モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2009年7月

レッツゴー登山:其の4、看板に気を取られながら。



 なんか写真横になったけどー(当直明けなので、面倒なのでこのままで許して)。んで、ダイヤモンドヘッド登頂直後までを報告。写真多くて、頂上まで本日は行けません(笑)。頂上の景色は次回期待!
踏みしめる大地は傾斜していて、普段平らな地面を歩いている僕にとって、重力が襲いかかります。最近はデスクワークが多いので、足腰が弱っています(泣)。
 さて、歴史を感じる看板。ここは、敵兵を監視する場所だったのねー。
 それより、登山が嫌いな人でも楽しんでくれるのかな?という心配とともに。

レッツゴー登山:其の3、目指せ虹のトンネル!



 残念な雨空の早朝ワイキキ。目指すはあの「マグロの頭」なクレーターです。
 この特徴的な山は、昔の人にはマグロの頭に見えたらしく、またそれ故のハワイの神話で、かの有名な火の神ペレの妹ヒイアカが、Le’ahi(マグロの頭)と名付けたそうです。
 んーまあ、猫の額にも似てるけど。
僕ならLe'popokiと名付けたかなあ(笑)

レッツゴー登山:其の2。折れそうな心との格闘



 何故だか久しぶりにダイヤモンドヘッドに登ってみたくなった数ヶ月前。今回はJTBのツアーなので、「ダイヤモンドヘッド早朝登山」が、無料オプションに有ります。まあ、この代金込みなんだろうな、とか思いつつ、朝が弱いの忘れて申し込みました。

夢の有る話、2046年5月に。



 みなさん、37年後、オフ会しませんか(笑)。
明日は皆既日食です。NASAのホームページにアクセス出来ません。
次のハワイで起る、日食や月食を調べようと思ったのですが。重くて無理でした。
で、何を言いたかったか?それは。。。。

モアナサーフライダー:その2、部屋からの景観



 以前より、モアナサーフライダーは候補に挙がっていたにもかかわらず、今迄泊まった事が無かった。ハワイがらみの映画等には、いつも当然の如く登場するホテルです。リノベーションも終わった事だし、泊まってみるか的のりで予約してみました。
 しかしながら、モアナホテルの歴史を体験するには勇気がなく、新しいサーフライダーに賭けに出る覇気もなかったんで(そのあたりが駄目なんだなあ。今思えばバニアンベランダを選んでみた方が良かったかなー。でも、ハワイに行く頃には大抵疲れてるので、リラックスを選択しちゃいます)、ダイヤモンドウイングを選んでみました。出発前7日目くらいに気が付いたのは、ラナイが狭い事。まあ仕方ないです。で、どんな景色カンジだったか??

ソラを見上げて。元気ですかー!!?



 オアフ到着は大抵朝なので、大体のホテルはチェックイン出来ませんよね。
 最近は、「部屋が空いてるからどうぞ」的なノリで、入れてくれる事が少なくなった気がします。で、まあ、モアナのチェックイン時間迄、ぶらぶらしてみます。勿論、海はさることながら、空が青くて綺麗。見上げると、何となく、「ソラ」たちに会えた気がします。おーい、元気か??

POKE MIXって、どうよ?



 自分で作るPOKEがオリジナルになりつつ有り、本当のオアフ的POKEの味がどんなだったか忘れがちな今日この頃。
 ワードセンターのマーケットに「即席pokemix」が有ると言う情報を得て、見に来ました。おー、これか!!

モアナサーフライダー:其の1、向かえ!ファーストレディー



 エレベーターの鏡に向かって、自分を取った頃は、既にハワイ4日目。もう頭が南国です。帰国のことなぞ、何一つ考えてませんな感じで、コインランドリーから戻る途中です。コインランドリーの両替機についてはまた後ほど(謎)。
 しかしなあ。ハワイに着いた時は、天気が悪くて行く先悩んだ物だ。。。。。

レッツゴー登山、その1



 モーハのトップの動画に便乗して、ダイヤモンドヘッドへレッツゴー登山! 僕は7年前に一度、此処に登ってますが、あの景色が忘れられなく、「ひい」に提案します。登る?
 最初は「No!」の返事をありがたく頂きました。

JALビジネスクラス其の2:リラックス



 さて、閑散とした通路の分岐点。左に曲がります。初のJALビジネスクラス。これだけ空いているなら、Yクラスの方が横になれて楽だった気もしますが。
 取り敢えず恒例、NWAとの比較。やはり、シートとか備品で、個人的に良いと思ったのは…