ヒロの町を歩き、観光します。

ショッピングの人達で賑やかですが、静かな一画がありました。
その場所はカメハメハ通りとカラカウア通りの角です。

この看板で、すぐにわかりますよね。
ここが パシフィック・ツナミ・ミュージアム です。

ヒロの町は1946年と1960年と、2回も津波被害にあっています。
特に1946年の津波では173人の方が亡くなったそうです。
その津波被害を忘れず、次に役立たせるために被害状況などを残そうと博物館を
造ったそうです。

時間がなかったため、今回は残念ながら入館することは出来ませんでした。
ここでは被害にあったヒロを復活させた人達の歴史も知る事が出来ると思います。