この本への感謝ではありませんが・・・。





本日、仲の良い同期の面々をアジトに招待しました。引っ越してからだいぶたったのですが、娘の誕生も重なってしまったので、今の時期の招待となってしまいました。

仲間達からたくさんの引っ越し祝いをいただきました。かなり笑わせてもらいました。そして良く飲みました。昼酒は効きますね。

たくさん戴いたものの、その一部をご紹介。

まずはトップの写真。高田純次先生の「適当教典」だそうです。これは当面の愛読書になることでしょう。適当バンザイ!

アントニオさまの闘魂カレーだそうです。どこで見つけて来るんだ?


時計つきの写真立てに、ご丁寧にこんな絵葉書をドッキングさせていたり・・・。


極めつけはこちら。

トイレでパッティングできるそうです。

座るとこんな感じです。なかなか面白いです。


この仲間達、たくさんいた同期たちの中で、結果として固定化されたメンバーとなってしまいました。男芸者自身、彼らに救われたことも多々あります。くだらない話をしていつも盛り上がります。

仕事が忙しくても集まろう。これからもこれを合言葉にやっていきましょう。

本当にどうもありがとう。これからもよろしく。