんだけどなぁ。
帰りにでもいいから、成田で受け取れればいいなぁ。
(後日談:結局、届いても見つかってもいないようで、戻ってきませんでした・・・。)

そのCAさんがその話をした数分後に、おむつセットを持ってきてくれました。
Lサイズのおむつ5枚くらいと10枚入りくらいのお尻拭きを2個。
十分すぎるくらいいただいちゃいました。
それと一緒におもちゃも。
レゴもどきの戦車+人と、塗り絵セットです。
レゴもどきはかなり難しいので私が組み立てたんですが、固くて中々組み立てられず、30分くらいかかりました。
出来上がってからはそれでひたすら遊んでました。
ありがたやー。

そんなこんなをしているうちに、予定より40分くらい遅れましたが台北桃園空港に到着。
カイは空港内でも絶好調。
楽しそうに突き進みます。

カイ 「これ何?」
私 「歩く歩道」
カイ 「あゆくほおお!!」

この会話を数十回繰り返しながら、なぜか大ウケ。


空港内で何枚かパチリ。



空港の台湾銀行で両替。
40000円が13990台湾ドルになりました。
レートは0.35で、30台湾ドルの手数料が引いてありました。 
お金の計算としては、台湾ドルに3を掛けたものよりちょっとだけ安くすると日本円になります。

さーて、空港から宿泊先まではバスで向かいます。
チケット買ったり、ちゃんと正しいバスに乗ったり、出来るかなー?

むふふ、私と息子の台湾6日間の旅のはじまりはじまり〜♪
笑いが止まりません。くくく。

続。

2012年台湾6日間母子滞在記 No.1



みなさん、ニイハオ!

去年のハワイ母子旅行記がやっと終わり、そのすぐ後に行ったグアム家族旅行記はすっとばし、今日から台湾旅編を始めます。



今年の3月末から4月頭にかけて台湾に6日間行ってきたんです。

グアムにしても台湾にしても、ハワイブログからはちょっと離れちゃいますが、ぜひお付き合いくださいませ。



始める前に先に合計金額をメモがてらアップしておきます。

・航空券 (¥8000+燃油+空港使用料など) 私と2歳の息子カイの分合わせて ¥51940
・現地費用 (ダブルベッドで5泊+食費+お土産+交通費+観光費など) ¥34000

今回の6日間台湾旅行費は二人分合計で¥86000でした。




次回からは旅行記を始めます。

2011年ハワイ12日間母子滞在記 No.52



みなさん、アロハ!

今日は東京の私の住んでる地域は晴れたり曇ったり雨がザーザー降ったり、忙しいお天気でした。
バスでちょっと行ったところでこども祭りっていうイベントがあったので出かけたんですが、途中で大雨が降ってきて、楽しみにしていたフリマが見れませんでした。

でもでも帰りのバスの車内の車窓からは、特大ダブルレインボーをみることができました
なんかとってもいいことがありそうな気分になって幸せでした

数分間、「ここはきっとハワイ。いや、絶対にハワイ」と思い込むことが出来ました

では去年のハワイ母子旅行記の続き。

———————————-

2011年6月2&3日 木&金曜日 11&12日目

今日は寂しい寂しい、帰国日・・・。
はー、12日間って短かったなー。

ハワイ独特のゆーったりした感覚って、やっぱり滞在が長ければ長いほど感じられる気がします。
以前のように2ヶ月、・・・いや、1ヶ月間でもいいから、それくらいの長さの滞在をしたい!
って心から思いました。
12日間って実質10日間で、それくらいだと、ここにも行っておかなくちゃ・これも食べておかなくちゃ・これを買っておかなくちゃ・・・で忙しくなっちゃうんですよねぇ。
せっかくゆっくりしに行ってるのに。
次回は、いざ長期!!

今日のフライトは13:35ホノルル発、16:25成田着のデルタ便。
11:30amにホノルル空港に着いていなくちゃだから、それから逆算した時間に、先日予約したVIPトランスのシャトルバスが、泊まっているマイレスカイコートホテル前に迎えにきます。
(後日談:詳細な時間はメモし忘れていたので不明です・・・。)

そこから更に逆算して起きる時間を決め、自分の腕時計のアラームとケータイのアラームだけでは心配なので、wake up callもお願いして万全です。

昨夜必死でパッキングを済ませたとは言え、息子のカイを起こしてシリアルのラスト朝食を食べさせたりおかわり要求に応えたり、歯ブラシやパジャマやスプーンなどギリギリまで使ったものを更にパッキングしたりしていたら、あっと言う間にお迎え時間!

一人だったらきっと昨夜は夜遅くまでカフェでお茶し、それからテレビを観ながらゆっくりパッキングを始め、一睡もせずに朝一番のワイキキビーチでも散歩しながらハワイを堪能する
そう思いますが、そこは子連れ旅なので、無理のない範囲で行動です。
(とは言いつつ、息子にはだいぶ無理させてますが・・・。)

余裕をもって起きたつもりですが、それでもなぜか最後はバタバタ!
そんなに広くない部屋の中を小走りしながら準備です。

予約時間のちょっと前にチェックアウトを無事済ませ、大荷物3つ(スーツケース・巨大バックパック・機内手荷物)+ベビーカー+幼児1名をかかえて必死の形相の私。
すれ違う人全員、不憫そうな顔でみてました。

シャトルバスの英語での予約、フライト時間は?フライトナンバーは?航空会社は?など聞かれたことにただ答えるだけですが、それでも英語ってだけでちょっと心配。
ちゃんと来てくれるかなぁ?
ホテル名はちゃんと伝わってるかなぁ?

ほぼ時間通りにお迎えはやってきました。
荷物をドライバーのお姉さんにお願いして、手荷物とカイと一緒に乗り込むと、車内には3組くらいのお客さん。
全員英語圏の方でした。
うーん、最後まで外国気分でいられるわ。

帰りの車窓は、後ろ髪をひかれまくりますが、じーっくり眺めておきます。

空港に時間通りに着き、スーツケースとバックパックを預けます。
近くに秤が置いてありました。

うーん、便利!
事前にチェックできれば、列だって進みがよくなりますもんね。
前にはこれ、無かった気がするんだけど、最近設置したのかな?

50以下がセーフです。
いざ、計量!

スーツケースが50.5!
0.5減らすだけです。
うーん、私にしては優秀!
基本的に重いものをスーツケースに、軽いものをバックパックに入れていたので、ちょっと入れ替えてもう一度計るとセーフな重さになりました。

チェックインし、フードコートでランチを買います。
空港で食べるのって大しておいしくない割りに高いのでここ数年避けていましたが、今回は事前に買う時間が無かったんです。

カイも食べれるものを考えて、Chow Mein Expressというチャイニーズプレートにしました。
2チョイスのプレートランチ$8.58で、ライスをカイに半分あげてそれにベビーフードをかけてあげました。


私のチョイスも悪かったのかもしれませんが、やっぱりお味はイマイチ。
次回はちゃんとどこかで調達して空港に向かおっと。

DFSにも特に興味がないので、探しているハワイアンネームの本を本屋で探した(ありませんでしたが)後は、すぐにゲートに向かいました。

カイはどっか向いちゃってますが、飛行機をバックに写真を。

これを撮ってくれたのも、日本人の母子旅行の方でした。
パワフルなママで、ハワイ好き話で盛り上がりました。

時間になり機内に入ってみると、子連れ同士だからか先ほどのママと娘さんの席の斜め後ろでした。
カイがフライト中に飽きてきた頃、カイよりだいぶお姉ちゃんの娘さんがミニクレヨンとお絵描き帳(ジッピーズやファミレスで子供にくれるようなもの)をカイにくれました。
それだけでなくシールもくれたり。
私もそれなりにご機嫌取りおもちゃを持参していましたが、「お姉ちゃんがくれたおもちゃ」ってのがカイにとっては特別嬉しかったようです。
それでだいぶご機嫌がよくなり、すごく助かりました。
優しいお姉ちゃん、ありがとう。

近くの他の乗客の方にも乗ってすぐに、うるさくしたらすみませんとお詫びを言っておきましたが、それほど愚図りもせず、本当に良かったです。

帰国便はカイが旅疲れでいっぱい寝てくれるのを期待していた私ですが、期待はずれに終わりました。
母はぐったりです。
でも大して愚図りもせず、長いフライトをガマンしてくれた息子に感謝です。
それどころか、12日間母のハワイ満喫旅行に一緒に付き合って楽しんでくれてありがとうね。

成田空港に着き、リムジンバスの時間までの間、空港を散策。

カイはこの巨大ホットドッグがなぜか怖いみたいで、横を半泣きで通ってました。


以前のハワイ滞在の時にお友達になったMちゃんと事前に連絡をとっていて、空港で再会しました。
空港近くに住んでるみたいなので来てくれました。
お茶しながら、ハワイお土産話を。
ハワイでおとな買いした I HAWAII Tシャツの黄緑をお土産でプレゼント。
パジャマで着てちょ。
ハワイ好き同士なので、話も盛り上がります。

その後バイトが入っているようだし、私たちもこれから2時間かけて家に帰るので、そんなに長くは話せませんでしたが、久しぶりに会えて嬉しかったです。

時間になり、リムジンバスで帰りました。
帰りのリムジンバスではカイも少しは寝てくれて、私も休むことが出来ました。

はー、楽しかった、楽しかった!
そういえば、ハワイは友達と行ったり一人で行ったりだんなさんと行ったりして、今回は息子と行ったんだなぁ・・・。

どれもステキな想い出ばかりで、やっぱりハワイって特別!
やっぱりハワイ大好き!!!
行く度にどんどん好きになっていくハワイ、次はいつ行こうかなー♪

そうそう、2週間後にはグアム家族旅行が待ってます。
それも全力で楽しむぞー!!!

———————————


てなわけで、2011年ハワイ12日間母子滞在記はこれにて終了!
最後に書きましたが、このハワイ旅のあとにはすぐにグアムに行ってきました。
それまたたくさん写真も撮ったし、楽しい想い出もいっぱい出来たので、それもゆっくりアップできればと思います。