今日は今年2019年3月の成田発ホノルル行き、JALエコノミー機内食を紹介します。
20190309jal1
ドリンクサービスの次に食事が配られました。
今回の機内食ですが、
ホームページに書いてあるメニューでは、
[レフェルヴェソンス 生江シェフ監修メニュー]
春の筍ハンバーグ 山椒香るデミグラス
桜えび、菜の花、桜の花のポテトサラダ
フレッシュサラダ ドレッシング
ブレッド
青梅のチーズケーキ

と、書いてありました。
それが、これです。
20190309jalfood3
ハンバーグですが筍で見えないので、
動かしたら出てきました。
20190309jalfood4
作った順番がまるわかり。
ハンバーグを置いて、筍を置いてからソースをかけているので、
下までソースはありませんでした。
2018年11月も生江シェフ監修メニューになっていましたが、
本当にシェフと打ち合わせしたのでしょうか?
温め方、パッケージへの入れる順番などのほか、
ソースの味が濃すぎて水とか美味しい緑茶が無いと食べれませんでした。
美味しかったのは「桜えび、菜の花、桜の花のポテトサラダ」だけ。

経費削減はわかるのですが、いっそ食事は出さないとかありでは?
日系なら青の航空会社は美味しいかも??