みなさん、ニイハオ!

週末には沖縄や九州で台風が猛威を振るうかもってニュースで観ました。
被害が大きくないといいですね。
再来週に沖縄旅行を計画してるんですが、その頃はどうかな。

息子のカイにも最近沖縄旅行の話をよくしてるんですが、飛行機に乗ったり海でバシャバシャしたりするのを楽しみにしてくれています。
今回も一緒に楽しむぞー!

ではではもう半年も前になりましたが、台湾旅行記の続きです。

———————–

2012.3.31 Sat. 2日目

台湾式シャンプーを堪能した私は、次もまたカイを連れて私の行きたい場所へ向かいます。

これぞ、台湾旅の目的!
いざナイトマーケットへ!

台湾では大小合わせたら数え切れないほどのナイトマーケットが開催されています。
その中でもガイドブックには数ページの特集が組まれているほど有名で規模の大きいのが、士林夜市。
ほとんどの観光客が行くんじゃないかという場所です。
以前の台湾旅の時にも台湾人のお友達に連れてきてもらいました。
観光客プライスも多いですが、それでも楽しい場所。

泊まっているホステルの最寄り駅とは隣の駅で開催されているので、頑張れば歩けますが、子連れなので無理をせず電車で向かいました。
ベビーカーは混雑していたら邪魔かもしれないので、歩いてもらいました。

以前に来た時は連れてきてもらったのでよく道も覚えていなくて、案内図を見ながら歩いて、到着!

すごい熱気です。
これが毎夜だなんてほんとびっくりです。
これだけでパワーをもらえちゃう感じ。

ブラブラキョロキョロしながら、気になったものを買い食い。
うーん、これぞ台湾!
楽しい、楽しすぎる!

まず気になったのはフライドミルク屋さん。

牛乳味のドロドロした塊を油で揚げて、串にさしてあるものです。
3つで1串。1串20元(約55円)。


揚げたてあっつ熱を食べてみると、うーん、優しい甘みでおいしい!
息子には甘いものをあげていない私ですが、旅行中だとそのポリシーもちょっと揺らいで、1つ分をあげました。
おいしいみたいで、追加を要求されましたが、色んなものを試したいのでこれはおしまーい。

次に見つけたのは、ミニミニソーセージ屋さん。

右にある屋台がそうです。

これまた3つで1串。1串20元(約55円)。


もちろん間違いのない味です。
うーん、おいしい!
これまたあっつ熱なので、だいぶ時間が経ってから、1つだけカイのお口に入りました。
ソーセージ大好きなカイは1つじゃ足りないみたいで、先ほどのフライドミルクとこのソーセージで食欲が刺激されたみたい。

さらに歩きます。
さっきから私が気になっているのがフルーツ屋さん。
数軒置きに色んなところで別のフルーツ屋台が営業してます。
旅前のネット情報では「これぞ観光客プライス!」だとか「もう絶対買わない!」だとか悪評も多いみたい。
もちろんフルーツ天国の台湾なので、味はおいしいみたいなんですが。

気軽に試食もくれるので、それを何軒かでもらっておしまいにしようかとも思ったんですが、それだけでおしまいに出来ないのが、無類のフルーツ好きのうちのカイさん。

しょーがない、母さんは冒険してみるよ。
数あるフルーツ屋さんの中から、勘である1軒にトライ。

同じように試食をもらってから、数種類をチョイスして透明のカップに入れてもらいます。
「ハウマッチ?」
最初にちゃんと聞いておかなくちゃと思って聞きましたが
「重さとどのフルーツを選ぶかによるから、最後に教えるよ。」
と。
うーん、気がすすまないけど、すっかりカイの目は輝いています。

定番マンゴーやらスイカやらメロンやらを少しづつチョイスして、後はあまり日本でみたことのないものも少し入れてもらいます。

さて
「ハウマッチ?」

「120元(約350円)。」

目玉が飛び出るほどの金額ではないけど、それでもやっぱりちょっと高い・・・。
昨日ホステルの近くの八百屋さんで丸ごとフルーツを買った金額とどうしても比べちゃう・・・。
もちろんカットフルーツのほうがだいぶ高いのも分かるし、ここは観光客メインの場所、それでも一応母さんは粘りました。

「もっと安くして。」

お兄さんは隣の店主であろうおばちゃんに確認をとってから
「OK…100元。」

70元にしてもらおうとしましたが、それ以上にはならず、100元で購入。
高いけど、まー、しょーがない。

近くにプーマショップがあって、その前にベンチがありました。
そこに座って食べてるローカルっぽい人がいたので、私達もゆっくりそこで食べることに。
ほとんどをカイにたべられてしまいましたが、私もマンゴーは頑張って確保。
美味♪
私がメロンをアーンとカイの口に入れ終えた、その長い爪楊枝の先がユラユラして遊んでいたカイの右目に!!!
ひーーーーー!!!!!
びーっくりして、すぐに目を無理やり見させましたが、傷も血も見当たりません。
私は汗だくになりながら謝りました。
カイもびっくりした声を出して、その後目をこすったりしていました。
数分間そこで様子を見ましたが、何とか大丈夫そうなので、ちょっと一安心。
ごめんね、これからは気をつけるね。

びっくしすぎて買ったフルーツの写真を撮るのを忘れました・・・。

それから地下にあるフード専門コーナーへ。
地上にもたくさんの食べ物屋台がありますが、地下にあるそこは食べ物屋さんばーっかりが所狭しと並んでいます。
観光客が多いので全天候型にしたみたい。
これまたすごい熱気。
以前の台湾旅のときにはまだ地下に集約されていなかったので、ここは今回が初めて。


以前食べた牡蠣のオムレツ屋さんも何軒もあって、どこで食べようか迷っちゃう。
キョロキョロしてる私に抱っこされているカイさん、何だかちょっと様子がおかしい・・・。
さっきの目でもないみたいだし、あれれ、何だか苦しそう・・・。
あれれ、ちょっとオエッってなってる!!

あっ、もしかして屋台から出る独特の臭いにやられてしまっている様子・・・。
すぐに地上に出ると、どうやら大丈夫になったみたい・・・。

あぁ、ここの地下で食べるの、ものすごく楽しみにしてたんだけどなぁ・・・。
でもまぁしょーがない、地上で探しますか、今夜のご飯を。

地上にも数軒その場に座って食べれるお店もあります。
その中の1軒に入ってみます。

すごーく混んでて、空いた席を狙って入店。
みんなが相席です。
・・・オーダーの仕組みが分からない・・・。
テーブルにオーダー表のようなメニューのような紙がありますが、パウチされていて記入することは出来ないし、かと言って忙しそうにお料理を運んでる店員さんは私達には全く目もくれないし。

通りかかった店員のおじさんに一応注文してみましたが、聞いてくれてるんだか聞き流されたんだか良く分からず。
とりあえず運ばれてくるかちょっと待ってみることに。

待ちきれないカイには持ってきていたべーグルを食べててもらいました。




結構長い間待って不安になってきたところで、隣に座ってたカップルの男の人のほうが台湾語で何か聞いてきてくれました。
ジェスチャーと英語で分かってもらえたようで、その人が立って店員さんにオーダーしに行ってくれました。
ほー、ありがたやー!
謝 謝!
やっぱりオーダーできてなかったのね・・・。

それからすぐに運ばれてきたのが、これ。


青菜炒め 20元(約55円)
魯肉飯 30元(約85円)

わー、これこれ、これ食べたかったのよー。
うううぅ、相当おいしい!

1週間くらい連続で食べれそう♪

カイはやっぱり食欲がないみたいで、これらには手を付けず。
私が食べ終えるまでの間、飽きてきたカイさんはお絵描きタイム。


その後も食べ物屋さんや洋服屋さんや雑貨屋さんもウロチョロ見て周りました。
面白日本語もたくさん。

テソプラ・ミートボ ル・オイルのケーキ(←これ、何か食欲わかないわー。)


店名が「yamanba」(ヤマンバ)だけど、売ってる商品はお嬢様系の服ばかり。


ロディとミッキーが合体。

あー、プラプラしてるだけで楽しい!
たまらん!!

食後にタピオカミルクティが飲みたい!
プラプラしながら探すことにしました。

ある屋台の隣を通ったとき、またもやカイの様子がおかしくなりました。
オエッってなってる!

慌てて通り過ぎながらも横を見ると臭豆腐屋さん。
もしかしてさっきもこれ?
この臭い?

前回の台湾旅でローカルの友達に連れていってもらって、トライしたけど、母が頑張って完食したよ。
初めてだしおいしくは感じなかったけどさー。

今回は通り過ぎてもオエッが続いてます。
(以下、不愉快な描写が出てきますので、ご了承を。)

ダメそうなので、道の端っこの植え込みでとうとう嘔吐。

さっきの目に爪楊枝の時もあせりましたが、今回もあせりました。
周りの人やお店には迷惑のかからない場所でしたが、それでも周りのみなさん、すみません。
そしてカイにはもっとすみません。
ごめんね、お母さんに付き合ってもらって。

(後日談):でもでもでもでもでも、こんな旅が大好きなお母さんのもとに生まれたんだし、そのうち慣れていってね。(あはは。)

ひとしきり嘔吐したらどうやら落ち着いたらしく、おしゃべりもするし顔色も良くなりました。
でも着ていたシャカシャカ上着とズボンは汚れてしまいました。
それに私の服も少しだけ。

汚れたのをそのままにすると、また気分が悪くなるかもしれないので、ちょっと寒いけど上着は脱がせてビニール袋へ。
そしてズボンは、さっきブラブラしてるときに見つけたキッズ服屋さんが近かったのでそこまで歩いて、あまり選ぶこともせずに緑と白のボーダーのを200元(約570円)で購入し、その場で着替えさせました。

電車では帰らず、タクシーをひろってホステルまで帰りました。
75元(約220円)でしたが、おつりのちょっとの分はもらわずにチップとしました。

戻ってからまずはカイと一緒にシャワーを浴びました。
歯磨きも済ませて、部屋を真っ暗にしてカイが寝た後に、私は汚れた服を手洗いした後に洗濯機にかけました。

洗濯機が止まるまでの間私は日記を書いたり、ガイドブックを読んだり。
そして洗濯物を干してから私も就寝zzz

明日はどこで何をしよっかなー♪
カイも調子が良くなっていますように・・・。