本来であれば、先月書くべきネタだったんですが、諸事情により本日書くことにいたしました(単にサボって書けなかっただけですが)。




先月、地元の動物園に行きました。クリスマス前の頃だったでしょうか。
行く先々でクリスマスムード一色になって来ている頃ですね。

こちらの動物園も例外でなく、いたるところにサンタさんがいらっしゃってました。
でも、よーく見ていると、なんだか違う状況に見えてきてしまうのでありました。
なんならギリギリアウトのケースもあります。検証してみました。

たとえばトップの写真。天窓から忍び込むタイミングを見極めているとしたら?
ギリギリアウトですよね〜。

あるときは、

外部からフェンスを乗り越えて侵入・・・。

あるときは、


壁をよじ登って侵入・・・。

またあるときは、


屋根伝いに侵入・・・。

などなど、捉え方で紙一重ではありますが、警察24時風になりうるわけであります。

実際は、動物園の皆さんが子供達に夢を与えようと努力した形であることでしょう。
こちらの動物園、市が運営しているものです。一時期は観覧者数も減って大変と言う話もありましたが、
予算内で出来ることからコツコツやっていこうという方針で少しずつ改善が図られております。

それから少しずつではありますが、盛り返してきているようです。

実際、私が子供の頃より動物園的には面白くなっていると思いますよ。
先月下旬からゾウ舎も改築が完了してゾウさんも見れるようになりました。
ライオンの赤ちゃんも一般公開しております。

メジャー動物園とくらべてはいけませんが、頑張っております。
我が家は年間パスポートを購入しましたので、また見に行きます。

このブログをどこのカテゴリに入れようか悩みましたが、サンタの配置場所が気になるということで、久しぶりに「気になるアイツ」に入れて見ました。

そういえば、気になるアイツシリーズはどこいったんでしょうかね〜?