モーハワイ☆コム

機内の床に草や花が生えたりしてません


今夜から明日にかけて前線の影響を受けて、
天気が悪くなる様なことが、
ネットの天気予報に出ていました。
風が吹かなず、雨量も少ないと嬉しいのですが、
そうではないらしいです。
ご注意ください。

ハワイアン航空の機内放送の続きは、
非常時に出口を確認出来る様に、
非常用通路証明が案内されていました。
20180709haair20
「この飛行機には出口を確認できるよう、非常用通路照明も装備されています。」
多くの航空会社は機内の映像で示しますが、
ハワイアン航空は、それ以外にもありました。
20180709haair21
メッセージとしては同じですが映像は草原の中。
自然を利用しながら、気を引き付ける手もありましたか。
素敵な表現だと思いました。

非常口説明が分かりやすい ハワイアン航空


この所、場所にもよると思いますが、
東京近辺は風が強く吹いています。
かなり強くて外を歩くのが嫌になります。
テレビの天気予報では何も言わないけど、
穏やかになるのはいつでしょう。

今日もハワイアン航空の機内放送。
非常口の案内が、とても分かりやすいのでご紹介します。
始まりは
20180709haair14
「この飛行機には非常口が全部で8箇所ございます」
と、フラを踊りながら説明が入ります。
そして写真はありませんが、指で8を示します。
次に
20180709haair15
「機体の左側に4つ、右側に4つございます」
と、案内してから次の画面になります。
20180709haair16
「お座席に一番近い非常口2つをご確認ください」
と、砂浜に書いた機体の絵のドア位置を赤く示しています。
20180709haair17
「翼のすぐ後ろにある非常口を除き、脱出用シュートは取り外しが可能で」
と、脱出用シュートが濃い色で示されています。
次の絵では
20180709haair18
翼のすぐ後ろにある非常口の脱出用シュートの所には赤色でバツで示して、
他の脱出用シュートは着たいから離れていきます。
最後は
20180709haair19
「水上に緊急着陸した場合に救命ラフトとして利用できます。」
と、サーフボードを持った人が海に向かって走っていきます。
映像と文字を見ただけでも伝わるのは良いと思います。

電子機器の利用可能を動画説明 ハワイアン航空


今日の東京は場所によって強風だったり、
雨だったりで、行く先々が不安でした。
折り畳み傘を持って出かける方が無難でした。

今日もハワイアン航空の非常設備案内の続きです。
案内順に紹介していますが、
このタイミング?
って、思ったのが、こちら。
20180709haair12
画面に出ている文字は
「携帯電話などの電子機器は、フライト中いつでもご利用いただけます」
と、スマホで写真撮影して教えています。
ですが、ちゃんと注意もしています。
20180709haair13
「ご利用の際は機内モードに設定し、すべての通信機能がオフになっていることを
 ご確認ください」
です。
シートベルトの説明の次に電子機器の利用説明?
逆か、電子機器の利用説明は最後で良くない?

出発前のビデオ案内は必ず見て ハワイアン航空


北海道の地震ニュースには驚きました。
地球は、日本列島は大丈夫なのでしょうか。
自然の力には負けますが、
自分に出来る出来ることは何だろう。

今日もハワイアン航空のこと。
久しぶりに乗ったので、驚くことが多すぎて・・・(笑)。
乗客が乗り、ドアが閉まると、
飛行機はゲートを離れて滑走路に向かいます。
その間に目の前の画面に流れた話です。
20180709haair9
ハワイアン航空なのでハワイの雰囲気はあるにしても、
内容は非常設備の案内が始まりました。
その内容が面白いので写真に収めました。
これは
20180709haair10
「シートベルトの着用サインが消えたら」
続いて
20180709haair11
「お席を離れていただいても結構です」
と、トレッキング中(?)のカップル映像で説明がありました。

どこまで気をひきつけるのでしょう。
明日も紹介したいと思います。

ハワイアン航空 エコノミーのアメニティグッズ


あるニュースに台風21号による関西空港の被害は、
想定超えかもしれないと書いていました。
「想定超え」と言う文字は、東日本大震災の時にも見ましたが、
費用対効果なども考慮しての設計した結果なのでしょうから、
設計をする仕事は難しいと思います。
しばらく台風が来ないことを願います。

しばらくはハワイアン航空のことを記事にします。
今日はエコノミークラスのアメニティを紹介します。
配られたのは、これ。
20180709haair7
見た目はスナックが入っているのかと思わせます。
密閉できる袋だからかな。
開けると
20180709haair8
中には、アイマスク、イヤホン、耳栓が入っていました。
飛行機を利用した後だから書けるのですが、
相変わらず機内は寒いので、
パーカーを持参し忘れたので、
パーカーも配って欲しかったです。

ハワイアン航空のことを学ぶ6


今回の台風で、かなり被害が出ています。
まだ強風の地域がありますので、
引き続き注意してください。

今日もハワイアン航空の「歴史」を学びます。
今日は、この1枚。
20180709haair6
2010年にはエアバスを導入して、
これまでの機材よりも燃料効率、客席数、快適さを向上させて、航続距離も伸びたことで、
日本、韓国、ニュージーランドやニューヨークにも直行便を出して、世界中を飛ぶ航空会社になっています。
ハワイアン航空は日本路線を強化するため、
2016年12月にはコナ線を新規開設し、さらにJALと業務提携を締結してコードシェアを開始しています。
今後のハワイアン航空が楽しみ?
これでハワイアン航空の歴史話は終わりです。

ハワイアン航空のことを学ぶ5


今日は9月最初の出勤日。
電車が混みだしたのですが、
電車内の冷房が効き過ぎて寒かったです。
明日は台風の影響があるので、
何を着て、何を履いて行けば良いのやら・・・。

今日もハワイアン航空の「歴史」を学びます。
今日は、この1枚。
20180709haair5
1990年に、ハワイアン航空は国際的な旅行誌で、
世界でもっとも安全な航空会社と評価されたそうです。
その評価理由として、20年にわたるデータからハワイアン航空の創業以、
死亡事故を起こしていない1社であることだったから。
その安全性は今でも破られることなく飛んでいるのですね。
1993年には、アメリカン航空の親会社とマーケティングとサービスに関する契約をして、
L-1011をアメリカン航空が提供するDC-10に切り替えたそうです。
そして2001年にはDC-9全てをB717に、2002年にはDC-10をB767-300ERに切り替えたそうです。
機材を変えて1度に運べる旅客数を増やしていったのですね。

ハワイアン航空のことを学ぶ4


今日の東京は涼しい1日になったと思います。
雨も降ったりしたからですね。
予報では台風21号が、明日の夜から本州に上陸みたいです。
ベランダに出している物は片付ける様にしないと・・・。

今日もハワイアン航空の「歴史」を見ていきましょう。
今日は、この1枚。
20180709haair4
主な内容は、
ハワイアン航空は、1984年にDC-8を導入したそうです。
その結果、世界各地へのチャーター便を飛ばすことを始めたとか。
1985年にL-1011を導入して、
ロサンゼルスとハワイの直行便が毎日運行したそうです。
1986年にはサンフランシスコ、シアトルとも直行便が飛んだそうです。、
新しい機材を導入する度に新しい空港に就航し、
遠くだけではなく、近くのアメリカ領やフランス領の島々にも就航させて、
ハワイアン航空の名前を広めたのでしょうね。

ハワイアン航空のことを学ぶ3


今日から9月。
今日の関東地方は不安定な天気だった様ですが、
台風21号の影響なのか異常気象のせいなのか。
屋外イベントの企画も大変でしょうね。

今日も続きで、
ハワイアン航空の「歴史」を見ていきましょう。
今日は、この1枚。
20180709haair3
主な内容は
1941年にインターアイランド(Inter-Island Airways)からハワイアン航空に改めたそうです。
そしてDC-3を導入して、主力機として活躍していたとのことです。
さらにハワイアン航空は史上初の貨物機運行認可を得たそうで、
第二次大戦中はハワイ諸島へ生活用品を運んだそうです。
その後、ジェット旅客機が登場したことで航空交通量を増やし、
1966年にDC-9を導入して多くの人を運び、
無くてはならない存在になったのでしょう。

ハワイアン航空のことを学ぶ2


今日も東京は暑かったです。
でも、夜になって涼しくなったのが嬉しいです。
窓を開けて寝ると風邪ひきそう。

今日は昨日の続きで、
コントローラーを操作していて見つけた「歴史」を見ることにしました。
今日は、この1枚。
20180709haair2
主な内容は
ハワイアン航空は1929年1月30日に、
Inter-Island Airwaysとして創業したそうです。
1929年10月にCH-300という飛行機で、
ハワイの人々にオアフ島観光という革命的なコンセプトを紹介したそうです。
その後、1929年11月11日に定期便として、
8人乗りで水陸両用複葉機2機でオアフ島からマウイ島とハワイ島に就航したそうです。
運べる人数が少ないので、料金も高かったのでしょうね。