モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年10月

ふらの硝子もサンセット?の巻



 富良野にある硝子店に遊びに行きました。オーナーの河野さん(写真右上。今回そういや本人の顔を載せる許可とってなかったので、1/3くらいにしておきました)、会うなり「ハノハノルームのサンセットよかったです!」と。夕日の沈む側で南国を満喫したそうです。良いですねー。スキューバーもやってきたそうな。ハワイで海に潜るたびに事件が待っているようなのですが、其の話はまた今度。河野さん、夫婦そろって楽しい方達なので、もしこのお店に行く機会があったら直接聞いても面白い。








 ワイキキの夕日を見たからか、以前は白と青と紫が中心(多分富良野のイメージ)だったグラスに、黄色と橙が加わった。特に奇麗だったのは赤と橙で濃淡をつけたグラス。まさにワイキキサンセットだ。思わず買ってしまった。




 僕の知る限り、北海道には、特に小樽を中心に多くの硝子店があるけれど。ここほど気さくでかつ小洒落ている店はない。しかもオーナー夫妻はハワイ好き!よかったら遊びに行ってみては?








ふらの硝子この辺り(powered by google)



 冬になると猫はストーブの前に。コタツで丸くなるというが、まさに其の通り。犬は喜び、というが、それも真なり。まだ雪はつもっていないが、つもってからが真骨頂。それはまた今度。

 何故僕がこんなにハワイに焦がれるのか。時々見る夢を思い出した。結構いろんな夢が有るけれど、記憶に残るほど鮮やかな物は少ない。其の中で気になるのは、水の中を泳ぐ自分。明らかに暖かい外気の下の水中。水の外側は晴れていて、太陽が注いでいる。あるときは滝から落ちる夢。あるときは底に沈んでいる石を枕にして寝る夢(寝てるのに寝る?)。覚えている中で明らかに変なのは唇が尖った物に刺されて引っ張られる夢(釣られた?)。淡水魚?もしかして、プールで泳げるのに海は怖い僕は、淡水魚だったのか?

 小学生の頃、初めてプールに入ったとき、何となく息が吸える気がして、試してみた事が有る。もちろんちょっと顔を水につけて、おそるおそるだが。「せえの」、ゲフ。無理だった。今思えばなんでそんな事したくなったのか不思議。


 暖かいストーブの前で、こんな青い空と海の記憶をほんのり思い出している猫がいるのだろうか。暖かいストーブは太陽のよう。気持ちのよい乾いたそよ風と、ふかふかなベッドでまどろむような気持ち?猫はよく、暖かい日ざしの中、遠くの景色をぼんやり見ている。僕らがラナイや浜辺で、日常を忘れて、青に同化していくのと同じ気持ちだろうか。瞬間、きっと幸せに違いない。

回りまわるとハワイに行き着く?



 モーハ、とかハワイ情報誌とか見ていて、結局なんだかわからんけど、日本食、マグロ、寿司、そこに行き着くよな。まあ、蕎麦はおいといて。何故だろう。カテゴリー的に寿司ならわかるけど、結局マグロだったり。んで、アホなんだけど、自分で寿司を握ってみた。何かわかると思って。わかったのは、寿司はうまいくらいだったけど。魚やのおばちゃんが言ってた。乱獲でおいしいのが入らないって。おいしいの?寿司や刺身はおいといて、pokeは何となく日本で言うおいしいマグロじゃない方が「美味しい」と思うのは僕だけ?穫り分けって、言うんじゃないけど、もう少しだけ、漁業については各国で考えてほしい。なんて贅沢?



 でも、魚になれてしまっている猫たちは、魚を欲する。所謂肉、と、魚を焼いているとき、どちらの時に集まってくるかって言うと、やはり魚。幾千もの時を経て、魚が好きになったのでしょうか。その辺りについての経過は知りません。これは今日の猫へのご褒美。



 結局、猫が魚か肉なのか、その辺りは十分にはわかりませんが、幸せなら良いのかな。僕がハワイを恋するのはどうしてか。別にそれがほかの南の島でも良かった事で。でも、やはりハワイなんだよな。なんでだろう。物価は高い。旅費も高い。生活するにはつらい事が多い。haleakalaの山頂で、神々は何を思うのだろう。僕の思いはどこに到達するのだろう。思う事は僕の大切な猫たちが、幸せにここで暮らしているのと同じ境地なのだろう。それが一番、
最後に行き着くのはLANI。「そら」、元気か?

運転手の見れない景色1



 ハワイをドライブしていて、ちょっと損なのは、折角の景色なのに、それを堪能出来ない事。運転手、景色に集中していては、危なくてしょうがない。まあ、それはどこをドライブしても一緒なのですが。この写真は初めてオアフ島でレンタカーを借りて、運転した初日に撮ったもの。場所はこの辺り→google map。僕は折角の景色よりも、右側走行に必死だった。ハンドル逆なので、意外ととけ込むのは早かったような気もするが。



 しかし、折角のハワイ、屋根のしっかりとした車ではもったいない。何度か遭遇したオープンカー、ジープ、それより何より、荷台にビーチチェアを乗せたトラック。日本では乗らないだろう車に乗ってみるのも一つの手だ。



 いつも思う。ちょっと遠出するには、「カリン」が必須だよなあ。雪の気配差し迫る北海道の大地をドライブするときには、いつも彼女がいるからなぁ。今度一緒にハワイをドライブしませんか?無理。

白い精霊



 →北海道の峠案内。とうとう空から氷の精霊がやってきた北海道です。仕事をさぼって?かりんとドライブしていると、突然空から直径1ミリ未満の小さな氷の粒が降ってきました。霙ではなく、雹に近い。霰。なんか、漢字のテストみたい。思い切り空は機嫌が悪そうな灰色をしている。む、地面が氷で覆われた。これは危ない。ちょっとばかり医者として年数を重ねたため、遠くへの出張は少なくなった。だから今年は、まだノーマルタイヤ。むちゃくちゃ怖いぞ。地面には数ミリのシェーブアイス。虹色に染めればなんだか食べられそうだが、寒すぎて無理。この瞬間の気温は3度。ハワイではあり得ない?


 冬場のハワイの山頂の気候は経験した事ないが、結構寒いという。一番寒いときで何度くらいなのだろう。今夜は予報ではもしかすると朝は氷点下。平地でも雪が降るとか降らないとか。猫はこの通り、ストーブの前でごろごろしています。

そろそろスノータイヤにしなくては。


 ハワイにしか住んだ事のない人々は、この雪の精霊に、どんな感情を持つのだろう。僕たちがハワイに惹かれるのと同じ気持ちを抱いているのだろうか。無い物ねだり?

垣根の向こう



 この壁の向こうに、本当に泊まりたいお部屋が有る。今年は飛行機が予定より早く着いてしまったので、折角用意されていたあの部屋に泊まれませんでした。残念。フロントに着いたとき、予め用意されていた部屋ナンバーはまさにそこだった。時差でボーッとしていた僕の脳は、フロントの人が言うままに、すぐに用意出来る部屋でOKを出してしまったが、数時間後其の失敗に気がついた。時遅し。隣に泊まれるなら幾ら待っていても良かったのに。


 結局泊まったのは左端から結構離れたお部屋。ここからのダイヤモンドヘッドの景色には隣のへやが混じってしまいます。ほんの少しの垣根が僕を阻む。それは人生においても一緒だよな。ちょっとした偶然が、少しのときの流れが、いろんな思惑をも乗り越えて行きます。笑い話になりますが、RHのフロアの真ん中には花壇のあるラナイのお部屋が有ります。僕らの運命に逆らうがごとく?草木の上に洗濯後の下着を干している人が居ました。景観台無し。んと、いろんな事柄と限られた時間とかなんだかに、反抗したくもなりますが(そこまで考えてないって。)、そういう事はやめましょう。って、言いたかった。


 国籍とか、人種とか、いろんな垣根あるけど、僕はこの子たちといつかハワイで暮らしたい。そろそろ寒くなってきたこの国で、今年初めてつけたストーブの前でみんなを見ながらそう思った。一緒に海を眺めて、一緒に島をドライブして、ほんわりとみんなで暮らせたらどんなに良いだろう。今日明日を生きるより、何となく残された半生を思う今日この頃。

夕食メニュー@当直明け



 たとえ、当直明けだって、ご飯作るのって楽しいです。今日のメニュー。


ベビーリーフとキャベツのサラダ、オニオンドレッシング


オーストラリア牛のたたき イタリア風


キハダマグロのポケ オリーブ添え


ポークリブのソテー 和風醤油風味


ガーリック炒飯


季節の果物(柿)


なんとなく適当に作りますが、結構おいしいと思います。特に牛肉のたたきとリブソテーはこっていて、たたきは表面焼く前に、香草をふりかけ、ソテーは焼く前にネギと野菜の余ったのと、ニンニク、ショウガ、少々の醤油等で風味をつけてからまず圧力鍋で柔らかくします。其の後ソテーします。ポケについては、LANI〜んさんのアドバイスのもとに、古めのマグロを買ってきて調理してみました。古めの方がおいしい。安いし良いね。あう、チコちゃんがベビーリーフ食べてる。


 料理って楽しくないですか?あの料理する前の準備とか、まずは台所を奇麗にする感じとか。僕は楽しい。いつも泊まっていたRH、来年改装だから、次回はコンドミニアムに泊まって、ご飯を作ってみるというのもありかな。あ、柿出すの忘れてた。どうぞ召し上がれ。カイラニ

この海を泳ぎたい



 海が好きなのに泳げない。正確には海で泳いだ事が、今まで一度もない。幼い頃育った場所が内陸だったせいも有り、親も仕事が忙しく、休みの日に海に連れて行ってもらった事は殆どなかった。初めての海の記憶?多分三歳頃の記憶だが、海の見える場所にあった自動販売機越しに見えた青い場所がそうだと思う。でも、その日の記憶はそこからない。おそらく殆ど寝ていたのではないだろうか。次に海に触れたのは、小学校低学年。あとは、高校生まで殆ど海を見ないで過ごした。高校は海のそばだったのだが、あまり奇麗とは言えない海だったので、殆ど行かなかった。



 だからかどうか。泳いでいる間は良いのだが、立ち泳ぎが出来ない。だからといって、海に入っていつまでも平泳ぎやら猫かき?やらしていてもすぐに疲れてしまう。もちろんワイキキの浅瀬のビーチで腰から肩のあたりまで海に「漬かる」のもそれはそれで楽しいのだが、いい年した男が一人で海にずっと入って、砂浜で独りで砂いじりなんてなんか変でしょう....だから大抵プールサイドかラナイにいます。だって、日焼けするからと、海遊びつきあってくれないんですから→カイラニ。せめて犬が居れば!



 努力しても絶対出来ない事は残念ながら有る。空を自力で飛ぶとか。でも、少なくとも自分の身一つで僕がまだ出来るはずの事。歩く、走る、「泳ぐ」。来年までの目標。「海で泳ぐ」。ちょっと怖い。練習する時間があまりとれない。でもなんとかなるはずだ。そして、いつか波にも乗れるはずだ!?



 だって、どうでしょう?この写真(google earth)。これが宇宙なんて信じられません。こんな場所が有ったなんて奇跡的です。LANI。こんなの見てると見渡す空のどこかに天国ってやっぱり有るような気がします。あれ?泳ぐ話はどこいった?とにかく、なんとか頑張ってみるか(意気込みだけになっちゃうかもしれないが)。

ペット専門店がやってくる



 ハワイに行くと、殆ど買いもしないのによってしまうのが、ペットグッズのあるお店。結局は高かったり、日本で買う物と差がなかったり。で、ハワイのニュースによると、パールリッジセンター周辺に新たなショッピングモールが増えるそうな。車でしか行けないのでレンタカー必須だが、出来たら行ってみよう。


 そこに参入するのがPETCOだ。もちろん動物を買う事も出来るが、なにより商品が豊富。HPの商品紹介を見ていると、欲しいものだらけだ。もちろん日本でうっている物や、日本の方が安いものも多々ある。この店、通信販売もしているようだが、日本に送ってもらうとなると大変。なので、お店が出来たら早速行ってみよう。カマアイナの動物好きはどんな感じかな。それを見るのも一つの楽しみだったり。いつ出来るかまったくもって未定なのに気が早いですね。



 ほかにも、ハワイ島のヒロにオープンするマーケットにも入るそうで。また一つ楽しみが増えそうで喜んでしまいましたが、実はもうハワイにあるのでしょうか?PETCO。

バナナのパンケーキ



 ロイヤルハワイアンに泊まるといつも出てくるのが、このバナナケーキだ。自分はあまり食べないが、結構おいしい物らしい。初めてここに泊まったときはツアーのハネムーンパッケージで行ったのだが、シャンペンと同じく、パンケーキはハネムーナーへのサービスと思っていた。それから暫く経って、ようやく資金的にRHに泊まれる様になって、再びここを訪れてみた。久しぶりのハワイとホテル。部屋に入るとやはりパンケーキはなく、「ああ、やっぱりないか。」と諦めていたとき、ドアのノック。パンケーキを持ってきてくれたではないか。



 ルームサービスで頼めるかと思っていた矢先の出来事だったので、かなり嬉しかった。懐かしさがこみ上げる。前回はパンケーキが無くなるたびに補充?されていて、飽食気味だったが、このときからはサービスは1度きり。毎日のバナナケーキの補充は間違いだったのか?まあ、毎日食べるのもつらいので良いか。到着して直ぐに、一切れのケーキを食べつつコーヒーを飲む。しばしラナイで暖かい南国の空気を感じた後、散歩に出かける。ハワイの初日のいつもの出来事。今回はワイキキビーチウオークを見に行った。



 バナナケーキの隣にあるコインの形のした物は、ミントチョコ。ミントチョコは毎日補充される。これは何度泊まっても一緒だ。昨年のみ「ミント」ではなく、ただのチョコだったが、今年はミントに戻っていた。毎年何かしら変わるのだが、そこは南国のアバウト気質か?今年はバスローブがなかった(どうも置き忘れていたらしい)。着ないから良いのだが。



 そんなロイヤルハワイアン。来年は改装で宿泊出来ない。再来年はマイル消費して個人手配してみるか。