モーハワイ☆コム

アーカイブ: 2007年4月

照りのあるヤツ



ワタシ、照りがイイでしょう。



って鶏の叫びが聞こえます。
いい仕事しております。この人々。

これを見たら食べずにおれんでしょう。多分 ジュルジュル

転落人生



転落人生



この言葉は私のためにある。っと近頃本当に思っている。

ワタクシの絶頂期は就職したときだった、あれから十数年転落の転落、どうにか仕事は続けているものの、かなり落ちこぼれな男である。

人生もそうであれば、オアフのアコモも同じである。

数年に1回の頃はアコモにケチっていなかった。

今は毎年行くことに重点を置いているので、贅沢な金額は一泊$120である。

これを越えたらゴージャスだ。

情けない、オアフを旅するヒトはモットゴージャスな筈だ。お家からバスで東京を目指すようではいけませんね。

全てが転落、それが私の人生よ。by FATBOY

透明度がありすぎてビビッタ私



結構情けないお話なのですが、告白いたします

昨年のオアフに行ったときの出来事、三蔵法師と共にイルカを見に行ったときのこと、

ライフジャケットを着て海に入りました。

ワタクシ透明度が高く、海底が見えていたので大した深さで無いと思い海にドボンと入りました。

ソコの海はワタクシが4人分位深かったです。

海といったら、ワタクシの身長+数十センチの所までしか行ったことがありません。


かなりビビリマシタ、オシッコチビリソウナホドデス。

この写真慌てて撮って、イルカがいません。
ワタクシ何をとったのでしょうか? 使い捨てカメラの限界と自分の限界を同時に感じた海でした。











次回は、三蔵法師1名様でオネガイシマス。by FATBOY

不法投棄



決して

癒された訳ではありません

が………………………………….。

散歩の難しさ



写真のアップは日本に帰国してからにしよう。

ワタクシ只今バカンス真っ只中におります、季節外れの黒々クンです。
バカンスもまもなく終わってしまいますが、また来年オアフ島でバカンスを楽しむためにまた馬車馬の様に働きます。

現実が刻々と迫ってきておりますが、今回の旅はどうだったのかワタクシながら反省をしてみたり。
  • 写真は目標に届かなかった。目標5000枚;現実1050枚(11/22現在)

  • 散歩も思うように距離伸びず(5日間で97千歩足らず)

  • など等

    反省をしだしたらきりがない。

    ワタクシ、今回足裏に肉刺が沢山出てしまい思うように距離が伸ばせませんでした。
    次回はしっかり歩きたいと思います。

    テーマは3つしかありませんが、また見に来てください。
    それではこの辺で、拙者退散

    足にも括れがありません。



    ハワイで歩きすぎるワタクシは、イツモ沢山の肉刺を拵えます


    今回は足の裏全体が肉刺でした。

    かなり痛く、散歩心が日が経つにつれだんだん失せていきます。

    ワタクシ腰周りも括れがありませんが、足にも括れや凹凸がありません。


    疲れやすい足です。

    この足で歩き回っております。

    I LOVE SABA



    ハワイに行ったら何を食べたいか?



    何となく

    が食べたくなりました。お部屋に帰ってラナイに出した机の上に鯖の塩焼きとビールを出して、三蔵法師とグビグビとビールを呑む。
    貧相ですが結構気に入っております。

    ハワイに行ったら色々な魚の塩焼きが食べたい。
    凄く貧相な野望のもとFATBOYはハワイで食べる。

    食事ネタが無いのは、貧相な食生活であることとお店のバリエーションが極端に少ないもので。




    スーパーから買ってきた様々なお惣菜を写真に撮ることが上手くできません。
    間接照明では美味しそうに撮れません。美味しくなさそうに撮るなら日本一。
    結構寂しい日本一です。

    アラモアナビーチで迎える正しい朝日の拝み方



    朝日を拝むために努力を惜しんではいけません。



    ワタクシ仕事では能力を発揮しませんが、事このような写真を撮ることには能力を発揮します。(ただし、カメラがイイのであって、自分は朝早く起きるだけなのですが)

    この写真は今から4〜5年程前の12月に撮った写真です。

    この日も三蔵法師を連れて朝早く歩いてアラモアナビーチに向かいました。

    12月言えば朝の5時はかなり暗いです。さすがにワイキキエリアは結構静かでした。

    路行くヒトにはあまり会わず、ただ車だけは相変わらずビュンビュン走っております。

    三脚とカメラを持ってマジックアイランドについたら、ただひたすら日出を待ちます。

    6時過ぎると仄かに空が紅くなり始めます。丁度飛行機で下りてきたときのワクワク感と同じ感じです。

    もう少しするとからに変わります。

    この瞬間を見にワタシはオアフに行くのかもしれない。

    光のマジック



    ワタクシ中年なので、朝早く起きます。特にオアフ島では朝寝坊と言う言葉はありません。

    ダイヤモンドヘッドの後ろに太陽が昇るとき、光がこれでもかと降り注ぎます。

    いいですね、この風景この光この時間この静けさ

    見納めの風景



    この風景ももう少したつと見れなくなります。

    朝の散歩時点で、此処から見る朝日に当たるアコモ群を見るのが大好きでした。

    ここからは本来OHANA ISLANDER WAIKIKIが見えていました。格安で結構居心地の良いアコモでした。

    もう少しするとトランプタワーが建ち始めてしまいます。

    ワタクシの居心地の良い場所はドンドン無くなる。